「1対1教育」で、学習面・メンタル面と万全のサポート体制!クラークなら不登校経験者も安心です!

「学校に通えておらず、高校進学に不安がある」「何となく今の学校の雰囲気に馴染めず悩んでいる」「友達ができない」「勉強についていけない」…、そんな悩みを抱えていませんか?

クラークには「これまでの自分をリセットして、新しい自分に生まれ変わりたい! 」という生徒達も多く入学してきます。そしてクラークにはそのニーズに応え、一人ひとりの可能性を切り開く、実績とノウハウがあります。1992年の創立以来、20年以上に渡って、50000人以上の卒業生を輩出してきたクラークで、一緒に新しいスタートを切りませんか?

クラーク高校について

「不登校の子どもたちも笑顔で通える学校を」。それがクラークの原点です。

1985年に報じられた「高校中退者が11万人を超えた」というニュース。この事実はそれまでの制度を超えた新しい学校が求められていることを示唆していました。そして1986年、クラークの前身である国際自由学園が開校。不登校だった子どもたちが国際自由学園に入学すると休まず笑顔で毎日通うようになる---国際自由学園の開校は不登校問題解決の一筋の光となりました。この光を更に輝かせるため、全国規模の広域通信制高校を設立しようと、日本で6校目、24年ぶりの認可となるクラーク記念国際高等学校が1992年に開校しました。

「君よ大志を抱け」クラーク博士の意志と情熱を受け継ぐ、クラーク家が認める世界で唯一の教育機関です。

「君よ大志を抱け」の言葉と共に日本の近代教育の礎を気づいたクラーク博士。その志がクラーク高校の教育理念となっています。その想いがクラーク博士の子孫に受け入れられ、クラーク高校はクラーク家が認める、世界で唯一の教育機関となりました。

「一歩ずつ努力することの大切さ」クラークの校長は開校以来、三浦雄一郎が務めています。

2013年5月23日、80歳という世界最高齢で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎。クラークの前身である国際自由学園の時代から三浦雄一郎がクラークの校長を務めています。自身も幼い時に不登校を経験、克服した経験を持ち、「目標に向かって一歩ずつ努力することの大切さ」「挑戦することの素晴らしさ」を常に身を持ってクラーク生に教えてくれる校長です。

3度目のエベレスト登頂から帰国した三浦校長をクラーク生が空港で出迎えました 様々な困難を乗り越え、3度目のエベレスト登頂に成功

11000人以上が在籍。全国で教育を展開する、日本最大の高校です

クラークは全国にキャンパスを展開しており、11000人以上が在籍する、日本最大の高校です。そのネットワークは国境を越え、オーストラリアにもキャンパスを展開しています。北海道・深川市の本校には高校として国内最大規模の研修施設(元気の泉キャンパス)も所有しており、全国のクラーク生が夏・冬と体験学習で集い、交流を深めています。
また開校以来、卒業生は50000人を超え、卒業生はビジネス、教育、福祉、医療、スポーツ、芸能と様々な分野で活躍しています。

北海道、元気の泉キャンパス オーストラリア留学では様々なアクティビティにも参加

クラーク記念国際高等学校は学校教育法第一条に定められた高等学校です。

通信制高校のクラークの卒業資格は大学受験や国家公務員試験・地方公務員試験、更には海外大学の受験、各種国家資格取得の際も、全日制高校と全く同等に扱われます。

選べる通学スタイル

自分のペースに合わせて無理なく学べる。

クラークでは制服を着て毎日通学する全日型コース、自分のペースで週1〜5日通学する単位制、在宅学習をメインに月2日程度通学するウェブ学習コースと、個人のニーズとスタイルに応じた通学スタイルが選択できます。また入学後もコース変更ができるので安心です。

詳細は各コースをクリック!
  • 週5日通学 全日型コース  制服を着てクラスメイトと毎日学ぶ また少人数のクラスで、ゆっくりマイペースに学習できる「オンリーワン」コースもあります
  • 週5〜2日通学 【単位制】フレックス学習コース 通学日数も授業コマ数も自分で選ぶ
  • 週3〜1日通学 【単位制】ウィークエンドコースなど 無理なく自分のペースで学ぶ
  • 月2〜1日通学 Web学習コース 自宅で好きな時間に学ぶ
もっと詳しく「クラーク記念国際高等学校」を知りたい方はクラーク公式WEBサイトへ
説明会・相談会等にお申し込みの方はこちら

生徒一人ひとりに安心のサポート体制

クラークなら学習面もメンタル面も万全のサポート体制!

クラークでは生徒一人ひとりのニーズに応える「1対1教育」がモットー。独自のノウハウを結集した様々な取り組みで確実に卒業、そしてその先の進路へと導きます。

1.安心のキャンパスライフ

全担任がカウンセラー有資格者

生徒一人ひとりのサインを見逃しません!

