キャンパスニュース|オーストラリアキャンパス|クラーク記念国際高等学校

オーストラリアキャンパス<クラーク留学プログラム>

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(142件中 15件〜21件目)

クラーク国際「2021年度オンライン留学プログラム」を実施します! 21.06.15

クラーク記念国際高等学校では、生徒の興味や目的に合せて通常様々な留学プログラムを実施しています。留学先はオーストラリアとハワイの2ヶ所です。

現在は新型コロナウイルスの影響により、クラーク国際で実施している全ての留学プログラムの募集を一時停止しておりますが、プログラムの再開を待ち望んでいる生徒がたくさんいます。
そんな生徒たちに向けて、今年度も「オンライン留学プログラム」の開催を決定いたしました! 今年度は自分の英語レベルややりたいことによって選べる3種類のプログラムをご用意いたしました。

1つ目は夏季休暇中に楽しみながら英語が学べる「夏休みオーストラリア留学リアル体験プログラム」。日本ではなかなか見かけることのない物品が自宅に届き、その品についての話を聞いたり、一緒に食べたり飲んだりしながら、異文化理解を深めます。
2つ目は現地の高校生との交流を通して英語を学ぶ「現地高校生との共同練習プログラム」。授業の中でプレゼンテーションの準備を進め、現地の高校生に対してプレゼンテーションを行い、質疑応答の時間を通してお互いの文化の違いや似た部分を共有しながら、異文化交流を図ります。
3つ目はしっかりと英語の勉強をする「英語試験対策講座(IELTS/TOEFL/大学入学共通テスト対策)」。60時間かけてしっかりと勉強し、4技能(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を伸ばします。

オンライン留学プログラムを通して、英語の勉強はもちろん、異文化理解を深め、これから先の選択肢の幅を広げてもらいたいと思います。各プログラムについて詳しくは各キャンパスの留学担当の先生までお問い合わせください。

クラーク国際 英語ディスカッションコンテスト 決勝戦を開催しました! 21.06.01

去る4月16日(金)に2年生部門、23日(金)に3年生部門の英語ディスカッションコンテスト決勝戦がオンラインにて開催されました。このコンテストは、スピーキングの能力をさらに高めること、より多くのグローバル人材を輩出することを目的に開催され、日本全国から実用英語技能検定2級以上の英語力を保有する生徒が参加しました。

今回の大会の題材は「What qualities and skills will future leaders need to possess? ―未来のリーダーに必要な 資質 は何か?―」。生徒たちはまず、自分の考えを90秒程度で発表し、全員のスピーチを聞き終わった後に、お互いの意見に対して質問を投げかけ、議論を深めました。みんな初めは緊張した様子でしたが、お互いの意見を聞き、賛成や反対意見を述べ、議論を深めることができました。

それぞれすばらしい議論に審査は難航しましたが、発言の明確さ、質問の適切さやディスカッションの中でのリーダーシップ能力を評価し、2年生部門では東京の甘露寺さんが最優秀賞、大阪梅田の田郷さん、藤田さんが優秀賞、3年生部門では天王寺の中西さんが最優秀賞、東京の南さんと名古屋の丹羽さんが優秀賞に輝きました。甘露寺さん、田郷さん、中西さんは8月にUCL(ユニバ―シティーカレッジロンドン)が主催する、UCL-Japan Youth Challenge 2021に参加し、イギリスをはじめとする世界各国の生徒とのリモートディスカッションをおこないます。 

日本の教科書や英語の参考書が借りられる、図書スペースについて 21.03.23

クラーク・オーストラリアキャンパスには生徒が利用できる図書スペースが用意されています。日本の教科書もそれぞれ数冊ずつ常備されており、オーストラリアに滞在しながら英語以外の勉強も自分で進めることができます。キャンパスにある貸出用のiPadや自分のスマートフォンを利用し、お昼休みや放課後にWeb課題を進めることも可能です。

通常、長期留学から日本に帰国すると渡航前の学年をやり直しということが多いようですが、クラーク留学プログラムでは、オーストラリア滞在中にも日本の学習をオンラインで続けることができ、必要条件を満たすことで帰国後も遅れを取らず学校生活に戻れることが特徴の一つです。

クラーク留学のプロフェッショナルを目指そう!留学アドバイザー認定試験の実施 21.03.16

クラーク留学プログラムでは、自分の興味や目的に合わせて留学期間や留学先を選ぶことができ、年間600名を超える生徒が留学に参加をしています。
※現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、募集を停止しております。

過去にクラーク留学プログラムに参加したことのある生徒を対象に、留学アドバイザー認定試験が実施されました。留学アドバイザー認定試験とは、オーストラリアに関する基本的なことからクラーク留学中のルールなど、クラーク留学プログラムに関する様々な知識を持ち合わせているかどうかが問われる試験です。合格することで、留学アドバイザーと認定され、星が3つ付いた特別なゴールドバッチが授与されます。
留学アドバイザーの生徒には、そのクラーク留学プログラムに関する豊富な知識を活かし、来校者やクラーク国際生にクラーク留学の魅力を語ることができます。留学に興味のある生徒は、先生に質問するだけでなく、同級生に気軽に留学について尋ねることができます。

