クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(1144件中 295件〜301件目)

3月9日より義務教育範囲の復習に活用できるスマホ・タブレット用手書き学習サービス「基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)」を無償解放します。 20.03.07

クラーク記念国際高等学校は、新型コロナウィルス感染症拡大による休校要請を受けて、株式会社小学館と共同開発したスマホ・タブレット教材『基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)』を、3月9日より無償で開放いたします。

■『基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)』とは
中学〜高校入学までの義務教育分野の学び直しとしてクラーク記念国際高等学校と小学館で共同開発されたタブレット教材です。「WEB上で自分の弱点(過去履修してきたのに理解していない・不得意な部分)をチェックできる」「先生が生徒の進捗状況や成績により、一人ひとりの学習内容を考えることができる」デジタル教材です。

アクセス:https://www.osarai-drill.jp/contents/suc/
無償提供期間:3月9日(月)14時〜一斉休校の状況をみながら夏休み終了まで実施
対象:中学1年~高校入学までの生徒
内容:漢字(小学1年生~高校卒業レベル、常用漢字1945字)
   算数・数学・アルファベット練習・英語(単語)・英語(文法)

計算・数学・英語文法・英単語はそれぞれ40単元に、漢字は9レベル310単元に分け、義務教育範囲のすべての総復習ができるようカリキュラムが組まれています。「手書き入力」なので理解が確実に定着します。採点結果は蓄積され、クラーク記念国際高校約10,000名と競い合いながら基礎学力の定着に向けて学習を進めていくことができます。
※スマホ・タブレットの画面を見ながら、手書きで入力し解答するというスタイルで取り組んでいただけます。

ビデオ会議システムを使用した双方向授業を実施、ネットを通じてプログラミングや英語を学んでいます(net+コース) 20.03.07

新型コロナウィルス感染症への対策としてクラーク記念国際高等学校は3月2日(月)より春休み開始まで臨時休校となっていますが、net+コースでは休校期間中も生徒の学びは止まりません。

コースの特性であるビデオ会議システムを使用したコーチング面談・プログラミング・インターナショナル授業は、通常通り実施されました。生徒はネットを通じて、学びを止めない工夫や、困りごとを先生に相談することができるようになっています。例えば、インターナショナルの授業では、ネイティブ教員から質問を投げかけ生徒が答える、という形での双方向授業を行なっています。

生徒たちは、自宅で普段と同じ学びを続けています。

鹿児島国体「武術太極拳」近畿ブロック選抜大会で優勝しました!(大阪天王寺キャンパス) 20.03.06

1月19日(日)にひまわりドーム(大阪府・熊取町立総合体育館)で「鹿児島国体『武術太極拳』近畿ブロック選抜大会」が開催されました。この大会は、2020年9月の鹿児島国体の各府県代表が決まる大会です。

大阪天王寺キャンパス、総合進学コース3年生の岸さんはこの大会で優勝!日本武術太極拳連盟からメダルを授与されました。

岸さんは、3歳から太極拳の練習を重ねてきました。その結果が今の活躍に繋がっているのだと思います。これからも岸さんの更なる活躍を期待しています!

TVQ九州放送「ベストでeスポ」の番組内で、クラークのeスポーツ部が取り上げられました!(福岡中央キャンパス) 20.03.05

2月28日に放送されたTVQ九州放送の「ベストでeスポ」で、福岡中央キャンパスのeスポーツ部が番組に取り上げられました。

福岡中央キャンパスのeスポーツ部は、生徒が自主的に部活を立ち上げて専用の部室を作り上げました。部活の運営ルールも自ら考え、実行していることも番組では紹介されました。

クラークには、生徒の興味や好きを伸ばして自信にするきっかけがたくさんあります。クラーク生は、コース・専攻授業をはじめ、部活やゼミ授業で自分の夢や進路を見つけています。

下記の番組公式HPから放送を見ることができます。
TVQ九州放送の「ベストでeスポ」HP
https://www.tvq.co.jp/o_j/best_de_espo/

新型コロナウィルス感染症への対応について 20.03.04

新型コロナウィルス感染症の国内での感染者数が日ごとに増えている状況の中、
クラーク記念国際高等学校としても下記の対応を講じております。
皆様方のご理解ご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

1.学校活動について
3月2日(月)より春休み開始まで臨時休校。
学外での活動、合宿、修学旅行等についても当面の間延期、または中止とします。
在校生については、不要不急の外出は控え、各キャンパスの担当教員と連絡を取りながら
体調管理・衛生管理に努めてください。

2.入試、学校説明会、プレ登校などについて
プレ登校については、中止とします。
入試については、別室受験や別日設定、受験者間の距離を離すなどの感染予防対策を講じて実施いたします。
学校説明会については、4月1日入学希望者のみを対象に、個別形式で実施いたします。
いずれにおいても、来校者・教職員の手指消毒・マスク着用等による感染防止対策を徹底します。

