キャリア教育|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

キャリア教育

最先端の学び、クラークのProject Based Learning
新大学入試や未来の社会で活躍できるスキルを身につける教育。

地球規模で起こっている情報技術革新の世の中で生き抜くためには、知識・技能に加えて新しい6つのスキルが必要になります。クラーク記念国際高等学校では、海外や国内で広く取り入れられている最先端の学びであるPBL(Project Based Learning)をいち早く取り入れ、生徒たちは新大学入試や未来の社会で活躍できる実践力を身につけています。

新大学入試や未来の社会で必要となる6つのスキル

物事を成し遂げるために「必要な能力」
 =「思考力」「判断力」「表現力」

主体的に多様な人々と「協働するする態度」

 =「主体性」「多様性」「協働性」

実社会では自分で考えて判断して、行動や表現することが必要となります。また社会でより良い関係を築いて、多様な人々と価値観を共有して豊かに生きて行くために、この6つのスキルは必要不可欠です。

6つのスキルを身につける授業を展開

キャリア学習I(1年次)
社会はどう変わってきているのか、世界の高校生はどんな考えを持っているか、6つのスキルとは何か、といったテーマでグループワークを重ねてキャリア形成の基礎となる学びを展開します。また、自分の活動を記録して共有する「eポートフォリオ」の作り方も学びます。

キャリア学習II(2年次)
生徒自らが考えた新商品の企画やプレゼンテーションを通して、仮説を立てて検証し、改善点を見つけて修正を行い、再検証するという実社会でも必須となるサイクルを学習します。地域社会企業とも連携し、コンテストなどにも挑戦することで、リアルな社会を体験します。


6つのスキルを身につけるキャリア学習。

自分に必要な情報を選び出すために

無数に情報が溢れる現代の中で、自分が必要とする情報をコントロールできる力を身に付けたり、最先端の学習を導入するために、1人1台のタブレット導入を行っています。授業と連動したクラーク独自の家庭用学習ツール「クラークWebキャンパス」での学習を主体的に継続できるようにします。


1人1台のタブレット導入を行っています。

連携・協力大学/企業一覧

[大学]
・東京藝術大学 ・早稲田大学 ・ヤマザキ学園大学 ・IPU環太平洋大学
・IPU New Zealand  ・東京学芸大学 など

[企業]

ドコモ・GEO等の企業や大学が最先端のICT教育をバックアップ

ネット社会との付き合い方を知る

アクティブラーニング型の学習プログラムとして、ネット社会との付き合い方などを学ぶ授業を提供しています。授業の中で、従来は紙とペンで行っていたことがIT機器に置き換えられており、普段からIT教育が進んでいると感じました。また積極的なグループワークによって「人を知り、自分を知る」ことが実践されています。クラークで、ぜひ「人のためになれる自分」に成長してください。

株式会社ドコモCS関西
ソリューションサポート部ソリューション構築 担当部長
谷掛 隆氏

クラークが育てる6つの力に共感

これからの時代は答えのある問題を解く力よりも、答えのない問題に対して創造し、周囲の共感を得てチャレンジすることが求められます。クラークが提唱する思考力・判断力・表現力・主体性・多様性・協働性という6つのスキルには大きく共感でき、GEOのキャリア教育とも合致する部分が多いことが連携を決めた理由です。生徒の皆さんの柔軟な発想力に驚いています。

株式会社GEO
事業企画部 事業企画課 ゲオアカデミー長
澤野 雅亮氏

「eポートフォリオ」で主体的な学びへ

私の研究内容である「eポートフォリオ」。これを使ってクラーク生の学びの記録や成果を蓄積し、6つのスキルの達成度を評価できるようにしました。生徒の成長を“見える化”するだけでなく、自分の学習活動を振り返り、次につなげるという主体的な学びを引き出すものです。授業中に驚いたのは、皆が笑顔であること。6つのスキルを身につけながら、自分のキャリアを形成し始めている証拠だと思います。

東京学芸大学
森本 康彦准教授氏

社会で活躍する卒業生

自分の学びを活かし、人の「学び」が発揮される環境を整えていきます

クラーク在学中は、学校の課題や授業だけでなく「自分の勉強をしなさい」と背中を押してくださる先生方や、多様なバックグラウンド・価値観をもつ友人と過ごす中で、「普通」にとらわれず「自分」と向き合う力が身につきました。そして進路を考える際に生まれたのが「教育」に携わりたいという思い。卒業後は北海道大学・大学院で教育学を学び、文部科学省に入省が決まりました。多様な現状や現場のニーズを、さまざまな行政の枠組みに反映するプロセスに携わりたいと考えています。

高橋 志織さん[ 札幌白石キャンパス卒業/北海道大学/文部科学省入省]

高校で広がった視野を、大学の学びやサークル活動でさらに広げています

勉強以外のことにも本気で取り組めるクラークの環境で視野が広がり、社会学や心理学、宗教や言語まで幅広く学べる早稲田大学 文化構想学部に入学。授業はもちろん、所属している国際交流サークルの活動からも多くの学びを得ています。世界中の学生とともに活動する中で得られる学び、築き上げられる絆は言葉にできないほど大きなものです。クラークで学んだから、今の私がある。皆さんも「まだ見ぬ自分」に出会ってください。

妹背 綾乃さん[ 横浜青葉キャンパス卒業]

クラークの表現教育に刺激を受け、俳優の夢を実現できました

現在、俳優として舞台稽古に打ち込み、人の心に残る演技をすることが大きな目標です。思えばクラークの学校説明会で、パフォーマンスコースの活動を見て衝撃を受けたことがすべての始まりでした。在学中は殺陣やダンスなどの技術面だけでなく、礼儀やマナー、他者とのコミュニケーション力が身につき、俳優となった今もそれが役立っています。自分にとってクラークでの3 年間はかけがえのないもので、人生の土台が間違いなくここで作られました。

安西 慎太郎さん[ 東京キャンパス卒業]

©スペースクラフト・エンタテインメント

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。


英語スペシャリスト教育

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。