キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(1021件中 1件〜7件目)

オンライン教育と対面教育を融合させた個別最適型教育のコース「CLARK SMART」が開講しました! 21.04.18

2021年4月より一人ひとりに応じた最適な学びを提供するため、オンライン教育と対面教育を融合させた「CLARK SMART」(スマートスタディコースⅠ・Ⅱ・Ⅲ)が全国の拠点にて新開講しました!

CLARK SMARTでは、場所や時間に縛られることなく、個人のペース・目標に合わせて、教員がコーチングをしながら、EdTechを活用した個別最適型教育を実践します。

CLARK SMARTが目指すのは、「自ら学び続ける力」の獲得です。インターネットによる情報革命やAIの進歩によるシンギュラリティ、目まぐるしく変わる世界情勢などにより、かつてないスピードで変化し続ける社会に柔軟に対応し、6つのスキル(思考力・判断力・表現力・主体性・協働性・多様性)を兼ね備え、自らの人生を自らで決断できる力を持った生徒の育成に努めます。

■ 概要
1.コーチング担任による個別サポートで、自律学習を最大化
2.教育とITの融合
3.チーム学習で非認知能力を育成

■ 開講コース
(1)高校卒業資格を目指す 「スマートスタディⅠ」
(2)希望進路を実現する 「スマートスタディⅡ」
(3)専門性を身につける 「スマートスタディⅢ」

詳しくはプレスリリースを御覧ください
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000040238.html

【学年集会】2学年集会を実施し、2年生としての行動指針を決めました~「考える学年」から「考え行動する学年」へ~ 21.04.17

今年度初となる2学年集会を実施しました。定期的に学年集会を実施し、今必要なこと、今後取り組めることなど、方向性を生徒・職員で共有し、集団としての質を高めていっています。今回の学年集会は、今年度からさいたまキャンパスに赴任された横山学年主任から2学年方針の発表がありました。
この学年は、1学年時に「自ら考える」ということを大切にしてきました。その上で、2学年では「考えた上で、行動を起こす」を1年間意識して過ごしてほしいという話が学年主任からありました。
自主的にメモを取りながら聞く姿は新年度をスタートする上で、とてもすばらしい姿勢でした。また、メモも板書やパワーポイントを写すだけでなく、自分が大切だと思ったことを選んで取っている生徒が多く、これを継続してほしいと思います。

【転入生歓迎会企画!】レクリエーション実行委員会始動!~主体性・多様性・協働性を活動に生かしていきます~ 21.04.16

クラーク国際さいたまキャンパスは、学習以外の委員会活動や部活動等も充実しています。
 2学年では4月から新たに転入生も加わったことから、学年全体で歓迎の想いを込めて、交流会を行うと、レクリエーション実行委員会が始動しました。
 今回の実行委員会では、交流会で行うレクリエーションの内容をメンバーで話し合いました。話し合いの司会なども生徒が務め、積極的に意見を交換していました。
クラーク国際さいたまキャンパスでは、総合学習の一環としてキャリア学習を取り入れています。キャリア学習では、知識・技能だけでなく、「主体性・多様性・協働性・思考力・判断力・表現力」の6つのスキルをどう高校生活中に身に付けていくのかをグループワークを通して学んでいます。
この実行委員会でもキャリア学習で学んだスキルが発揮され、1人1人の意見を活かしながら、準備を進めることができました。

【インターナショナル専攻】英語に特化したインターナショナル専攻!~英語ディスカッションコンテストの決勝に出場します~ 21.04.15

クラーク高校さいたまキャンパスには6つの専攻があり、午後はすべて専攻ごとの授業となります。本日はその中のインターナショナル専攻を紹介します。
インターナショナル専攻は、その専攻名から分かるように英語に特化した専攻です。ネイティブの教員が常に授業を行っており、週10時間オールイングリッシュの授業を受けることができます。オールイングリッシュと聞くとハードルが高いと感じる生徒もいると思いますが、さいたまキャンパスのインターナショナル専攻は3つの習熟度クラスがあり、自分に合った習熟度クラスで楽しんで英語力を伸ばすことができます。
 特に生徒の英語4技能すべてを伸ばすということを目標にしており、WritingとSpeaking分野の更なる強化を図るため、クラーク国際全キャンパスを対象に英語ディスカッションコンテストが開催されます。
 「未来のリーダーにひつような資質は何か?」というテーマでスピーチを行い、最優秀賞を受賞した生徒は、英国教育体験プログラムの参加費が免除となります。
 大学受験のための英語ではなく、一生使える英語力の育成を目指して、さまざまな取り組みをしています。

【基礎学習】基礎学力オールチェックテスト~中学校までの学習内容を確認し、新たな自分に生まれ変わるための第一歩~ 21.04.14

クラーク記念国際高等学校さいたまキャンパスでは、1年生を対象に入学直後の4月から「基礎学力オールチェックテスト」を実施しています。このテストは、国・数・英の3教科の中学校までの内容を細かな単元ごとに分けたテストとなっており、自分がどこまで理解しているか、どこでつまづいているかを徹底的にチェックすることができます。これを行うことで生徒たちは、どこの単元を復習すれば中学校までの学習が定着するかが見えます。今後はこのテストの結果を元にして、わからない単元部分の補講を行っていき、クリアした生徒達で協力しながら学年で協力してテストに取り組んでいきます。クリアした生徒にとっても、理解・覚えたことを人に教えることで知識が定着し、学力向上につながっていきます。スモールステップで苦手を克服し、補講後は習熟度別授業で学力を更に伸ばしていくことができるのが、さいたまキャンパスの学力向上システムです。

【学校生活】新学期がスタート!今日から授業開始~新たな学年、新たなクラス、新たな授業で生徒の気持ちも高まります~ 21.04.13

本日より授業がスタートしました。それぞれ新たな学年となり、今までは触れてこなかった分野の科目の授業も始まりました。2年生にとっては、昨年は「生物基礎」だった理科科目が、今年度は「化学基礎」に代わり、また本格的に古典を学習できる「古典B」などの授業がスタートしました。ほかにも、世界史や数学Ⅱなど、学年が上がると同時に科目の難易度も上がります。
クラーク国際さいたまキャンパスでは、科目別習熟度別授業を行っており、自分の得意不得意に合わせて難易度別で授業を受けることができます。
生徒たちは今年度の目標を新たに、授業に臨んでいました。

【学習体制】クラーク独自の学びの形「全日型通信」で、生徒一人ひとりの才能開花を目指します! 21.04.12

クラークは、通信制高校でありながら制服を着て週5日キャンパスに通う「全日型通信」という独自の学びのスタイルを展開し、生徒一人ひとりに合った教育を行い大きな教育成果を収めています。

一般の全日制高校では、卒業に必要な単位を履修する授業が大半を占めています。そこで、クラークが開校時に着目したのが通信制。もともとは働きながら学ぶ人向けのシステムですが、
この就労時間分を、クラークではコースや専攻、選択授業などで「好き」や「得意」を伸ばす時間として活かしてきました。午前は習熟度別授業で基礎から応用までをしっかりと学び、午後は生徒の選んだコースや分野をとことん学ぶ革新的なシステム。長期留学や、より専門的な学びなどが行えるのも「全日型通信」ならではの特徴です。

この革新的なシステムにより、学力が向上して近年では国公立大学や難関私立大学への進学者が増えているだけでなく、スポーツなどの分野においても数多くの成果を収めています。

写真はイメージです

(1021件中 1件〜7件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。