キャンパスニュース|豊田キャンパス|クラーク記念国際高等学校

豊田キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(711件中 1件〜7件目)

【クラーク教育】「全日型通信制」だから柔軟なカリキュラムが実現 19.01.23

一般の全日制高校では、卒業に必要な単位を履修する授業が大半を占めています。そこでクラークが開校時に着目したのが「通信制」。もともとは働きながら学ぶ人向けのシステムなので、就労時間が確保され、授業の一部を家庭学習で補うことが法的に認められています。この就労時間分をクラークは、コース授業などの「好き」や「得意」を伸ばす時間として活かしました。しかも、毎日制服を着て学校に通う全日型なので、一般の高校のように仲間との関わりもでき、家庭学習もWeb学習で充実しています。

【学年末試験】1年間の学習の総まとめ。皆、緊張の面持ちで臨みました。 19.01.22

昨日から、名古屋キャンパスにて学年末試験を実施しております。
先週行いました試験対策に特化した特別授業で学んだことなどをしっかりと復習し、試験に臨んでいます。試験中、生徒たちは最後の試験に真剣に取り組んでいる様子でした。
2年生はこの学年末試験が終われば、いよいよ受験を意識しなければならない時期になりました。思うところはそれぞれありますが無事に次のステップに進みたいですね!
学年末試験は明日までです。もうひと踏ん張り!気を緩めず全力を尽くしていきましょう!

【三者面談】3年生最後の三者面談。卒業に向けて保護者と一緒に話し合いました。 19.01.21

3年生の三者面談がスタートしました。
今年の3年生は、既に8割が進路決定しており全体的に卒業してからどういった生活を送るか、いままでの振り返りなど、どのご家庭も和やかな雰囲気で面談が進んでいました。

朝日新聞出版よりAERAムック「クラーク記念国際高等学校 by AERA」が全国書店でついに発売! 19.01.18

このたび、朝日新聞出版社より「クラーク記念国際高等学校 by AERA」が発刊されました!

当校では1992年の開校から今日まで、多種多様で柔軟な、生徒一人ひとりに合わせた教育を行い、多方面からその教育内容にご注目をいただいています。その教育が朝日新聞出版の目に留まり、開校25周年を迎える節目の2017年、本ムックの出版に関する打診がありました。そして1年以上に渡る取材の末、5月10日(木)、ついに発売となりました!
 
本ムックは通常、大学ムックシリーズとして発刊され、これまで東京大学や京都大学をはじめ、早稲田大学、明治大学、青山学院大学など多くの大学を取り上げて発行しています。そして今回クラークでの発刊は、国内の高校としては初めての試みとなりました。
 
本ムックでは、1992年に「全日型通信制」という新たな仕組みを開発した当校にしかない、当校にしかできない教育がふんだんに紹介されています。「夢・挑戦・達成」の行動指針の元、数多くの個性あるコース、学力向上し難関大学へ進学する生徒、海外へ飛び出して自分自身を見つける生徒など、生徒一人ひとりが大きく成長していく、そのストーリーを感じてもらえるムックとなりました。
 
ぜひとも全国の書店等でお買い上げいただき、クラークの教育力を感じてください!
 
▼クラーク記念国際高等学校 by AERA販売ページ(Amazon)
http://amzn.asia/6VyFyFb

【行事】豊田キャンパス最後の体育行事『球技大会』を開催しました。今年度の球技は「バスケットボール大会」 19.01.17

本日、豊田市運動公園にて球技大会を開催いたしました。
この大会を開催するにあたって、球技大会実行委員は綿密な準備を進めていきました。
事前準備で当初の予定よりいくつか変更した点はありましたが、当日は何もトラブルもなくスムーズに運営することができました。

競技の中でも、バスケをあまり知らない生徒のために「かんたんバスケット講座」を設けたり、男女混合のチーム対抗では女子がゴールを決めると点数が2倍になるルールを作ったりと皆が平等に楽しめるよう工夫がされていました。

クラーク豊田では当たり前になっていますが、こういった行事は全て生徒完全運営です。
先生はサポートのみで企画から進行まですべて生徒が行います。運営する中で感心する場面も多く、とても誇りに思います。
来週には、以前「謎解き型脱出ゲーム」を企画した新企画創造委員の生徒たちが何やら新しい行事を開催してくれるそうです。来週が待ち遠しいです!

【成果報告会】クラーク豊田での成果を報告!発表の順番が決定しました! 19.01.16

今年度も終わりに差し掛かり、豊田キャンパスの活動の集大成ともいうべき『成果報告会』を意識する時期になりました。
成果報告会とは、その名の通り高校生活を振り返り、得た学びや成果、反省などを踏まえ、今後に向けた決意を、全校生徒・全職員・保護者の前で、プレゼンテーション形式で発表するというものです。この企画には、例年各生徒の出身中学校の担任の先生や校長先生もご参加いただけるケースもあります。

今日は発表する順番を決めました。
例年に倣い、まずトップバッターと最後の大トリを務めたい生徒を募り、話し合いで決めた後、それぞれの希望枠をアンケートで決めていくというスタイルで進め、今年もスムーズに順番を決めることができました。
この順番決めを機に、生徒達は、どのようなプレゼンテーションをしようかの構想を練り始めます。今年の生徒たちはどんな報告をしてくれるのかとても待ち遠しいです!

平成31年4月 豊田・名古屋のキャンパス統合が決定 19.01.15

この度、クラーク記念国際高等学校豊田キャンパスは平成31年4月より、名古屋キャンパス(専修学校クラーク高等学院名古屋校)と統合する運びとなりました。そのため、現豊田キャンパス校舎は平成31年3月をもって閉鎖し、統合した新しいキャンパスへと生まれ変わり、その学舎を名古屋へと移します。
 教育スタイルが日々変容する中、2つのキャンパスが手を組むことで、次世代の人材育成に合わせ生徒達へのより良い学習環境を継続的にな提供していくことが可能となります。
 これに伴い、平成30年度新入学生以降の資料請求等お問い合わせ窓口を、名古屋キャンパスに統一させていただいておりますので、ご了承くださいますようお願い致します。
なお、豊田キャンパスへの転・編入学生につきましては、募集を停止しておりますので合わせてご案内申し上げます。

(711件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。