NEWS & TOPICS 一覧|スポーツコース・硬式野球部|クラーク記念国際高等学校

トップ > NEWS & TOPICS 一覧

NEWS & TOPICS

 

21.11.29

【学校生活】全教員がカウンセリングの資格を取得するので、学校生活も安心!

クラーク国際の教職員は、全員年間70時間もの研修を受け、内閣府認定公益法人こども教育支援財団が認定する「学習心理カウンセラー」の資格を取得しています。この資格は、心理学やカウンセリングの知識・技法を含め、日常の学習活動など、教育の場で実際に活用できる多様な能力の育成を目指しています。
 また、クラーク国際ではこども教育財団が運営する「東京大志学園」と連携し、教職員だけではなく、専門家・専門機関と共に生徒の心理状態をいち早く察し、充実した高校生活を過ごせるように務めています。

 

21.11.25

【スポーツコース】環太平洋大学との連携授業を通して、スポーツについて深く学び、パフォーマンス向上につなげます。

11月25日(木)、スポーツコースの5・6時間目はスポーツ概論を行いました。
系列校である環太平洋大学の先生とオンラインでつなぎ、
スポーツ心理学について授業を行っていただきました。
今回は、シーズンの振り返りと、心理的協議能力の診断を行い、
競技に取り組む自己の強さや弱さを認識し、改善や向上を目指す目的で行いました。
それぞれが真剣に授業にのぞんでおり、このあとの練習の取り組みや
日常生活に活かしてほしいと思います。
クラーク国際のスポーツコースでは、大学の先生から授業を受けることができ、
本物の知識や技術を学ぶことができ、パフォーマンス向上につながります。

ZOOMをつないで学習します

自分の取り組みを振り返りながら検査していきます

 

21.11.21

全国大会初勝利ならずも収穫〝いっぱい〟! 

第52回明治神宮野球大会・高校の部1回戦が11月20日、東京・明治神宮球場で開催されました。初出場のクラーク国際(深川キャンパス)は1―5で九州国際大学付属高校(福岡)に敗れ、全国大会初勝利はお預けとなりました。5安打1得点と、持ち前の集中打が不発に終わり、佐々木啓司監督は「序盤に攻撃(バント)のミスが2回、守備のミスが1回あり、流れをつかめなかった」と、悔しそうに試合を振り返りました。
3回表に味方のエラーをきっかけに3点を失いましたが、右の剛腕・辻田旭輝(あさひ)投手(2年)は、初回に公式戦自己最速の143㌔の球速をマーク。「秋の北海道大会後から練習してきた」という新球のフォークボールで三振を奪うなど、全国大会初登板で大きな進化を遂げました。4回途中からマウンドに上がった左腕エース山中麟翔(りんと)投手(同)も緩急を使った投球で強力打線を4安打1失点にしのぎ、背番号1の意地を見せました。
打線は1回と3回にバントと走塁ミスでチャンスを逃しましたが、終盤は〝あと一歩でヒット〟という強い打球を何本も外野に飛ばしました。この日4打数2安打とチーム唯一のマルチヒットを記録した白取太郎主将(2年)は「次の全国大会に向けて、チーム全員で戦っていきます」と、引き締まった表情で誓ってくれました。
来年1月28日の選考委員会で選ばれれば、3月18日からのセンバツ大会(阪神甲子園球場)出場が決定します。厳寒の北海道で一冬を越え、たくましく成長した姿をまた、春の大舞台で見せてくれるはず!引き続き応援をお願いします!

【明治神宮大会・高校の部 1回戦】
九州国際大付 003010001=5
クラーク国際 000100000=1

バッテリー
辻田、山中―麻原

約800人駆けつけた応援スタンドに一礼するクラーク国際ナイン

4安打1失点とエースの投球を見せる山中投手

MAX143㌔の投球を見せる辻田選手

 

21.11.17

いざ明治神宮大会へ!亜細亜大学グラウンドで大会直前練習スタート!

明治神宮大会・高校の部(11月20日〜、東京・神宮球場)に出場するクラーク国際硬式野球部(深川キャンパス)が11月17日午前、北海道・旭川空港を出発。午後には事前合宿地である東京・亜細亜大学グラウンドで約2時間半、汗を流しました。同グラウンドは、球場の向き、フェンスの色、広さなどが神宮球場を模したものになっており、野手はサングラスを装着し、日射しや芝生からの反射光などを徹底的に確認しました。白取太郎主将(2年)は「こんなに素晴らしい場所で、この時期に、野球が外でできるのは幸せ。しっかりと準備して大会に臨みたい。関東のキャンパスから多くの生徒が応援に来てくれると聞いていますので、期待に応えられるプレーを見せたい」と、移動とトレーニングの疲れを感じさせず、笑顔で話してくれました。
佐々木啓司監督は「札幌ドームで2回練習をさせていただいたので、人工芝への対応はできている感じはある。ただ風がある外のプレーを、大会前に経験できるのは大きい。投手の状態も上がっているので、全国の強豪に対してどこまでやれるか楽しみ」と、大会を心待ちしている様子でした。

引き締まった表情を見せるクラーク国際ナイン

サングラスをかけてキャッチボールする白取主将

バッティング練習を行う金原颯選手

 

21.11.12

明治神宮大会の出場登録メンバー決定!全国初勝利へ札幌ドームで急上昇!

