キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2795件中 218件〜224件目)

【フットサルゼミ】スポーツでの絆はずっと続く~3年生から最後のメッセージ~  18.12.21

クラーク高校の特色であるゼミ授業では、自分自身の「好き」を伸ばすことができます。先日は、今年度最後のゼミ授業となりました。フットサルゼミでは「バルドラール浦安」の新造コーチの計らいで、毎年3年生から後輩たちへメッセージを送ることが恒例となっています。3年間フットサルを続けてきて感じたことやぜひ次年度もフットサルを続けて欲しいという思いを後輩たちへ伝えました。新造コーチからも、3年間ゼミで関わることができて楽しかった、卒業後も顔を出しに来てほしいとの言葉がありました。フットサルゼミを受講している3年生はフットサル部に所属している生徒が多く、「好き」を伸ばすことによりフットサル部は定通制高校のサッカー部門でクラークさいたま初となる関東大会への出場という実績を残しました。メッセージを託された後輩たちへも、今後更なる成長に期待が集まります。

【保育・福祉専攻】ピアアシスタント専門課程の授業でレクリエーションを企画し実践しました 18.12.20

保育・福祉専攻では、ピアアシスタントという心理学やカウンセリング技術、コミュニケーションワークなどを通じて生徒同士の支えあいについて考える授業、なおかつ資格取得を目指せる授業を開講しています。この授業では、基礎課程と専門課程に分かれており、専門課程では実践を通してお互いにサポートをするためにどのような視点を持つべきかなどを考えていきます。
今回は中学生に向けて、アイスブレーキングとなるようなレクリエーションを企画し、実践する授業でした。今回のチームは、新聞を使ったワークを行いました。言われたお題の言葉を探し出すのですが、グループによっては誰が何の文字を探すのか作戦を練って参加する姿が印象的でした。
今後こうした活動を実習先で実践する機会もあるかと思います。こうした活動を通じて、主体的に物事に取り組む姿勢を育んでいます。

【学習体制】クラーク独自の学びの形「全日型通信」で、生徒一人ひとりの才能開花を目指します! 18.12.19

クラークは、通信制高校でありながら制服を着て週5日キャンパスに通う「全日型通信」という独自の学びのスタイルを展開し、生徒一人ひとりに合った教育を行い大きな教育成果を収めています。

一般の全日制高校では、卒業に必要な単位を履修する授業が大半を占めています。そこで、クラークが開校時に着目したのが通信制。もともとは働きながら学ぶ人向けのシステムですが、
この就労時間分を、クラークではコースや専攻、選択授業などで「好き」や「得意」を伸ばす時間として活かしてきました。午前は習熟度別授業で基礎から応用までをしっかりと学び、午後は生徒の選んだコースや分野をとことん学ぶ革新的なシステム。長期留学や、より専門的な学びなどが行えるのも「全日型通信」ならではの特徴です。

この革新的なシステムにより、学力が向上して近年では国公立大学や難関私立大学への進学者が増えているだけでなく、スポーツなどの分野においても数多くの成果を収めています。

【行事】1学年冬季北海道体験学習!マナーを意識し、規則正しい集団生活の5日間を過ごしています!~元気の泉キャンパス名物!三浦校長先生考案!三浦鍋を食べました!~ 18.12.18

クラーク高校では、1年次に冬季北海道体験学習、2年次に夏季北海道体験学習を実施しています。北海道体験学習は、北海道本校のすぐそばにある「北の大地 元気の泉キャンパス」で行われます。

今回も引き続き、冬季北海道体験学習の様子をお届けします。
北海道体験学習では、元気の泉キャンパスにて栄養満点の食事を楽しむことができます。中でも「三浦鍋」は大人気の名物メニューです。
この鍋は、三浦雄一郎校長先生がエベレスト登頂時に食べた鍋で、どの生徒も美味しい、美味しいと笑顔で食事を楽しむことができました。
また、普段の食事でも、おかわりを何杯もする生徒も見られ、高校生らしい食欲旺盛な姿が見られました。