クラークの先生は、全員が内閣府認定の(財)こども教育支援財団が認定する「学習心理支援カウンセラー」の資格を取得しています。生徒が発する心のサインにいち早く気づき、状況に応じたサポートを行うことができます。

パーソナルティーチャー制度

生徒が担任の先生を選べる!制度

生徒が自分で担任を選ぶ「パーソナルティーチャー制度」。生徒にとって、高校生活をサポートしてくれる担任の先生はとても大きな存在です。選んだ側と選ばれた側の責任感が、より深い信頼関係を築き上げます。

2.充実の学習システム

基礎学力オールチェック

得意/不得意分野を細かく分析。

クラークでの学びは「基礎学力オールチェック」からスタート。各教科25〜30の細かい単元に分類されたチェックシートで、分野・単元別に、基礎学力を把握。この結果を元に、個別に指導方針を明確化します。

クラーク独自の学力向上システム:「LCCシステム」

「分からない」や「できない」を残しません!

「LCCシステム」とは、授業での理解を確実に定着させるためにクラークが実践しているシステムです。授業(Learn)、小テスト(Check)、補習(Care)までを学習指導のサイクルとし、理解できるまで繰り返しフォローアップを実施。主要な科目については、学習効率を上げるために「習熟度別クラス編成」も行っています。また、1年間の総仕上げとして「レベル別到達度診断テスト」とフォローアップを行い、一人ひとりに合った学力の定着を図ります。

オーストラリア留学

満足率95%!毎年300名以上の生徒が海外留学。

オーストラリアキャンパスを設置するクラークでは、独自の留学プログラムを実施。毎年300名以上の生徒が留学し、その95%から満足という評価を得ています。また、期間を2週間から最大28か月まで設定でき、一時帰国した際のスクーリングを行うことで、長期留学をした生徒でも3年間で卒業することが可能です。

3.夢をかなえる進路指導

夢を実現する進路指導

高校卒業は将来への一つのステップ!

自らが設定した目標達成のために重要なことは計画的な学習です。クラークでは、授業の内容や順序を、生徒一人ひとりの学力や目標に合わせて、個別に学習スタイルを作ることができます。

クラーク独自の進路指導

大学からの指定校推薦枠は300校以上!!

クラークが全国の4年制大学、短大から頂いている指定校推薦枠は、早稲田、法政といった難関大学を含め300以上となります。これはクラークの多くの卒業生が進学先でつみ重ねてきた"信頼の証"です。

主な大学進学先[ 2012年度実績 ]

早稲田大学/慶應義塾大学/上智大学/横浜国立大学/広島大学/国際教養大学/宮崎大学/明治大学/青山学院大学/立教大学/中央大学/法政大学/関西学院大学/関西大学/同志社大学/立命館大学/南山大学/学習院大学/東京理科大学/日本大学/東洋大学/駒澤大学/京都産業大学/近畿大学/甲南大学/龍谷大学/関西外国語大学/同志社女子大学/京都女子大学/愛知淑徳大学/愛知大学/金城学院大学/中京大学/藤田保健衛生大学/名古屋外国語大学/北海道医療大学/東北福祉大学/広島国際大学/西南学院大学/福岡大学/立命館アジア太平洋大学/明治学院大学/国学院大学/北里大学/獨協大学/清泉女子大学/武蔵野大学/東京農業大学/神奈川大学/IPC・インターナショナル・パシフィック大学など

先輩からのメッセージ

渡邊君

僕の夢は理科の教師。でも、1年生の時に学校を休みがちだったのでムリかなと…。ところが2年生・3年生は皆勤だったことや、生徒会長を務めるなど学校生活に積極的になっていたことが評価され、また3年生からは、先生に化学の特別補講や面接指導をやってもらい志望大学に合格!クラークには応援してくれる先生と仲間がいます。

中野さん

私は中学生の時、不登校でしたが、1年次にオンリーワンコースで自分の体調に合ったペースで登校し、現在は総合進学コースで毎日登校できるようになりました。悩み事があった時には相談できる先生や友人がいるので、とても楽しく学校生活を送っています。

熊谷さん

前にいた高校を病気で続けられなくなり、2年生の9月にクラークに転入。ここでも続けられるか不安でしたが、同じような経験をした友達が周りにいて、今までの経験を話したら共感してもらえてとても気持ちが楽になりました。授業も今まではつまらないものだと思っていましたが、クラークの授業は本当にわかりやすく、毎日楽しく通っています。

佐々木さん

クラークに入学する前まで、私は人前に出ることが苦手な性格でした。でも、パーソナルティーチャー制度で選んだ担任の先生から、実行委員や学校説明会委員などに参加する機会をいただき、自分を変えることができました。みなさんも尊敬できる先生に出会って、いろんなことにチャレンジして、1度きりの高校生活を思いきり楽しんでみませんか。

もっと詳しく「クラーク記念国際高等学校」を知りたい方はクラーク公式WEBサイトへ
説明会・相談会等にお申し込みの方はこちら