新型コロナウィルスに関しては、現段階で不明な点も多いことや、日々状況が変化している現状を踏まえ、地域の行政や医療機関とも連携し対応に当たります。
そのため、各地域・キャンパスごとに対応が異なる場合もございます。

ネットプラスコースにて「英語アプリ」の開発をテーマにした課題解決型の授業を実施しました!最後の授業は「成果発表会」(4/4) 20.03.04

日本の5都市をネットで繋ぎ、各地のクラーク生が交流しながら学ぶ企業プロジェクト型のPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング=課題解決型の授業)の最終授業が、2月20日(木)に開催されました。

このプログラムでは、「Rakuten Super English Webアプリ」を題材に、新しい英語の学び方を考えながらSDGsを達成するという仮想課題に対して提案を行うことが目標です。これまでのプログラムを通し、「ミッション・ビジョン・バリュー(企業の使命、将来像、価値基準)」「マーケティングミックス(実行するための戦略)」「KGI・KPI・KDI(最終目標、中間目標、行動回数)」といった、ビジネスを行う上で重要な考え方を学んできました。

最終授業では、グループごとに「新しい英語の学び方」の提案を行いました。それぞれ「世界の教育格差を減らす」「わからないをわかるに」といったミッションを掲げ、ミッション達成に向けた行動指針を打ち出しました。

今回のPBLを通し、生徒からは「企業の方との授業は貴重な経験だった」「自分たちの知識や準備不足を感じた」「仲間と一緒に考えるのが楽しかった」という声が聞かれました。今回の経験を生かし、次回のPBLでは実社会での実現を目標に授業を行います。

授業を終えて(特別講師楽天株式会社近藤さまより)
今回のPBLでは、「あらゆる社会課題に向き合い、その解決に向けた自分なりの提案を着想する力」「自分のアイデアを世の中に訴え、実現していくための事業構想能力(「思い」をカタチにできる力)」という2つの力を育成する目的で実施しました。結果、プログラム全体を通じて生徒の皆さんの前向きなエネルギーに圧倒されただけでなく、最終プレゼンの秀逸さにも大変驚かされました。彼らが近い将来、実社会で活躍する姿を今から楽しみにしています。

楽天の英語学習サービス「Rakuten Super English」について(「Rakuten Super English」公式サイトより)
https://english.rakuten.co.jp/

SDGsとは?(外務省公式サイトより)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/

グループごとに発表を行いました

千葉キャンパスのコース生

各拠点の発表もビデオ会議システムを使って行われました

【合格速報 第5弾】2020年大学入試の合格情報をお伝えします!AO・推薦・指定校などを利用し、いち早く合格を勝ち取った生徒多数! 20.03.03

2020年入試の合格速報!AO・推薦・指定校などの入試制度を利用し、多くの生徒がいち早く合格を掴みました!この合格速報は随時更新してお伝えいたします。(2020年3月3日更新)

■系列大学
国際大学 IPU New Zealand(21名)、IPU環太平洋大学(7名)

■国公立大学
和歌山大学(1名)、鳥取大学(1名)、長崎大学(1名)、公立千歳科学技術大学(2名)、京都府立大学(1名)、山口県立大学(1名)、名桜大学(1名)

■海外大学
テンプル大学(2名)、クイーンズランド工科大学(1名)

■私立大学
早稲田大学(6名)、慶應義塾大学(1名)、上智大学(5名)、国際基督教大学(2名)、学習院大学(1名)、明治大学(1名)、青山学院大学(1名)、立教大学(1名)、中央大学(3名)、法政大学(4名)、南山大学(2名)、関西大学(4名)、関西学院大学(5名)、同志社大学(1名)、立命館大学(1名)、獨協大学(3名)、日本大学(4名)、東洋大学(6名)、駒澤大学(8名)、専修大学(3名)、愛知学院大学(1名)、愛知大学(1名)、中京大学(6名)、名城大学(1名)、京都産業大学(4名)、近畿大学(6名)、甲南大学(1名)、龍谷大学(4名)、西南学院大学(2名)、立命館アジア太平洋大学(3名)、北海道医療大学(1名)、芝浦工業大学(1名)、城西大学(1名)、玉川大学(3名)、多摩美術大学(3名)、千葉工業大学(1名)、帝京科学大学(5名)、東京家政大学(1名)、東京都市大学(1名)、東邦大学(1名)、明治学院大学(1名)、武蔵野美術大学(1名)、名古屋外国語大学(7名)、大阪経済大学(3名)、関西外国語大学(3名)、京都外国語大学(7名)、神戸薬科大学(1名)、京都女子大学(4名)、広島国際大学(1名)その他多数

(1144件中 295件〜301件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。


英語スペシャリスト教育

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。