キャンパスニュース|北の大地 元気の泉キャンパス|クラーク記念国際高等学校

北の大地 元気の泉キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(291件中 8件〜14件目)

夏季北海道体験学習の紹介 20.11.02

元気の泉キャンパスでは6月下旬から9月下旬までの期間で約1,400名の生徒が夏季北海道体験学習をしに来られます。元気の泉キャンパスでの滞在期間は4泊5日となり、2日間の体験学習を行います。体験内容は、農業体験・自然体験・植樹体験・クラフト体験と様々な体験を行い、自分の身体で自然を感じてもらい環境についての理解を深めてもらう体験学習を行っています。また、せっかく北海道まで来てもらうので、夜はみんなで焼き台を囲みながら北海道名物のジンギスカンを食べたりキャンプファイヤーをして交流を深めてもらったりしています。また、2日間の体験学習とは別に、富良野でラフティングをしにいったり、旭川の旭山動物園に観光に行ったりと4泊5日ではたりないくらいの盛りだくさんな日程を皆には体験してもらいます。
一つ屋根の下で4泊5日、普段は見ることのできない友達の姿をみることができたり、広い体育館で汗を流したり、たくさん話したりと時間を有意義に使うことができるのもこの体験学習の魅力の一つだと思います。コロナウィルス感染症で今年度は中止となりましたが、次年度こそ何とか開催できるように元気の泉キャンパス職員一同頑張っていきたいと思います。

キャンパス内の紅葉が見頃です 20.10.29

標高の高い山の上には雪が積もり始めているようですが、泉キャンパス内では樹木の紅葉が終盤の見頃となっています。
この時期の天気はぐずつくことが多くてなかなか太陽の光があたった写真を撮ることが出来なかったのですが、やっと撮ることが出来ました。
そんな季節の移り変わりを感じながら、職員は夏の片付けと冬の準備を進めています。

初冠雪 20.10.20

天気の良い日に泉キャンパスから見える山【暑寒別岳】に今年の初雪が降ったようです、白く光る姿を見せてくれました。
暑寒別岳は標高1,492ⅿながらも雨竜沼湿原という広大な湿原を持つことで知られ、国定公園にも指定されている自然豊かなところです。
雪虫も見られるようになり、冬が近づいていることを実感する最近の泉キャンパスです。

深川・旭川キャンパス文化祭が行われました 20.10.19

10月17日~18日の2日間に渡り深川キャンパス、旭川キャンパス合同による文化祭が行われました。
「今しかできないこと -濃厚オンライン接触-」というテーマのもと、両キャンパスオンラインでつなぎながらの新しい文化祭となりました。
限られた準備期間や制限をされた中で大変だったと思いますが、各先生方始め、生徒達は本当にお疲れ様でした。ここで経験して学んだことを大切にし、これからの学校生活も楽しんで下さい。

文化祭の様子①

文化祭の様子②

文化祭の様子③

農場通信:大根初収穫 20.10.16

白菜と同じく冬大活躍する野菜、大根です。
ブリ大根、おでん、豚汁、サラダ、大根おろし、漬物、などなど、いろいろな料理に使いますね~。
根菜は体を温めますので冬に食べるのは理にかなってもいます。
今年は三太郎という品種を作ってみましたが、細胞が細やかでとっても美味しい大根が出来ました。今後の主流になりそうです。

農場通信:キャベツの初収穫 20.10.14

苗作りを失敗して植え付けが遅くなってしまったキャベツが何とか初収穫を迎えることが出来ました。
白菜と同じように病気や虫が付きづらい秋に植えつけをしたので、早い時期から気温が下がってしまうと収穫できる大きさまで育ってくれない可能性が高かったのですが、今年の秋は例年並みの気温でしたので何とかなったようです。

とはいえ、取れるのはまだほんの一部です。みんな頑張れ。

新鮮なキャベツは瑞々しくっていかにも美味しそう。

とりあえず今日は3玉取れました。

農場通信:人参洗浄 20.10.12

以前から少しずつ収穫していた人参ですが、そろそろ土から出してあげないと大きくなりすぎて割れてしまうものが多くなってしまうため、全て抜いて→葉を切って→洗って→乾かす、という作業をしました。
だいぶ気温も低くなってきたので農場で使っている井戸水が冷たい!
今年は豊作で約1,000本の人参が収穫できました。

無心になって、ひたすら洗います。

今年の面白人参大賞はこちら、抱っこちゃん人参。

コンテナ21個、積み上げて乾かします。

(291件中 8件〜14件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。