明治神宮大会・高校の部(11月20日から、東京・明治神宮球場)に出場するクラーク国際硬式野球部(深川キャンパス)が11月11日、秋季北海道大会優勝後2回目となる札幌ドームでの人工芝対策トレーニングを実施しました。約3時間の練習では、普段の土のグラウンドより打球速度が速く、バウンドも大きい人工芝での守備に慣れるため、ノックやシート打撃に大半の時間を割きました。また、逆光対策のためサングラスをしてプレーする時間もありました。佐々木啓司監督は「内外野とも課題はありましたので、これから試合までに修正します。投手は、よくなっている途中といったところ」と、評価しました。
この日は、大会に出場登録される18人を記者発表。長打力が魅力の坂本劣陽(れお、同)と、内外野を守れるユーティリティプレーヤーの八木展叶(てんか、同)がベンチメンバーに登録され、報道陣の取材を受けました。坂本内野手は「『一緒にベンチに入ろう』と励ましあいながら、いつも2人で自主練習をしてきましたので、実現できてうれしい。試合に出ても出なくても、チームのために今できることを精一杯頑張りたい」と力を込めていました。


【明治神宮大会・高校の部クラーク国際日程】
1回戦 11月20日(土)11:00〜 VS九州国際大学付属高校

【出場登録メンバー】
1 山中 麟翔 投 手 2年
2 麻原 草太 捕 手 1年
3 辻田 旭輝 投 手 2年
4 藤野 侑真 二塁手 2年
5 越智 飛王 三塁手 2年
6 新岡 歩輝 遊撃手 1年
7 白取 太郎 左翼手 2年
8 新岡 真輝 中堅手 2年
9 金原  颯 右翼手 2年
10 小野 陽翔 内野手 2年
11 髙橋 大河 外野手 2年
12 能登屋瑛介 捕 手 2年
13 酒井 一星 外野手 2年
14 田中 聖人 投 手 1年
15 中村 光琉 外野手 1年
16 安部 政信 外野手 1年
17 坂本 劣陽 内野手 1年
18 八木 展叶 内野手 1年

新聞記者の前でポーズをとる坂本くん(右)と八木くん

シートバッティングで打撃力を見せる坂本くん

三塁守備をしっかりこなす八木くん

 

21.10.28

全国大会初勝利を目指し、札幌ドームで充実のトレーニング!

第74回秋季北海道高校野球大会で初優勝し、明治神宮大会(11月20日、東京・神宮球場)に出場するクラーク国際ナイン(深川キャンパス)が10月28日、北海道・札幌ドームでトレーニングを行いました。大会会場の人工芝グラウンドに対応するためのもので、普段の練習ではほとんど体験できない環境の中、約3時間汗を流しました。
冬場に選手のモチベーションを上げる目的で何度か札幌ドームで練習したことはありましたが、〝人工芝の会場で実施される大会が目前に迫っている〟という状況では、もちろん初めて。土のグラウンドと違って相手の打球があっという間に迫ってきたり、大きくバウンドしたりするため、この日はほとんどの時間を守備練習に割いて、スピードに目を慣らしました。
キャッチボールなどのウオームアップが終わるとすぐに、全員が佐々木達也野球部長の猛ノックを順番に約1時間受けます。その後は守備位置も打順も本番とほぼ同じシチュエーションで実施するシート打撃を約1時間行いました。白取太郎主将は「(練習の)最初はまだ人工芝の対応に慣れていない部分はありましたが、(練習の)後半は慣れてきて、良い仕上がりになってきました」と、3時間を振り返りました。佐々木啓司監督も「今日は良い練習だった」と満足そうでした。
全国各地の強豪10校だけが出場する本番まで約3週間。必ず万全の状態に仕上げて、九州大会覇者との初戦では、必ずや全国大会初勝利を手にしてくれるはずです!

キビキビとした動きを見せるクラーク国際ナイン

ホームにボールをトスする新岡歩輝くん(右)

シート打撃でライト方向に二塁打を放つ金原颯くん

 

21.10.19

秋季北海道高等学校野球大会優勝報告会を開催!全国のクラーク国際生からお祝いメッセージをいただきました!

10月19日16:00から深川キャンパス体育館で秋季北海道高等学校野球大会優勝報告会を開催しました。
優勝報告会はYouTubeLiveで生配信され、全国のクラーク国際生が視聴しました。また、札幌・東京・大阪梅田・福岡とはオンラインで繋ぎ、それぞれからお祝いメッセージもいただきました。

11月20日からは明治神宮野球大会が開催されます。
白取主将がお礼のあいさつの中で「優勝します」と力強く述べました。
全国制覇に向けチームクラークで後押しします!!

白取キャプテンのお礼の言葉

大橋理事長の主催者挨拶

  • (306件中 1件〜7件目)
  • <<前へ
北海道本校スポーツコース・硬式野球部の資料請求はこちら
説明会等ご来校のお申し込みの方はこちら
お問い合わせ TEL:0164-24-2001

オープンキャンパス

  • 両日参加必要

CAMPUS GUIDE
クラークは全国に教育を展開し、10,000名を超える生徒が学んでいます。