キャンパスニュース|札幌大通キャンパス|クラーク記念国際高等学校

札幌大通キャンパス
※専修学校クラーク高等学院札幌大通校(設置認可申請中)

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(795件中 22件〜28件目)

【入試対策】 多くの中学3年生が参加しました ~第1回入試対策講座を開催~ 21.11.08

 11月6日(土)、第1回入試対策講座が開かれ、多くの中学3年生が参加しました。
 本校の入試科目である国語・数学・英語から2科目を選択して担当教員からの説明や問題に取り組みました。また、在校生もお手伝いとして参加し、悩んでいる中学3年生にヒントを出しながら一緒に問題を解いたり、質問に答えたりしました。
 次回の入試対策講座は11月20日(土)になります。

教室一杯に中学3年生が参加してくれました。

英語の様子です~担当教員がわかりやすく説明しています~

在校生もお手伝いとして参加しました。

【国際コース】 適切なNGO・慈善団体を自ら選ぶために①~国際コース Production~ 21.11.07

 国際コースでは探求学習の一環として国際理解教育を行っています。
 この日は英語を使い、どのようにして自分の希望に合ったNGOや慈善団体を探し、選べば良いのかということについて学びました。生徒たちのほとんどがこれまで自分でNGOや慈善団体のことを調べた経験はなく、小中高でこれまで経験した募金活動は誰かに提示されて参加した受け身の形だったという声が多くあがりました。
 今回の授業を通じ、自分でNGOや慈善団体を探すことの大切さや、自分の目的や希望に合った慈善団体・NGOを探す際に重要なことは何かということを知り、生徒たちはひとりひとりが支援をしたいと考える対象は誰なのか・どういった活動を求めているのかということを英語でまとめました。

慈善活動は受け身ではなく、自分で考え動くことが大事だと学びました

自分が支援したい相手や活動はどのようなものなのか?英語で考え、まとめました

【総合進学コース】 地域を表現で盛り上げる ~演劇コミュニケーションクラスが地域公演を実施しました~ 21.11.06

 クラーク国際では、表現教育に演劇の授業を取り入れています。参加する生徒は演劇が好きな生徒や積極性を身につけたい生徒です。夏から取り組んできた作品を苗穂会館で発表しました。ほとんどの生徒が人前では初めての発表、緊張しながらも楽しく演じることができました。
 上演後は、観劇にいらしてくださった地域の方と意見交換を実施。「語尾をもっと聞こえやすく」「後ろを向くと声が聞こえづらいから気を付けて」「まだま練習が必要」「これからの成長に期待」など率直で温かいご意見をいただくことができました。学校の外の方からご意見をいただくことは、高校生にとってはなかなかできる経験ではありません。
 今回の作品は11月23日(火・祝)にサンピアザ劇場で再度公演いたします。生徒たちは作品をより良いものにしようとモチベーションを高めることができました。今回お忙しい中、見に来てくださった地域の皆様大変ありがとうございました。

【eスポーツコース】 クラーク国際主催、全国中学校eスポーツ選手権<フォートナイト>を実施しました。 21.11.05

 クラーク国際は、全国に広がる教育施設でeスポーツコースを展開しています。
 今回は東京のCLARK NEXT Tokyoを中心に、全国中学校eスポーツコース選手権を開催。タイトルはフォートナイト。100名以上の中学生が参加しました。札幌大通キャンパスも実施会場の一つでした。中学生はキーボード、マウス、マウスパッドなど自分のものを持ち込んで参加。その本気度が強く感じられました。今回の大会は2人1組のデュオモードが参加条件でした。全国2位になったのは、札幌から参加したペア。2人はこの準優勝にすら悔しさを隠せずにいました。高校生になったらSTAGE:0に挑戦したいと今後のeスポーツにかける情熱を話してくれました。

