キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2797件中 225件〜231件目)

【お知らせ】朝日新聞出版よりAERAムック「クラーク記念国際高等学校 BY AERA」が全国書店で発売中!  18.12.17

このたび、朝日新聞出版社より「クラーク記念国際高等学校 by AERA」が発売されています!

当校では1992年の開校から今日まで、多種多様で柔軟な、生徒一人ひとりに合わせた教育を行い、多方面からその教育内容にご注目をいただいています。その教育が朝日新聞出版の目に留まり、開校25周年を迎える節目の2017年、本ムックの出版に関する打診がありました。そして1年以上に渡る取材の末、5月10日(木)、ついに発売となりました!
 
本ムックは通常、大学ムックシリーズとして発刊され、これまで東京大学や京都大学をはじめ、早稲田大学、明治大学、青山学院大学など多くの大学を取り上げて発行しています。そして今回クラークでの発刊は、国内の高校としては初めての試みとなりました。
 
本ムックでは、1992年に「全日型通信制」という新たな仕組みを開発した当校にしかない、当校にしかできない教育がふんだんに紹介されています。「夢・挑戦・達成」の行動指針の元、数多くの個性あるコース、学力向上し難関大学へ進学する生徒、海外へ飛び出して自分自身を見つける生徒など、生徒一人ひとりが大きく成長していく、そのストーリーを感じてもらえるムックとなりました。

 【行事】1学年、冬季北海道体験学習へ!~6つのスキルを生かした集大成行事としての5日間を過ごしています~                         18.12.16

クラーク記念国際高等学校では、1学年の冬と2学年の夏に、5日間の北海道体験学習を実施しています。
北海道体験学習では、北海道本校のすぐ近くにある日本最大級の宿泊・研修施設「北の大地 元気の泉キャンパス」にて、5日間の共同生活を行います。本格的なスポーツ施設を完備し、様々な自然体験ができる実習施設も併設しており、冬は近隣のスキー場でスキーを体験します。大自然の中で仲間と共に過ごす5日間は、1学年最後の学年行事であり、この1年の集大成としての成長の機会となります。

今回は、12月13日より、さいたまキャンパス、所沢キャンパス合同で北海道を訪れている1学年の生徒の様子をお届けします。

早速2日目からスキー実習が始まり、どのグループも非常に成長が早いとインストラクターの先生からお褒めの言葉をいただきました。転んでも、北海道のパウダースノーで痛くありません。転びながらもどんどん上達していく姿が見られました。

また初日は、5日間も家族から離れたことのない生徒も多く、中には人生初の飛行機に不安を感じている生徒もおりました。
そんな中、実行委員や各班長を中心に良い声掛けをし合い、良い雰囲気の中で、体験学習前半を過ごしています。毎晩班長会議を行い、1日の反省点を出し合うことで翌日に繋げています。
今までキャリア学習で培った、主体性、多様性、協働性、思考力、判断力、表現力という6つのスキルを意識して、北海道体験学習の中でたくさん気付きを得て欲しいと願っています。

【学習支援】わかる楽しさを体感!主要科目はすべて教科別・3段階の習熟度別授業! 18.12.15

さいたまキャンパスでは、学習の理解度に応じて「教科別・習熟度別授業」を実施しています。そのきめ細やかな習熟度分けは国語・数学・英語ですべてが3段階に分かれています。それぞれの理解度に合わせた授業を受けることが出来るため、苦手教科に関しては、これまで理解出来なかったことが分かるようになり、得意教科に関しては、より高みを目指して学習することが出来ます。

また、クラスは学年進級時と定期試験ごとに変わるため、常に理解度に合った授業を受けることができ「わかる楽しさ」を実感できます。

【総合進学専攻】 政治経済の授業で憲法の条文の意義を考え、深く広い知識を身に付ける。 18.12.14

さいたまキャンパスでは、生徒の好きや興味を伸ばすための専攻授業を、月曜日から木曜日の5・6限の時間を使って実施しています。今回はそんな専攻授業の中から、総合進学専攻、「政治経済」の受験対策の様子をご紹介します。
今回、政治経済の授業では、基本的人権の尊重について、復習も兼ねた解説を行いました。基本的人権に関する憲法の各条項が「なぜ必要なのか?」をテーマとして考え、また、各条項がどのように関連し合っているのかを考察しながら授業を進めることで、生徒たちは主体的に学ぶ姿勢を身に付けると共に、着実に知識を定着させていくことができます。

【手芸工芸ゼミ】フェイクフードでスプーンにデコレーションしてみよう 18.12.13

クラーク記念国際高等学校では、毎週金曜日の5・6時間目に、総合学習の一環としてゼミ授業が実施されています。このゼミ授業は、普通教科にとらわれない、特色ある授業を選ぶことができます。さいたまキャンパスでは手芸工芸ゼミという、ものづくりを通して自信を伸ばす授業があります。
今日の授業では生徒がワークショップを企画し実践する授業でした。今日のワークショップはフェイクフードを使ったスプーンの形の置物を作成しました。生徒の中にパテシィエを目指している生徒がおり、中心になりながら上手に作成するコツをみんなに伝えていました。自分の得意を伸ばす場をどんどん作っていくことができるのがゼミの魅力です。

【スポーツ教育専攻】 専門知識と技能をプロから学ぼう!!                   18.12.12

さいたまキャンパスには、生徒の好きや得意を伸ばすための専攻授業を、毎週月曜から木曜日の5・6時間目を使って行っています。
今回は、そんな専攻授業の中から、スポーツ教育専攻の取り組みをご紹介します。

スポーツ教育専攻では、スポーツを「する」だけではなく多角的に捉える授業です。

「スポーツ実践」の授業では、プロフットサルチームの講師をお招きし、初心者から経験者まで幅広いレベルの生徒たちが、技術の習得に励んでいます。実践の授業では、フットサルだけではなく、様々なスポーツを学びます。

トレーニングの授業には、実際に体を動かす「トレーニング実践」だけでなく、体を鍛える上で必要な専門知識を学ぶための「トレーニング理論」という授業があります。理論を学んだ上で、それを実践することで、生徒たちは専門的なトレーニングの知識をしっかりと身に付けることができます。

また、スポーツの場や日常で活かせる心理学やコーチング学を学ぶ「コミュニケーション論」で、協働性や表現力を成長させます。

「国際スポーツ理論」では、大学の教授をお招きし、スポーツをビジネス面から考察したり、マイナー競技やニュースポーツを体験したり、スポーツに対する多様性を養います。

【インターナショナル専攻】 レベル別のオールイングリッシュ授業!                   18.12.11

さいたまキャンパスには、生徒の好きなことや得意を伸ばすための専攻授業を、毎週月曜から木曜日の5・6時間目を使って行っています。
今回は、そんな専攻授業の中から、インターナショナル専攻の取り組みを、授業の様子を通してご紹介します。

インターナショナル専攻では、Advance(A/応用)クラスと、Basic(B/基礎)クラスの2つのレベル別クラスに分かれて、ネイティブの教員によるオールイングリッシュの授業を展開しています。
また、インターナショナル専攻では、「英語を学ぶ」という一般的な英語の授業から一歩先に行き、「英語で学ぶ」をコンセプトにした授業を行っています。そのため、授業内では、英語で小論文を書いたり、英語のニュース映像を見たりするなど、「英語を活用する力」を伸ばすためのプログラムが多く取り入れられています。

英単語や英会話を学び、それを実際に活用することで、生徒たちの英語力は大きく向上し、自信を持ってTOEICや留学に臨むことができるようになります。

(2797件中 225件〜231件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。