キャンパスニュース|名古屋キャンパス|クラーク記念国際高等学校

名古屋キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(554件中 8件〜14件目)

リス研究ゼミ 19.06.14

6/5にリス研究ゼミで東谷山(とうごくさん)に行きました。NPO法人守山リス研究会のも協力してもらいました。
そこで、フィールドワークを行いました。
フィールドワークでは、山に登ってどんな植物があるか、その植物がどう生き残っていくかを考えたりしました。
またリスにご飯をあげる給餌台(きゅうじだい)の仕組みを確認をしました。
来月の7月には、実際にリスの観察や記録に立ち会う予定です。

中部東海合同体育祭 19.06.13

6月3日(月)に中部東海合同体育祭が行われました。これは、名古屋、岐阜駅前、浜松、静岡キャンパスが浜松アリーナでさまざまな競技をするイベントです。(詳細は以下の表をご覧ください。)クラス対抗とキャンパス対抗の競技があります。名古屋キャンパス生は4キャンパスの頂点に輝くべく、全力を尽くしました。
クラス対抗とキャンパス対抗のそれぞれで特に盛り上がった種目を紹介します。
クラス対抗では綱引きが盛り上がりました。クラス全員参加の種目で、クラスで優勝すべく、みんなが団結して取り組んでいました。アリーナ全体に掛け声が大きく響きました。クラスの団結の輪が広がった種目でした。
キャンパス対抗では50m走が盛り上がりました。各キャンパスの代表が走り、タイムを競いました。キャンパスを背負って走るため、緊張感はありましたが、スタートすると、各キャンパスの応援が響き渡り、各キャンパスのクラーク生の団結力が感じられました。
この体育祭で、クラーク生の輪が広がったと思います。生徒同士の心の結びつきが強まり、団結力が高まったとても意義のある体育祭でした。

【学校行事】観劇を通じて福祉を知る。 19.06.06

5月25日(土)に知立市のパティオ池鯉鮒(知立市文化会館)かきつばたホールで、日本各地や、海外でも公演を行っている「東京演劇集団『風(かぜ)』」の舞台『ヘレン・ケラー ~ひびき合うものたち~』の公演を観劇しました。また、同時にクラーク生のボランティア活動の報告、バリアフリー演劇の体験と舞台裏を見ました。私はあまり演劇を見たことがなかったのですが、縁者一人一人が活き活きしており驚きました。
そして、クラーク生は公演後、バリアフリー演劇を体験しました。バリアフリー演劇では、通常の公演に、手話通訳、音声ガイドが加わります。視覚や聴覚に障がいを持つ方々と似たような体験をしました。そして、演劇団の方達からのお話や、演劇の裏側・小物なども詳しく見せて解説していただけて、とても充実した一日でした。
またクラーク生は5月5日(日)に障がい者スポーツ大会、5月19日(日)にwalkathonに参加しました。実際に体験することによって、福祉の世界をより理解するという活動もしています。みなさんも様々な機会を通じて福祉の世界に一歩踏み込んでみませんか?

記事:メディア委員会

舞台セットの裏側を見せてもらいました

舞台上の小物についても動かないようにテープが貼ってあります

舞台装置についても実際に触って仕組みを知りました

International Charity Festival 19.05.20

Every year in May the Chubu Walkathon International Charity Festival is held to raise money and support for local charities. This year nearly 2,000 people attended the 28th annual Walkathon at Moricoro Park in Nagakute. The event included live entertainment, children’s games, and a variety of international food. As we have for the past several years, about 75 students and staff from Clark, Nagoya Campus joined the Walkathon as volunteers. We had a great time taking in the sights, sounds and flavors of the festival while lending a hand in supporting our community. We hope that more students can experience the Walkathon with us again next year.

Clark's Face Painting Booth

Team Clark

International Course Volunteers

【修学旅行2日目】小豆島を堪能!あの有名なアニメ映画の舞台でなりきりショット! 19.04.17

16日の修学旅行2日目は小豆島を観光。

小豆島は宮崎駿監督の名作、魔女の宅急便の舞台にもなった場所です!
なんと、記念撮影用に箒が用意されている準備のよさ。

みんな上手に空を飛んでいます!と思いきや一人は魔力不足で飛べなかったようです・・・

場所を移して、小豆島ふるさと村ではフォトフレーム作り体験にもチャレンジ。
みんな思い思いのデコレーションでフォトフレームを作っていました。
自分で作ったフォトフレームに今回の修学旅行でのベストショットをはめるのも思い出が詰まっていいかもしれませんね。

小豆島二十四の瞳映画村

小豆島オリーブ公園

小豆島ふるさと村

【修学旅行2日目スナップショット】フォトフレーム作りに夢中な生徒たち 19.04.16

修学旅行2日目に体験したフォトフレーム作り。

木枠に数ある装飾小物(木の実や貝殻、枝葉など)から思い思いのものを選んでデコレーション。
ボンドで貼り付ける単調な作業のようですが、生徒たちは意外にも夢中な様子。

端から見れば簡素なフォトフレームでも彼らにとっては高校生活を彩る大事な思い出の品になるでしょう。何年も大事に使って、見るたびに高校時代を思い出して笑っている姿を想像してしまいますね。

こういう機会でもないとなかなか体験しないですよね。

普段の授業に負けないくらい集中しています。

完成!一人ひとり個性が出るフォトフレームになりました。

ジオラマの聖地、浜松にて模型同好会出展! 19.04.04

3/30(土)3/31(日)静岡県浜松市にて開催された「第6回ハイスクール国際ジオラマグランプリ」に模型同好会が作品を出展しました。

3/30(土)は作品を展示し、一般の方に各学校の作品担当が説明をして、投票を行ってもらうというものでした。

そして、3/31(日)には審査員、一般の方の前で3分間のプレゼンテーションを行います。

その結果

グランプリ、準グランプリ、ベストプレゼン賞、審査員ヤマタク(山田卓司)賞、審査員さかつう(坂本憲二)賞、審査員リョータ賞、そして協賛している各企業から各高校に賞が贈られました。

クラーク高校名古屋キャンパスは、「スタジオユーワ賞」を受賞!!

ジオラマの作成を通して、その土地の風土や歴史、人の感情や行動について学ぶことができ、さらにプレゼンの練習や人に伝えることの難しさを知る非常にいい機会であり、いい大会だと感じました。

是非とも来年は、グランプリ目指して頑張ってほしいと思います。

(554件中 8件〜14件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。