キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2464件中 225件〜231件目)

【ICT】 平和を守るために必要なことは? ICTを活用して考え話し合おう!!  18.01.26

さいたまキャンパスでは、1学年の生徒がiPadを持って授業に参加し、ICTを活用した学校生活を送っています。今回は、そんなICTを活用した授業の中から、現代社会の様子をご紹介します。

現代社会の授業では、現在、「国際紛争を回避するしくみ」という単元を取り上げています。今回の授業では、「そもそも国際紛争は何故発生するのか?」について、生徒たちに、自身が国家の代表になったと仮定して話し合ってもらいました。話し合った内容は、school Taktという学習用情報共有アプリに書き込んでいきます。
話し合いが一段落すると、生徒の持っているiPad上で各グループの話した内容が見られるようになり、他のグループの意見を基にさらに議論することができるようになります。

様々な生徒の意見を共有することで、考えの多様性に気付き、それを基に話し合いを進めることで、生徒たちは主体的に思考する力を身に付けながら、「国際紛争を回避するしくみ」としてどのような方策があるのかについても考えることができました。

【フットサル部】 埼玉県定時制通信制高等学校新人大会で優勝しました!! 18.01.25

1月21日(日)、県立羽生高等学校で決勝リーグが行われました。予選リーグに出場した20校から、決勝リーグに進んだ5校での総当たり戦です。先制点を許したり、ゴールがなかなか決まらなかったりと危機的状況がありましたが、結果は全てに勝利し、優勝となりました。フットサル部創立以来の快挙です。
フットサル部に所属している生徒のほとんどが、スポーツ教育専攻やフットサルゼミを受講しています。スポーツ教育専攻とフットサルゼミでは、連携しているプロフットサルチームのバルドラール浦安から専門的な指導を受けています。今回の結果は、授業で技術を伸ばしてきた結果です。

【留学支援】海外留学で夢が広がる!クラーク独自の目的別オーストラリア留学! 18.01.24

 クラーク高校では、オーストラリアにもキャンパスがあり、目的に応じて選べる独自の留学プログラムを実施しています。このプログラムは、10年以上の歴史があり、年間400名以上の生徒が留学をしています。最短3週間から最長27ヶ月まで期間を選択することができ、長期留学を行っても3年間で高校を卒業出来るようになっています。
 現地には日本人教員が駐在し、政府が認定した経験豊かなホストファミリーのもと、英語の勉強に集中して取り組める環境が充実しています。帰国後に行われたアンケートでは、95.5%の生徒が「満足」と答えています。

【学習支援】クラーク独自の学習システムで、家庭学習がさらに充実! 18.01.23

 クラーク高校では、中学校の復習から大学受験対策まで、WEBで取り組めるシステムを導入しています。まずはオリジナルの教材を使い、義務教育範囲の基礎学力が定着しているかを確認します。中学から高校レベルにおいては、学研の「マイガク」を活用し、国語・数学・英語の全295講座を好きなだけ視聴することが出来ます。また単位修得に向けて、クラークの教員による授業配信、大学受験対策では創始学園系列の大学予備校「創学ゼミナール」の授業を視聴することも可能です。
 これらの学習コンテンツは在学中に、無制限で繰り返し使用することが出来ます。学習段階別にさまざまなフォローがあるため、安心して学習に取り組めます。クラークでの授業とも連動しているので、課程での予習・復習も行うことができ、授業理解度をさらに深めることができます。

【インターナショナル専攻】 レベル別のオールイングリッシュ授業で、英語力を磨こう!!  18.01.22

さいたまキャンパスには、生徒の好きや得意を伸ばすための専攻授業を、毎週月曜から木曜日の5・6時間目を使って行っています。
今回は、そんな専攻授業の中から、インターナショナル専攻の取り組みを、昨年の授業の様子を通してご紹介します。

インターナショナル専攻では、Advance(A/応用)クラスと、Basic(B/基礎)クラスの2つのレベル別クラスに分かれて、ネイティブの教員によるオールイングリッシュの授業を展開しています。
また、インターナショナル専攻では、「英語を学ぶ」という一般的な英語の授業から一歩先に行き、「英語で学ぶ」をコンセプトにした授業を行っています。そのため、授業内では、英語の小論文を書いたり、英語のニュース映像を見たりするなど、「英語を活用する力」を伸ばすためのプログラムが多く取り入れられています。

英単語や英会話を学び、それを実際に活用することで、生徒たちの英語力は大きく向上し、自信を持ってTOEICや留学に臨むことができるようになります。

【スポーツ教育専攻】 専門知識と技能をプロから学ぼう!!                   18.01.21

さいたまキャンパスには、生徒の好きや得意を伸ばすための専攻授業を、毎週月曜から木曜日の5・6時間目を使って行っています。
今回は、そんな専攻授業の中から、スポーツ教育専攻の取り組みを、昨年の授業の様子を通してご紹介します。

スポーツ教育専攻では、プロの講師をお招きし、トレーニングや実際の競技について日々学んでいます。
トレーニングの授業には、実際に体を動かす「トレーニング実践」だけでなく、体を鍛える上で必要な専門知識を学ぶための「トレーニング理論」という授業があります。理論を学んだ上で、それを実践することで、生徒たちは専門的なトレーニングの知識をしっかりと身に付けることができます。
また、「スポーツ実践」の授業では、フットサルとダンスという2つの競技に分かれて、こちらも、プロの講師をお招きし、初心者から経験者まで幅広いレベルの生徒たちが、技術の習得に励んでいます。

【職場体験】 専攻や留学の経験を活かして、インターナショナルスクールの授業を体験しよう!!       18.01.20

さいたまキャンパスの2学年では、進路教育の一環として、毎年様々な企業のご協力頂き職場体験を行っています。そんな職場体験の中から、「ひばりインターナショナルスクール」での体験の様子をご紹介します。

今回、この職場体験に参加した生徒は、普段、インターナショナル専攻にてオールイングリッシュの授業を受けている2年生と、中期留学を通して英語を学び今年度帰国した2年生の2人です。
日頃からの専攻学習や留学経験を通して、英語力に磨きをかけてきた2人は、実際に、インターナショナルスクールに登校する小学生や幼稚園児を相手に授業を行なったり、授業のサポートを行ったりするなど、その英語力を存分に発揮することができました。

これまで磨いてきた力を、人の為に役立てる経験をしたことは、生徒たちにとって、大きな自信となりました。

(2464件中 225件〜231件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。