キャンパスニュース|深川校|クラーク記念国際高等学校

深川キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(1013件中 29件〜35件目)

【総合進学・スポーツコース】万が一に備え、避難訓練を実施! 21.09.22

9月22日(水)、総合進学・スポーツコースの生徒を対象に、
避難訓練を行いました。
万が一に備え、しっかりと取り組むことができていました。
緊急事態宣言により消防の方にお越しいただくことはできませんでしたが、
深川消防署から消火訓練用の消火器をお借りして、消火訓練を行うことができました。
日頃より、防災に努め安全第一で生活を送ってほしいと思います。

消火訓練の様子

本番さながらで実施をしていました

【総合進学・スポーツコース】スポーツデイを開催!コロナ禍でもできる行事を! 21.09.21

9月21日(火)、総合進学・スポーツコースを対象に
スポーツデイを行いました。
体育祭が緊急事態宣言のため延期縮小となり
スポーツデイとして感染対策をして、午前だけで種目も縮小しての実施でした。
クラス対抗戦で行われ、クラスTシャツを揃えて競い合いました。
気配切り、障がい物競争、5色綱引き、クラス対抗全員リレーの4種目行い、
綱引きやリレーで圧倒したDクラスが優勝となりました。
次の行事は文化祭です。よりクラスで団結してよい行事にしてほしいと思います。

障がい物競走の様子

5色綱引きの様子

クラス対抗リレーの様子

クラーク国際が先発全員安打・全員打点で圧勝!2年連続3度目の北海道大会進出! 21.09.20

第74回秋季北海道高等学校野球大会空知支部予選Aブロック代表決定戦が9月20日、深川市民球場で行われ、クラーク国際が15−0の5回コールドで滝川工業高校を下し、2年連続3度目の北海道大会出場を決めました。クラーク国際は初回に5安打で5点を先制。3回裏にはスクイズを挟んだ9連続安打などで10点を追加しました。投げては、先発した左腕エースの山中麟翔(りんと)くん(2年)が4回3安打、新岡歩輝(あゆき)くん(1年)が1回1安打の無失点リレー。投打が噛み合い、センバツ甲子園出場の参考となる舞台への切符を手にしました。

1回裏に2死からの4連打で5点を奪うと、3回裏には新岡真輝(まなき)中堅手のスクイズを挟んで1死から9連打。先発全員安打・全員打点の15安打15得点を記録しました。1回戦から代表決定戦までの3試合で48得点は、秋の大阪大会で3回戦まで勝ち進む強豪・大阪桐蔭と全く同じ。佐々木啓司監督が春8回・夏4回の甲子園出場に導いた駒大岩見沢の〝ヒグマ打線〟をほうふつとさせる爆発力ですが、「もう少し勢いがほしいね」と指揮官。北海道大会までの10日ほどで、さらに貪欲に、強化をはかります。
投手は地区3試合で5人が登板。失点0でした。この日、毎回の7三振を奪った背番号1の山中くんは「2回戦で〝ライバル〟の辻田が9回を完封して悔しかった。今日は僕(が完封)の番だと思って投げた」といいます。ハイレベルな〝エース争奪戦〟が投手力を底上げし、初のセンバツ甲子園を手繰り寄せます。
クラーク国際は2016年に創部3年目で北北海道大会を勝ち上がり、通信制高校で初の夏の甲子園出場を果たしました。今年は春季北海道大会で初のベスト4に進出。ところが秋季北海道大会は未だ勝ち星がありません。皆さんの後押しで、秋1勝、そしてセンバツへ。北海道大会も引き続き、応援をお願いします!

【空知支部Aブロック代表決定戦】
滝川工業 00000=0
クラーク 50100×=15
※5回コールド

バッテリー 山中、新岡歩−麻原
三塁打 藤野、白取
二塁打 越智、山中

【第74回秋季北海道高等学校野球大会】
9月30日(木)開会式、公式練習
10月1日(金)〜4日(月)1・2回戦、10日(日)準決勝、11日(月・祝)決勝
※雨天順延

校歌を歌い終え、スタンドに向かって駆け出すクラーク国際ナイン

4回3安打無失点の好投を見せたエース山中くん

高らかに校歌を歌い上げるクラーク国際ナイン

【総合進学・スポーツコース】マーセッドカレッジ連携授業~英会話授業の実施~ 21.09.18

9月17日(金)、1年生3・4時間目は
マーセッドカレッジとの英会話授業を実施しました。
今回は写真のスライドを見て、アメリカの高校生から
質問を受けて答えるという内容でした。

生徒たちは事前に準備をして英会話に臨みました。
リアルの英語はスピードも速く、聞き取れない部分もありましたが、
一生懸命に伝えようとする姿勢が見られました。
また次回に向けての課題も設定し、振り返りシートにまとめていました。