【オンライン留学】オンラインで留学体験第2弾!12週間のプログラムが終了しました! 21.03.09

新型コロナウイルスの影響で海外渡航が困難な中、英語力の向上や、文化体験を目的として開催されているオンライン留学プログラムですが、先日、第2弾のプログラムが終了いたしました。
終了後の参加者アンケートでは、参加した96.7%の生徒が授業担当の先生がフレンドリーで魅力的と回答しており、オンラインであってもネイティブの先生から楽しく授業を受けることができていたようです。
また今回のプログラムの中では現地高校生との交流が一番楽しかったと回答している生徒が多く、普段はなかなか話すことのできない同世代の外国人と、趣味やお互いの国の文化について英語で話すことで、新しい単語、また自分の国について改めて知れる良い機会になったと感じた生徒が多かったようです。

留学には興味があるけど、今は何もできないからどうしようと悩んでいる人は、一度オンラインプログラムでクラーク留学プログラムに少し触れてみませんか。

オーストラリアキャンパスの教員紹介!生徒をいつも笑わせてくれるフレンドリーなMatt先生 21.03.02

オーストラリアキャンパスでは、様々なバックグラウンドを持った先生方が教壇に立っています。様々な先生がいることで、第1言語が英語ではない先生からは英語習得のための勉強法や、先生方の出身国の歴史や文化について等、多くの知識を得ることができます。

今回はいつも明るくフレンドリーなMatt先生をご紹介します。Matt先生はオーストラリアキャンパスでは珍しく、日本語を話せるネイティブの先生です。いつもハイテンションで、よく生徒を笑わせてくれています。中・長期生のアクティビティーでは生徒に同行し、生徒と一緒に楽しみながら引率してくれています。オーストラリアの文化や歴史を学べる「オーストラリア文化プログラム」でオンライン授業を受け持ってくれていました。

I am from Brisbane, Australia. I have been working with international students since 1994. I previously lived in Sapporo, Japan for 18 years where I taught English to children. I enjoy travelling and experiencing other countries’ cultures and cuisines. I like to listen to music and dance. When I lived in Japan, I participated in the Yosakoi Soran Festival which was a great way to meet new people and practise speaking Japanese.

私はオーストラリアのブリスベン出身です。1994年から留学生に英語を教えています。以前は日本の札幌に18年間住んでおり、子供たちに英語を教えていました。 旅行をしたり、他の国の文化や料理を体験したりするのが好きです。 ダンスや音楽を聴くことが好きです。日本に住んでいた時は、よさこいソーラン祭りに参加し、それが新しい人と出会い、日本語を話す練習のいい機会になりました。

あなたも明るく楽しいMatt先生の授業を受けてみませんか?

【オンライン留学】オンラインで留学体験!オーストラリアの昔話「Why Koala has a stumpy tail」 21.02.23

クラーク留学プログラムでは、自分の興味や目的に合わせて留学期間や留学先を選ぶことができる独自の留学制度があります。留学先はオーストラリア及びアメリカ(ハワイ)にあり、毎年600名を超える生徒がこの留学プログラムに参加しています。
※現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、募集を停止しております。

現在実施中のオンライン留学・オーストラリア文化プログラムでは、Google Earthで実際に画像を見ながらオーストラリアの地理や観光地について学んだり、オーストラリア先住民の動画を見て彼らの信仰や音楽について知ったり、オーストラリアのスラング(方言)をクイズで楽しみながら覚えたり、様々な方法でオーストラリアの文化について学んでいます。

過日の授業では「Why Koala has a stumpy tail(なぜコアラはずんぐりとしたしっぽなの?)」というオーストラリアの昔話を取り上げていました。
むかしむかし、長いしっぽが生えていたコアラとカンガルーは仲良く暮らしていました。ある頃、干ばつが続き、あたり一面乾ききってしまいました。そんな時、カンガルーは母親の「川の近くの地面を掘り続けたら冷たい水が湧き出てきた」というお話を思い出しました。カンガルーは懸命に地面を掘り続けましたが、働くことが嫌いなコアラは何かと理由をつけて地面を掘ることを手伝いませんでした。カンガルーが休むことなく掘り続けた穴からようやく水が湧き出てきます。カンガルーは喜んでコアラを呼びました。するとコアラはカンガルーを穴から引きずり出して、水を独り占めしてしまったのです。
・・・なぜ長いしっぽを持っていたコアラがずんぐりとしたしっぽになってしまったのでしょうか。続きが気になる人はぜひ今後のプログラムに参加して、オーストラリアの先生に確かめてみてください。

(142件中 15件〜21件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。