キャンパスニュース|北海道本校|クラーク記念国際高等学校

北海道本校

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(133件中 8件〜14件目)

【ゼミ活動】元気の泉キャンパスで農作業を通して野外での撮影会~写真ゼミ~ 18.10.10

10月15日(月)本校では「そうだ。納内を歩こう!るんるんwalking with クラーク2018」というイベントがあります。そこで提供するカレーライスに入れる秋野菜を元気の泉キャンパスで収穫しなければならないことと、写真ゼミが「屋外での撮影会をしたい」という機会が重なり、写真ゼミの生徒が秋野菜を収穫し、その様子を撮影してきました。
生徒たちは一生懸命取り組み、また大自然の絶景を写真に収めることができました。

初めて人参を収穫する船引さん

誇らしげに人参を持つ坂下さん

【ゼミ】納内街歩きイベントを納内支所と連携し、地域の活性化を目指します。~地域交流ゼミ~ 18.10.05

10月6日(土)、地域交流ゼミは、10月15日に実施する
「納内まちあるき」イベントについて納内支所の方と
一緒に会議を行いました。

昨年度から行っている街歩きイベントですが、地域交流ゼミの生徒が中心となって
行事を運営しています。
今年も、本校・旭川の生徒、地域の方総勢240名程度が参加する予定です。
イベントを成功させるために、コースの確認や役割分担など
協議しました。

地域の方と協働して行事を成功させ、成長につなげていきます。

真剣に話を聞く生徒

納内支所の方からの挨拶

【ゼミ活動】地域の方との交流でコミュニケーション能力を養う~オリジナルレシピ開発ゼミ~ 18.10.03

10月3日(水)本日、オリジナルレシピ開発ゼミでは、ゼミ発表会に向けての準備を行いました。
オリジナルレシピ開発ゼミで行ってきたことや学んだことなどを思い返しながら準備を進めました。
来週10月10日(水)は待ちに待ったサロンなごみでゼミ生が考えた料理を提供する日です。
気持ちのこもった料理をぜひ、食べに来て下さい。

【ゼミ】地域交流ゼミは、主体性、協働性を活かし、幼稚園実習に向けて準備をすすめています。 18.08.24

8月24日(金)、地域交流ゼミは、9月14日に幼稚園で実習する
準備をすすめています。
今回は、ボールリレーやフラフープを使ったリレーを企画しています。
生徒達はどうしたら子どもたちが楽しく、わかりやすく実習に取り組めるかを
真剣に話し合い、アイデアを出し合いました。
最後は総練習をして、反省点を洗い出し、形になるまで仕上げていきます。
生徒達が主体的に行うゼミ活動。幼稚園の実習が楽しみです。

園児たちのポイントカード作り

司会進行の練習風景

ミーティングをしながら進めています

【ゼミ】深川フォトコンテストに向けて主体的に取り組もう~写真ゼミ地域との連携~ 18.08.17

写真ゼミでは深川フォトコンテストに向けてゼミ生がそれぞれ主体的に取り組み、ゼミ活動の時間以外にも深川市内をあらゆる角度から撮影しています。
普段見慣れている景色もあらゆる角度から観察することで思わぬ美しい景色が撮影できます。自分たちでテーマを持って撮影場所に出向き、仲間と協力しながらゼミ活動を通して協働性や多様性を高めています。
深川フォトコンテストでグランプリを獲得できるように今後も写真ゼミは活動していきます。

滝の流れを真剣に撮影する生徒

【ゼミ活動】書道を通じて伝える力や表現力を培う ~書教育研究ゼミ~ 18.08.15

クラーク記念国際高等学校本校の総合進学コースでは、週2日ゼミ活動を行っています。その中の書教育研究ゼミについてお知らせします。
 書教育研究ゼミは書道を通じて様々な人々と触れ合い、伝え合うことを大事にしています。
今年度前半は大きく2つの取り組みがありました。1つ目は、北海道教育大学旭川校の書道研究室という大学のゼミナールの学生さんから書道を教えていただいたことです。その際には先生の卵となる大学生から、書道の面白さや、どうすればうまく人に伝えることができるのかなど、を学ばせてもらいました。
2つ目は、深川市児童センター様で小学生に書道を教えたことです。大学生に教えてもらったことを今度は小学生に教えよう、という取り組みでした。生徒は、小学生に伝えることの難しさを感じながら、言葉を一生懸命に探しながら活動をしていました。しかし、とても盛り上がり、楽しい交流となりました。
 クラーク高校のゼミでは、普段の学習では得られない特別な経験を得ることができます。

【ゼミ活動】書を通じて小学生と交流、伝える力を磨く~総合進学コース、書教育研究ゼミ~ 18.08.09

8月3日(金)深川市児童センター様において本校総合進学コース、書教育研究ゼミの生徒が地域の小学生に書道の楽しさを伝える活動を行いました。
以前、北海道教育大学旭川校の学生さんに教えてもらったことを活かし、今度は自分たちが小学生に伝えようと、ゼミ生で話し合い企画をしました。
当日は小学生が4名参加してくれ、とても賑やかに進みました。普段は見ることのない珍しい筆を紹介してあげたり、色紙にマーブリングをした際には驚きの声が上がっていました。
書道をしたことのない小学生に書き方を教えるとき、どうすればうまく伝えてあげることができるのか、どうすれば興味を持って話を聞いてくれるのかなど、いろいろなことを考えながら活動を進めていました。
めったにない貴重な経験に協働性や多様性などのスキルが高まったことと思います。これからの活動に生きてくることと思います。

いろいろな素材でできた筆を紹介しました。

小学生と楽しく活動をすることができました。

小学生に寄り添いながら教えることができました。

(133件中 8件〜14件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。