キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2565件中 225件〜231件目)

【もりあげ】氷川の杜・蛍再生プロジェクト始動! 18.05.14

氷川神社に蛍を復活させる「氷川の杜・蛍再生プロジェクト」にクラークさいたまは今年も参加します! 13日(日)は6月の蛍放流の準備として、水路と水源の清掃と外来生物駆除を行いました。
これまで蛍再生の要である水源の整備を行っていきましたが、その中で、水質の問題が分かってきました。蛍が生育するためにはカワニナなどの淡水性貝が不可欠ですが、氷川の水は鉄分が豊富なため反って貝にとって住みにくい環境だったようです。
そこで今年度は、「蛍池」と名付けられた水源を用意し、そこの水を砂などで濾過し鉄分を除去する水路を用意し、カワニナの養殖を始めました。その周辺整備が今日のボランティア活動です。
明治時代までは蛍の産地だった氷川の杜、その姿を取り戻すためにもりあげ隊は頑張ります!

ちいさな水源ですが、これが蛍池です!

蛍池から貯水池までの水路も清掃対象です。茶色なのは鉄分です。

新メンバーもずぶ濡れになりながら頑張りました!

【もりあげ】スポーツフェスティバル2018をもりあげ! 18.05.13

今年も新入生の新規隊員も入隊し、おおみやもりあげ隊は50人オーバーでのスタートが切れました。ゴールデンウィークあけの最初の土日は、さいたま市内でもあちこちでお祭りやイベントが開催され、おおみやもりあげ隊も複数箇所同時に活動してきました。
12日(土)はさいたまスーパーアリーナで開催された、スポーツフェスティバル2018のボランティアに参加し、東京ガス主催の競技用義足体験コーナーの運営をしてきました。最初は見よう見まねでの応対でしたが、すぐに義足の装着や補助に慣れ、最後には受付から終了までをもりあげ隊だけでできるようになっていました。
ボランティアは人への奉仕でもありますが、自分を成長させる良い教材でもありますね。

【お知らせ】朝日新聞出版よりAERAムック「クラーク記念国際高等学校 by AERA」が全国書店でついに発売! 18.05.13

このたび、朝日新聞出版社より「クラーク記念国際高等学校 by AERA」が発刊されます!

当校では1992年の開校から今日まで、多種多様で柔軟な、生徒一人ひとりに合わせた教育を行い、多方面からその教育内容にご注目をいただいています。その教育が朝日新聞出版の目に留まり、開校25周年を迎える節目の2017年、本ムックの出版に関する打診がありました。そして1年以上に渡る取材の末、5月10日(木)、ついに発売となりました!
 
本ムックは通常、大学ムックシリーズとして発刊され、これまで東京大学や京都大学をはじめ、早稲田大学、明治大学、青山学院大学など多くの大学を取り上げて発行しています。そして今回クラークでの発刊は、国内の高校としては初めての試みとなりました。
 
本ムックでは、1992年に「全日型通信制」という新たな仕組みを開発した当校にしかない、当校にしかできない教育がふんだんに紹介されています。「夢・挑戦・達成」の行動指針の元、数多くの個性あるコース、学力向上し難関大学へ進学する生徒、海外へ飛び出して自分自身を見つける生徒など、生徒一人ひとりが大きく成長していく、そのストーリーを感じてもらえるムックとなりました。
 
ぜひとも全国の書店等でお買い上げいただき、クラークの教育力を感じてください!
 
▼クラーク記念国際高等学校 by AERA販売ページ(Amazon)
http://amzn.asia/6VyFyFb

【中学生対象】5月26日(土)に学校説明会を実施します 18.05.12

5月26日(土)に学校説明会を実施します。予約定員制となっております。こちらのホームページより予約できますので、お早目のご予約をお勧めいたします。

【学校説明会内容】
学校紹介DVD上映・学校説明・入試説明・在校生による学校生活紹介・在校生による学舎案内・個別相談など

■入学試験の出願条件として、必ず本人及び保護者の方の学校説明会へ参加し、個別相談を受けることが必要になります。ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください

予約された方で都合によりご参加できなくなってしまった場合は、恐れ入りますが毎回キャンセル待ちの方もいらっしゃいますのでHPまたはお電話でご連絡をいただけたらと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております

【学習体制】クラーク独自の学びの形「全日型通信」で、生徒一人ひとりの才能開花を目指します! 18.05.11

クラークは、通信制高校でありながら制服を着て週5日キャンパスに通う「全日型通信」という独自の学びのスタイルを展開し、生徒一人ひとりに合った教育を行い大きな教育成果を収めています。

一般の全日制高校では、卒業に必要な単位を履修する授業が大半を占めています。そこで、クラークが開校時に着目したのが通信制。もともとは働きながら学ぶ人向けのシステムですが、
この就労時間分を、クラークではコースや専攻、選択授業などで「好き」や「得意」を伸ばす時間として活かしてきました。午前は習熟度別授業で基礎から応用までをしっかりと学び、午後は生徒の選んだコースや分野をとことん学ぶ革新的なシステム。長期留学や、より専門的な学びなどが行えるのも「全日型通信」ならではの特徴です。

この革新的なシステムにより、学力が向上して近年では国公立大学や難関私立大学への進学者が増えているだけでなく、スポーツなどの分野においても数多くの成果を収めています。

【新入生】入学式から一ケ月。クラスの雰囲気も変わってきました。  18.05.10

入学式から約一ヶ月が経ちました。慣れない環境ながらも、必死に対応していこうと日々生徒たちは頑張っています。この日のロングホームルームでは、クイズ大会や「私のカードはなんでしょう?」というレクリエーションを行い、生徒同士の親睦を深めました。最初は皆恥ずかしがって他人に話かけることを躊躇していましたが、徐々に打ち解けることができ、授業後には席が遠い生徒同士の会話も見られました。クイズ大会では、全体のI.Qの高さに驚かされました。出題する問題にことごとく正解し、出題問題が尽きてしまうほどでした。とても楽しんでくれた様子でよかったです。

【行事】クラスの絆を深めあう ~ウォークラリー~ 18.05.09

新学期が始まって約3週間、この日の2学年は新しいクラスメイト同士の親睦を深めることを目的に、学校周辺を散策するウォークラリーを行いました。
ウォークラリーは班ごとに出された問題を解くことで、回るべきポイントを探りだし班員と共に記念写真を撮り、次のポイントを目指す形式で行いました。
今回生徒たちが巡ったポイントは、刑場に送られる罪人が最後の別れをした涙橋、富士山を模して作った塚の上に神社を祀った浅間神社、伝説が公園名の由来となった鐘塚公園などです。普段、何げなく通り過ぎている大宮の様々な場所を、仲間と共にめぐることで新たな大宮を発見するとともに、その途中途中では大宮名物の団子やベーグル、せんべいなどを仲間と頬張りながら、新たな仲間との絆を深めあっていました。

(2565件中 225件〜231件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。