英会話の様子

【食品製造ゼミ】新作アイスを続々開発、市販のアイスに負けないおいしさです 21.09.18

食品製造ゼミでは、JAきたそらちの食品加工施設「しらかば」で、
アイスクリームの製造実習を行っています。
今月の新作は、「バニラ」「バニララムレーズン」
「ずんだ(枝豆)+あずき」「チョコビット」と4種類。
バニラは、3年ぶりにバニラビーンズを使って製造した本格的な味です。
ラムレーズンは、レーズンにアルコールを蒸発させたラム酒を1週間浸して、
下味をしっかりつけるように工夫し、
レーズン好きにはたまらない一品に仕上がりました。
意外な人気は、ずんだ味で、
枝豆は、岡田副校長の自宅から頂いた枝豆をゆで、
自分たちで身を取り分け、薄皮も取り除く下処理をしたものです。
茹でたての枝豆を急速冷凍しているので、風味もそのままです。
チョコビットは、ミルクに浸して食べるお菓子を、砕いて加えたものです。
学校説明会やオープンキャンパスで試食できるので、
ぜひ楽しみにお越しください。

冷却して固まったアイスを取りだします

バニラビーンズをさやから取り出してミルクに加えます

取り出したアイスはカップに入れ-70度で保管します。

【農業実習ゼミ】自分たちで植えた稲を刈り取り農業の大切さを学びます 21.09.18

深川未来ファームで、5月下旬に植えた「ふっくりんこ」の稲が
ちょうど4ヵ月かけて成長し、稲穂を実らせて収穫をむかえました。
9月17日(金)、農業実習ゼミ生で稲刈りを行い、
自分たちが収穫したお米の大切さを学ぶ学習をしてきました。
ファームの方から、稲刈りと刈った稲を縛る方法を教えて頂き、
一列になって、夢中で刈り取っていきます。
途中、足も腰も痛く、疲れもピークを迎えましたが、
何とか予定した量を刈り取ることができました。
この後、2週間天日干しし、脱穀、精米したお米を頂き、試食させて頂きます。
楽しみに待ちたいと思います。

収穫した稲の前で記念に撮影

夢中で刈り取りしていきます

刈った稲をひもで縛っていきます

兄弟同時甲子園出場へ1歩前進!2年連続3回目の北海道大会出場に王手! 21.09.17

第74回秋季北海道高校野球大会空知支部予選2回戦が9月17日に行われ、クラーク国際が4−0で深川西高校を下し代表決定戦に駒を進めました。新岡兄弟の兄・真輝(まなき)中堅手(2年)が3打数2安打2打点、弟・歩輝(あゆき)遊撃手(1年)が4打数2安打と活躍し、センバツ甲子園への兄弟同時出場に一歩前進しました。
「これが、マナキだ!」。
スタンドで後輩たちを応援する3年生の口から思わずこんな声が漏れました。4回表無死一塁で、相手バッターの放ったフライが、センターとセカンドの中間に上がりました。センターの真輝くんは思い切りよく前進しましたが、残念ながら目の前でバウンドしてしまいました。しかし、そのボールをつかむとセカンドに矢のような送球。スタートの遅れた一塁走者を、間一髪アウトにしました。佐々木啓司監督は「あの送球は素晴らしかった。ノーアウト一、二塁と、1アウト一塁では大違い。チームを救ったね」と、絶賛しました。
真輝くんは昨秋と今春の大会でベンチ入りしましたが、夏の大会はメンバーから外れました。弟の歩輝くんが1年生の春季大会からショートのスタメンで活躍する姿を悔しい思いで見つめました。「絶対に弟に負けたくない」。全体練習が終わると、カゴ1箱分のボールを用意。なくなるまでネットに向かって投げ続け、正確なスローイングを身につけました。素振りも欠かさず実施。守備、打撃とも向上し、今大会で背番号8とスタメンをつかみました。この日は2人とも2安打。兄は8回裏にチームの勝利を決定づけるレフト線への2点タイムリー二塁打も放ちました。
兄は何事も真面目に取り組み、弟はいつも元気いっぱい。性格的に反対で同じ場所にいることも決して多くない二人ですが、今の目標は「一緒に甲子園のグラウンドに立つこと」(真輝くん)です。次の試合も、兄弟が暴れてくれるはずです!引き続き応援をお願いします!

【空知支部Aブロック2回戦】
深川西  000000000=0
クラーク 01100002×=4

バッテリー 辻田ー麻原
二塁打 新岡真

【次の試合予定】
9月19日(日)10:00〜 空知支部Aブロック代表決定戦 VS滝川工業高校
※無観客試合です。学校関係者、選手保護者以外の入場はできません。

8回裏2死一、二塁で、レフト線へ2点タイムリーを放つ新岡真くん

1回裏1死一塁で、外のボールに食らいつきライト線にヒットを放つ新岡歩くん

校歌を歌うクラーク国際ナイン

(1013件中 29件〜35件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。