キャンパスニュース|静岡キャンパス|クラーク記念国際高等学校

静岡キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(213件中 1件〜7件目)

【行事】沖縄修学旅行2日目「民泊体験」 ~ここでしか出来ない経験と新しい出会いが成長へ繋がります~ 19.04.17

沖縄修学旅行2日目。夕方から沖縄本島を北上し、本部港から伊江島に移動し民泊体験がスタートしました。民泊体験ではおじい・おばあとの新しい出会いがあり、それぞれの民泊先でしか出来ない経験が数多く待っています。到着後は入村式を行い、それぞれがお世話になる民泊先に挨拶を交わし、民泊体験がスタートしました。
伊江島でしか出来ない経験を通して大きく成長してきてくださいね。

生徒会長池田さんからの挨拶

地元の踊りで歓迎してくれました

3日間よろしくお願いします

【行事】北海道体験学習3日目〜学年の団結力が深まりました!〜 19.01.10

北海道体験学習3日目に入りました。
本日もスキー実習を行い、班内で上手く滑れる人は、他の人にお手本や、アドバイスをするなどし、徐々にコツを掴んできました。
明日は検定日です。今までインストラクターに学んだスキルを活かし、全員検定取得を目指しましょう!
スキー実習後には、クラーク高校本校を見学し、野球部の部員とも触れ合い、貴重な経験をさせていただきました。
また、この体験学習中では、あいさつ、掃除、10分前行動をするなど、生徒主体で行動することが日に日に定着し、当たり前のようになってきました。引き続き班内、学年団の団結力を深めていきましょう!

明日の検定合格を目指して頑張りましょう!

本校前での記念撮影。

【行事】北海道体験学習2日目 〜スキー実習スタート!スポーツ大会優勝!〜 19.01.09

北海道体験学習2日目、今日から本格的なスキー実習がスタートします。 天候にも恵まれ絶好のスキー日和となりました。 初めてのスキー経験者も多く緊張している様子もありましたが、インストラクターの教えをしっかりと聞いて上手く滑れるようになりましょう。 また、スキー実習後は浜松キャンパス対抗のスポーツ大会を行いました。フットサル、バスケットボール、8の字跳び、綱引きと行い、1人ひとりが個性を発揮できる場で活躍し、見事勝利を勝ち取ることができました! 夕食には、三浦雄一郎校長先生特製の『三浦鍋』を美味しくいただきました! みんな寒さにも少しづつ慣れてきました。明日も頑張りましょう!

初体験のスキーに苦戦もしますが頑張りましょう!

優勝おめでとう!

浜松キャンパスと記念撮影!

【学習】北海道体験学習4日目 〜大自然を満喫したラフティング〜 18.06.28

体験学習4日目は元気の泉キャンパスから出て、富良野に行きました。空知川という川でのラフティング体験です。生徒も前々から楽しみにしていました。
天候が心配されましたが、晴れ間も見えて生徒たちも喜んでいました。
ゆったりとした流れに身を任せ、のんびりとラフティングをする班もあれば、他の班に水をかけ合う班もあればとそれぞれがラフティングを楽しんでいました。

【学習】北海道体験学習3日目 〜農業体験を体験を通じ、改めて食物の大切さ、自然の豊かさを学びました〜 18.06.27

体験学習3日目、本日は元気の泉キャンパスの夢農場で農業体験を行いました。天候はあいにくの雨でしたが 、ビニールハウス内で栽培されているピーマン、キュウリの収穫をしました。採れたての新鮮な野菜を口にして、大喜びの生徒たち。普段口にしているものとは全く違う味に感動している生徒もいました。
収穫した野菜で調理加工体験も実施しました。自らの手で収穫したものを調理することで改めて食物の大切さを学んだことと思います。

【学習】北海道体験学習2日目 Part2 〜沢登り体験を通して大自然に触れました〜 18.06.26

北海道体験学習2日目の午後は自然体験学習です。
自然体験学習では、長靴を履いて沢登りやハイキングを体験してもらいました。
ロープが必要な急斜面を登ったり、濡れながらも沢登りをしたり、山頂から深川市を一望したりしました。

この体験をしながら、森林伐採や森林破壊のお話や私たちの生活に必要不可欠な自然についてのお話を聞き、大自然に触れながら改めて自然を大切にしなければならないことを感じました。

山頂からは深川市が一望できました。

【学習】北海道体験学習2日目 〜植樹体験を通して環境問題を考えます〜 18.06.26

北海道体験学習2日目、天候が心配されましたが午前中は快晴です。今日からいよいよ体験学習がスタートして行きます。
カミネッコンという植樹体験からスタート。カミネッコンというのは再生紙段ボールを使った紙の植樹ポットのことです。「紙」で「根っこ」を「コンパクト」に守って植樹することに由来するそうです。「カミネッコン」はポットに土と苗木を入れ、その苗木に適した環境に置き、自然に根付くのを待ちます。

これまでのように地面に直接植樹する方法では、苗木はうまく育たず半数ほどが駄目になってしまうそうなのですが、「カミネッコン」を使った植樹では苗木段階で根が保護され、地面への定着率がよくなり、幹も太く育つそうです。
こうした活動を通じて環境問題に対して、真剣に考えるいいきっかけになったと思います。

(213件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。