キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2641件中 218件〜224件目)

【インターナショナル専攻】総復習テスト正答率70%を出したインターナショナル専攻基礎クラスの生徒たち   18.07.14

インターナショナル専攻、基礎クラスの英会話表現の授業が行われました。この授業は、ネイティブから生きた英語を学び、4技能(スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング)のうち主にスピーキングとリスニングの力を向上させることを目的としています。7月に入り、前期末試験の範囲が終わったため、今まで学んできた英会話表現の定着を図るための総復習の筆記テストが実施されました。結果、生徒数30人の平均正答率を出したところ、正答率が70%に到達しました。授業が始まった5月当初は、生徒たちは、英語を聞くこと・話すことに不安を持っていたり、人前で話すことに勇気を出せなかったりしました。しかし、授業が進むにつれて、聞くこと・話すことに対する苦手意識を徐々に克服し、勇気を出して英会話に挑戦できるようになってきました。この勢いで前期末試験だけではなく、英語で英語を学ぶことに自信をつけて、これからも挑戦してもらいたいです。

【総合進学専攻】 マーク対策国語の授業を通して、センター試験を勝ち抜く学力を身に付けています! 18.07.13

さいたまキャンパスには、生徒の持つ「好き」という気持ちや、興味・関心のある分野、得意なことを、楽しみながら伸ばしていく専攻授業を展開しています。

総合進学専攻では、様々な選択授業を生徒が自ら組み合せ、自分に合ったカリキュラムで授業を受けることができます。基礎学力をしっかり身につけながら、大学進学に向けて、また、資格・検定の取得に向けてなど幅広く学ぶことができる魅力の多い専攻です。総合進学専攻の授業を通して、自分に自信をつけることが更なる学業意欲へと繋がっていきます。総合進学専攻は、一人一人の目指す進路に向けた時間割を組み、学びを深めることもできる専攻です。
今回は、総合進学専攻で大学受験を目指して学習を進めている、2学年の生徒に授業について聞いてみました。

私は月曜日にマーク対策国語という授業を受けています。マーク形式の国語は、授業を受けるまで難しいなと思っていましたが、授業の回数を重ねていく中で徐々に注目すべきポイントや筆者の意図などがつかめるようになりました。私が授業の中で最もお気に入りなのが小説の読解です。私はもともと小説を読むことが好きなので、読んだことのある小説などを深掘りするのはとても楽しかったです。この授業は楽しいだけでなく大学受験にも役に立つのでお気に入りの授業です。(2学年 柴山さん)

総合進学専攻の授業は、生徒の意欲・関心を高めながら、同時に学力を伸ばすことのできる時間となっています。

 【情報コミュニケーション専攻】 ~ビジネスプランシートに向けて第三者にも理解共感してもらえるような伝わりやすいプランをまとめよう!~   18.07.12

情報コミュニケーション専攻では、毎週木曜日にITビジネスという授業を行っています。この授業は、第6回高校生ビジネスプラン・グランプリに向けてビジネスプランシートの完成を目標としている授業です。
また半年間のうち2回、日本政策金融公庫の小川さんに授業に来ていただいています。
前回の授業では、5月に【ビジネスアイディアの作り方~基礎編~】を授業して頂いた内容で班ごとにビジネスプランを考え進めてきました。

今回は、【ビジネスアイディアの作り方~実践編~】をテーマに、小川さんに授業をして頂きました。商品サービス・顧客・経営資源・収支計画について学び、ビジネスの最終的な目的である【お金をもらう】ことを課題に、班ごとに考えているビジネスは、誰からお金を得ることができるのかを考えることができました。
最後に、このプランは、第三者に理解や共感をしてもらえるような伝わりやすいプランかどうかを確認するために、他の班とプラン案を交換する機会がありました。他の班からの意見を聞き再度考えていく課題も見つかる授業になったと実感しました。

【試験】 各学年、様々な思いを持って臨む前期末試験が始まりました! 18.07.11

さいたまキャンパスでは、7月9日(月)より3日間の前期末試験が始まりました。
この試験は、1年生にとって入学後初めてとなる定期試験であり、皆、緊張した面持ちで問題に向き合っていました。
また、3年生にとっては、進路で非常に重要となる前期の成績に関わる試験と言うこともあり、問題に取り組む姿勢はとても真剣なものとなっていました。
2年生も、昨年と同様、放課後などを通して熱心に試験対策に取り組む姿が見られており、各学年が、それぞれの思いを持って、前期の学習の成果を発揮できるよう頑張っています。
日頃の学習や、試験前の努力が実を結ぶことを願っています。

【インターナショナル専攻】使える英語力の向上を!ネイティブの先生を紹介します 18.07.11

さいたまキャンパスには、5つの専攻があります。その中の1つであるインターナショナル専攻は、2つのクラスに分かれており、英語を基礎から学ぶベーシッククラスと、英語を活用していくアドバンスクラスがあります。本日は、アドバンスクラスを担当しているTJ先生を紹介したいと思います。

TJ先生は、アメリカのロサンジェルス出身で20年以上前から日本で生活しています。4年前からさいたまキャンパスのインターナショナル専攻で授業をしています。また、金曜日の午後のICCゼミも担当しています。授業だけでなく、英語検定の2次対策や、3年生に向けた受験指導を行うこともあります。くだものが好きで、特に林檎が好物です。たくさんの趣味を持っていますが、特に音楽が好きで文化祭ではDJをしたこともあります。

【スポーツ教育専攻】理論的にコミュニケーションを学ぶ 18.07.10

スポーツ教育専攻の火曜日は、コミュニケーションについて座学で学びます。スポーツに限らず、社会生活においてコミュニケーションは必要不可欠なものでありながら、コミュニケーションの取り方は誰かが教えてくれるものではありません。ここでは、コミュニケーションを理論としてとらえ、学びを深めています。今回の授業では、多くの人とコミュニケーションをとるためのアプローチの仕方を学びました。普通の教科授業では学べないものを学べるのが、クラークの専攻授業の特色です。

【総合進学専攻】前期末試験に向けて話し合い活動で理解を深めよう~  18.07.09

総合進学専攻の英語読解の授業が行われました。この授業は、入試問題に対応できる英語の読解力を向上させることを目的にしています。7月に入り、前期末試験の範囲が終わったため、今まで学んできた英文の総復習が実施されました。結果、生徒35人がしっかり本文の内容を理解できるようになりました。授業が始まった5月当初は、生徒たちは、英文の解釈の仕方に不安を持っていたり、段落の中で筆者の主張を把握することに根拠が見いだせず戸惑いを感じたりしていました。しかし、授業が進むにつれて、英文解釈に対する苦手意識を徐々に克服し、本文内容がどのようなものかを理解できるようになってきました。この勢いで、自信をつけてこれからも挑戦していってほしいと思います。

(2641件中 218件〜224件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。