【男子サッカー専攻】 MF中村ハット!MF髙道〝神話〟継続!リーグ戦7連勝フィニッシュ! 21.11.04

 高円宮杯 JFA U-18 サッカー2021北海道ブロックリーグ札幌(4部)の2次ラウンド最終節が11月3日、札幌創成高校グラウンドほかで行われました。クラックス(男子サッカー専攻)が5−2で札幌平岸高校を下し、リーグ戦7連勝で今季最後のサッカー公式戦を終えました。
 伊藤壇監督のバースデイ勝利を引き寄せたのは、主将&副将コンビでした。攻め込みながら得点が奪えない苦しい展開の前半37分。ゴール前でFW古川暖(1年)の打ったシュートが相手GKに弾かれると、その後ろで待ち構えていたMF髙道勇壮(2年)が全身を投げ出し、転がりながらボールを押し込みました。「弾かれたら必ず(ボールが)飛んでくると思っていました。予想どおり」と、先制点を挙げた副キャプテンが胸を張りました。2−2と同点で迎えた後半28分にも利き足と反対の左で勝ち越し点。今季公式戦6試合7ゴールで、〝得点した試合は絶対に負けない神話〟を、来季につなげました。
 勝利を決定づけたのは、キャプテン中村のハットトリックでした。チームの2点目、4点目を決めて迎えた後半ロスタイム。高校生活最後のサッカー公式戦となったDF山口啓太(3年)が最終ラインから蹴り出した柔らかい浮き球を、途中出場のFW若宮寛汰郎(1年)が後ろに落とすと、走り込んだMF中村が左足を振り抜きました。速いグラウンダーのミドルシュートが、ゴール右隅をとらえました。「GKが交代直後だったので、思い切って遠めから狙いました。監督の指示通りです」と、中村が笑顔で得点シーンを振り返りました。
 勝利とケーキのW誕生日プレゼントを選手たちから受け取った監督ですが、「来季はまた、新しい1年生が入学して来る。全員が闘志をむき出しにして、ポジション争いに挑んでほしい」と、厳しい檄で最後を締めました。冬のフットサル公式戦、そして来季に向けてスタートを切るクラックスを、今後も応援してください!
 
【北海道ブロックリーグ札幌(4部)2次ラウンド最終節】
クラックスVS札幌平岸高校
前半1−0
後半4−2
合計5−2
得点 髙道2、中村3
勝ち点9(2次ラウンド9〜12位ブロック首位)

試合終了後、声援をいただいたサポーターの皆様にお礼の挨拶

前半37分、MF髙道は、先制点を奪い右手こぶしを握りしめる

46歳の誕生日ケーキを持って笑顔を見せる伊藤壇監督

【行事】 久しぶりの学年遠足ではじける笑顔② ~2年生は秋晴れの中、札幌市内を散策~ 21.11.03

 2学年の学年遠足は秋晴れの中、札幌市内を散策しました。
 先ずは、白い恋人バークでSDGSに関する講義を受けました。そして、大倉山オリンピックミュージアムを訪れました。ここでは、様々な展示や体験ブースでオリンピックについて学びました。最後は、北海道神宮に参拝し、これからの学校生活や進路についてそれぞれがお祈りをしました。
 参加した生徒は活き活きと楽しく行事に参加していました。

白い恋人パークでの講演の様子です

オリンピックミュージアムでのボブスレー体験シュミレーターの様子です

2学年集合写真です~大倉山展望台にて

【行事】 久しぶりの学年遠足ではじける笑顔① ~1先生は小樽で自主研修~ 21.11.03

 昨年は、実施できなかった学年遠足ですが、今年度はなんとか実施することができました。
 1年生は、おたる水族館と小樽市内散策へ。おたる水族館では魚を鑑賞するだけではなく、トドに餌をあげたり、オカリナやイルカのショーを観たりしました。小樽市内散策では、事前に立てた計画をもとにグループで活動。お土産を買ったり、スイーツを味わったりしながら短い時間でしたが、小樽を満喫していました。
まだまだ、コロナ禍による制限はいろいろとありましたが、とても楽しい時間になったようです。

(795件中 22件〜28件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。