キャンパスニュース|北海道本校|クラーク記念国際高等学校

北海道本校

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(85件中 1件〜7件目)

【ゼミ活動】カボチャとジャガイモのアイスクリーム製造~フードサイエンスゼミ活動~ 17.11.17

11月17日(金)、本日のゼミ活動では、
カボチャとジャガイモのアイスクリームを作りました。
以前のカボチャ味のアイスは、カボチャの味が濃すぎた反省を活かし、
少しうすめに食べやすい味に変えています。
ジャガイモは、冷静スープのような味になり、
好評?だと思っています。

ゼミの授業もあと残りわずかです。
おいしいと感じるアイスの味を追求していきたいと思います!

試食を繰り返し、味を追求していきます!

かぼちゃアイスの取出し中

みんなで協力してカップに充填していきます

【ゼミ活動】JA女性部の方々と加工実習室で豆腐を製造~フードサイエンスゼミ活動~ 17.11.10

11月10日(金)、本日のフードサイエンスゼミは、
JA女性部の方々から、豆腐の製造方法を学びました。

大豆は、元気の泉キャンパスで採れた大豆を使用し、
前日から水に浸し準備したものです。
当日は、女性部の方々から機械の使い方も教えていただきながら
まずは、大豆を粉砕し、水と一緒に加熱沸騰させ、
機械を使って絞り、豆乳とおからに分けます。
豆乳にはにがりを加え凝固させていき、
おからも余すことなく、持って帰り食べてもらいます。
固まった豆腐は、水に浸し適当な大きさに切って持ち帰りました。
出来立ての豆腐は最高においしいです。

今日は、豆腐の作り方を学ぶだけではなく、
いろいろ方々との連携を通して、
多様性や協働性を実践的に学ぶ機会になったと思います。
とても良い経験ができました。

大豆の粉砕する機械をつかっていきます。

沸騰するまで焦げないようにかき混ぜます。

おからも大切に食べましょう。

【ゼミ活動】ゼミ活動を通して企画力と自主性を伸ばそう~元気の泉サポーターゼミ~ 17.10.18

本日の元気の泉サポーターゼミではピザ釜を実際に作成しました。

元気の泉キャンパスに農作業という仕事を準備してもらい、ただ作業を行うだけのゼミではなく、自ら考えて物事を進めていく自主性を高めるために、何もないとことから生徒が自ら企画して始めたピザ釜づくりでしたが、いろいろな問題にぶつかりながらも、意見出し合い、試行錯誤しながら物事を進めていく中で知恵を出し合い、完成までたどり着けたことは生徒たちにとってひとつの自信につながったと思います。

その結果、元気の泉キャンパスのスクーリングのアクティビティーの選択肢の一つとして、ピザを焼いたり、お餅を焼いたりして活用してほしいと思います。

【ゼミ活動】アクティブスポーツゼミで考案したスポーツで幼稚園児と交流し、主体性、表現力を高める。 17.10.13

10月13日(金)、アクティブスポーツゼミは深川幼稚園様で
レクリエーション交流を行わせていただきました。

生徒たちが考えた交流ゲームで園児たちと交流を行うという内容ですが、
準備段階では、思考力や判断力を養い、当日は主体性や表現力を高めることを
目的に行っています。

今回は「コロコロドッジボール」というゲームで
転がしたボールを相手チームに当てて得点を競うゲームを行いました。
園児たちは楽しく積極的に取り組んでくれていました。
実習終了後は、園児たちと自由交流です。
子どもたちのパワーに圧倒され、また生徒たちは癒しを感じているようでした。

今後もアクティブスポーツゼミは、地域と交流しながら
生徒の成長につなげていきます。

園児からの挨拶は大きな声で圧倒されました

コロコロドッジボールの様子

絵本の読み聞かせです

【ゼミ活動】チョコレートアイスクリームづくり~フードサイエンスゼミ~ 17.09.15

9月15日(金)のフードサイエンスゼミでは、
10月28日(土)から実施される学校祭での販売を考えて、
アイスクリームの製造をしていきます。
今日のチョコレート味は、生徒のみんなに人気のある味です。

また、この日は、JAきたそらち様とのワークショップも行い、
今度の取り組みについて話し合いが行われました。
11月からは、
元気の泉キャンパスで収穫した大豆を使って、
豆腐づくりやみそ造りにもチャレンジしていきます。

ミルク味とチョコ味を作りました。

チョコレート味は、みんなに好評です!

作ったあとの試食も大切です!

【ゼミ】異文化理解を深め、積極性のある姿勢を育む~インターナショナルゼミ~ 17.09.04

9月4日(月)、インターナショナルゼミでは、
旭川の国際交流課に依頼をして、
アメリカと韓国の国際理解講座に参加させていただきました。

それぞれの講師の方々には、その国について、
また文化や食についてお話していただきました。

アメリカのダニエル先生の講話は、あえて英語でお願いしました。
先生の話す英語の中に出てくる自分の知っている表現、
例えば“Woops!”を、実際に目の前で聞くことで、
生きた英語に触れる機会になると思ったからです。
聞き取れない表現もあったと思いますが、
一語一句を聞き取ることはできなくても、
概要をつかむことができると感じたはずです。

韓国の康(カン)先生には、日本語でご説明いただきました。
逆に、自分たちの言語を第二外国語として選んだ方が、
日本語習得にどのような苦労をしたか、
アクセントにどのような違いがあるか、
講話の内容以外にも学ぶことが沢山ありました。

インターナショナルゼミでは、国際理解を深め、
広い視野で物事を捉え理解することが大切だと
日頃から生徒どうしでも話し合っています。
今回の経験で、他国を身近に感じ、
自ら積極性を持って外国の方々と関わろうとする
姿勢を持てるようになってほしいと思います。

ダニエル先生、康先生と一緒に

ダニエル先生に質問をします

真剣に講師の話に耳を傾けます

【ゼミ活動】元気の泉キャンパスで収穫したトマトをジュースに加工!~フードサイエンスゼミの活動~ 17.09.02

9月1日(金)、本日のフードサイエンスゼミでは、
JAきたそらちの女性部の方々からトマトジュースの作り方を教わりました。
元気の泉キャンパスでは、たくさんの種類の野菜を栽培、収穫しています。
トマトは、大量に収穫できる野菜の一つで、
昨年までは、沼田町の加工業者にお願いしてトマトジュースを作ってもらっていました。
今回は、自分たちの手で、トマトジュースづくりにチャレンジします。

40kgのトマトを煮詰め、煮汁を絞り、しっかりと殺菌してジュースを作っていきます。
できたトマトジュースは、体験学習に来た生徒たちにも提供される予定です。
味もJA女性部に負けないくらいおいしかったです。
さらに、
今回は、トマト味のアイスクリームと
かぼちゃ味のアイスクリームを作ってみました。
どちらも好評です。
機会があればぜひご賞味ください。

女性部の方々から丁寧に教わりました

こんな大きな鍋でトマトを煮詰めます!

しっかりビンにつめます

(85件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。