【情報コミュニケーション専攻】コンピュータの中核をなすアルゴリズムとは?                   18.12.18

さいたまキャンパスの情報コミュニケーション専攻では、今年度より新しく「アルゴリズム」の選択授業があります。アルゴリズムを一番簡単に説明すると「手順」のことですが、コンピュータの世界ではこのアルゴリズムが最も重要なポイントになります。
例えば、40000語の辞書で単語を探すときに、1単語ずつ辞書を検索したときは、運が良ければ1回で検索できますが、運が悪いと4万回目に検索が完了しますね。一方、二分探索法というアルゴリズムを使えば、どんな単語でも16回で検索が完了します。これを学ぶのが「アルゴリズム」の時間です。
さいたまキャンパスでは、ここに「レゴ・マインドストーム」というツールを使用して実践的に学んでいます。何らかのミッションに対してそれを遂行するために必要な条件を満たしたロボットを作成し、適切なアルゴリズムに従ってプログラムを組んでいます。試行錯誤の授業ですが、チーム毎に協力しながら学んでいます。

【お知らせ】朝日新聞出版よりAERAムック「クラーク記念国際高等学校 BY AERA」が全国書店で発売中!  18.12.17

このたび、朝日新聞出版社より「クラーク記念国際高等学校 by AERA」が発売されています!

当校では1992年の開校から今日まで、多種多様で柔軟な、生徒一人ひとりに合わせた教育を行い、多方面からその教育内容にご注目をいただいています。その教育が朝日新聞出版の目に留まり、開校25周年を迎える節目の2017年、本ムックの出版に関する打診がありました。そして1年以上に渡る取材の末、5月10日(木)、ついに発売となりました!
 
本ムックは通常、大学ムックシリーズとして発刊され、これまで東京大学や京都大学をはじめ、早稲田大学、明治大学、青山学院大学など多くの大学を取り上げて発行しています。そして今回クラークでの発刊は、国内の高校としては初めての試みとなりました。
 
本ムックでは、1992年に「全日型通信制」という新たな仕組みを開発した当校にしかない、当校にしかできない教育がふんだんに紹介されています。「夢・挑戦・達成」の行動指針の元、数多くの個性あるコース、学力向上し難関大学へ進学する生徒、海外へ飛び出して自分自身を見つける生徒など、生徒一人ひとりが大きく成長していく、そのストーリーを感じてもらえるムックとなりました。

 【行事】1学年、冬季北海道体験学習へ!~6つのスキルを生かした集大成行事としての5日間を過ごしています~                         18.12.16

クラーク記念国際高等学校では、1学年の冬と2学年の夏に、5日間の北海道体験学習を実施しています。
北海道体験学習では、北海道本校のすぐ近くにある日本最大級の宿泊・研修施設「北の大地 元気の泉キャンパス」にて、5日間の共同生活を行います。本格的なスポーツ施設を完備し、様々な自然体験ができる実習施設も併設しており、冬は近隣のスキー場でスキーを体験します。大自然の中で仲間と共に過ごす5日間は、1学年最後の学年行事であり、この1年の集大成としての成長の機会となります。

今回は、12月13日より、さいたまキャンパス、所沢キャンパス合同で北海道を訪れている1学年の生徒の様子をお届けします。

早速2日目からスキー実習が始まり、どのグループも非常に成長が早いとインストラクターの先生からお褒めの言葉をいただきました。転んでも、北海道のパウダースノーで痛くありません。転びながらもどんどん上達していく姿が見られました。

また初日は、5日間も家族から離れたことのない生徒も多く、中には人生初の飛行機に不安を感じている生徒もおりました。
そんな中、実行委員や各班長を中心に良い声掛けをし合い、良い雰囲気の中で、体験学習前半を過ごしています。毎晩班長会議を行い、1日の反省点を出し合うことで翌日に繋げています。
今までキャリア学習で培った、主体性、多様性、協働性、思考力、判断力、表現力という6つのスキルを意識して、北海道体験学習の中でたくさん気付きを得て欲しいと願っています。

(2795件中 218件〜224件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。