キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2391件中 239件〜245件目)

【スポーツ教育専攻】 ダンスの基礎から応用へステップアップ!ダンスで協調力と共にコミュニケーションを養いましょう!                         17.10.20

 さいたまキャンパスのスポーツ教育専攻では、「プロから学ぶ」ということを大切にし、トレーニングの理論や実践、ダンスやフットサルを、プロの講師の方から学んでいます。今回は、月曜日に行っているダンスの実技授業についてご紹介します。

ダンスの授業では、2時間ある中の1時間でしっかりと体をほぐすためのストレッチを行っています。ダンスでは全身の筋肉を大きく使うので、時間をかけて体を伸ばしていくことが必要になります。また、ストレッチと共に、筋肉トレーニングと体幹トレーニングも行います。5月初めの頃、体幹トレーニングでふらついていた初心者の生徒たちでも、現在では余裕を持って行えるなど、大きな成長が見られます。

現在、ダンスの授業では、新しい曲の振付を学んでいます。この曲では、全員が上達してきたことも有あり、基礎の中でも難易度が高いといわれている振付に挑戦します。

【ゼミ】 楽器のプロから直接指導を受けました!金曜日の午後はゼミ活動で自分の好きを伸ばしています!(バンドゼミ)   17.10.19

 さいたまキャンパスでは金曜日の午後2時限がゼミ授業となっています。通常の教科の授業とは異なり、13種類のゼミ授業の中から生徒は自分で選択し、得意や好きを伸ばし、自信をつけています。
 その1つのバンドゼミでは、各楽器のプロをお招きして、スタジオで直接指導を受けました。楽器のテクニックはもちろんですが、音楽業界の話や、働く上で大変なこと・やりがいを聞き、生徒たちは視野も広がったようでした。12月にはゼミ発表会もあるので、今日の指導の成果を出せるよう練習していきます!

【総合進学専攻】  模擬選挙実施!! 学年を超えてマニフェストを読むことで、広い視野から選挙を考えよう!!                          17.10.18

クラーク高校では、シティズンシップ教育推進の一環として、早稲田大学マニフェスト研究所と共同で「クラーク・マニ研モデル」という模擬選挙プログラムを開発し、取り組んでいます。
さいたまキャンパスでも、第48回衆議院総選挙に合わせて、キャンパスの所在する大宮の選挙区をテーマに、模擬選挙を実施しました。模擬選挙に参加したのは、総合進学専攻の政治経済の授業を選択している40名で、1年生から、今年有権者となった3年生まで幅広い学年の生徒が取り組みました。

クラーク高校の模擬選挙では、候補者について吟味することに重点を置くのではなく、候補者の政策を比較する“基準”にどのようなものを用いるかを考え、グループワークを通して、実際に自分たちが決めた“基準”を用いてマニフェストを比較することに重きを置いたものとなっています。
生徒たちは、マニフェストを分析する中で、「情報量の多さ」や「用語の難しさ」などを体感することができました。有権者でもある3年生からは、「自分に合った候補者がおらず、誰に投票すればよいものか…」という、選挙に真剣に向き合うからこその悩みも聞くことができました。

また、今回の授業の模様は、10月18日の読売新聞にも取り上げられました。

【学習支援】わかる楽しさを体験、自信をつけながら学力アップ!教科別・習熟度別授業! 17.10.17

 クラーク高校では、学習の理解度に応じて「教科別・習熟度別授業」を実施しています。それぞれの理解度に合わせた授業を受けることが出来るため、苦手教科に関しては、これまで理解出来なかったことが分かるようになり、得意教科に関しては、より高みを目指して学習することが出来ます。
 また、クラスは学年進級時と定期試験ごとに変わるため、常に理解度に合った授業を受けることができ「わかる楽しさ」を実感できます。

【進路】平成30年度版指定校推薦ガイド。難関大学など日本にある大学の約1/3に指定校推薦枠!! 17.10.17

クラークが全国の4年制大学・短大から頂いている指定校推薦枠は、毎年300以上。これは日本全国の私立大学・短大の約1/3であり、クラークの多くの卒業生が進学先で積み重ねてきた"信頼の証"です。
クラークでは、数多くある指定校推薦枠を、毎年夏に1冊のガイドブックを作成しており、そのガイドブックが完成しました。このようなツールを活かし、生徒の進路実現を全力で応援しています。

進路についての詳しい情報はコチラ↓
https://www.clark.ed.jp/education/results/

全国有数の難関大学にも指定校推薦枠があります

【学習】 裁判員制度を体験して、裁判に参加する意義を考えよう! 17.10.11

クラーク高校では、模擬選挙をはじめとするシティズンシップ教育に力を入れています。
さいたまキャンパスでは、模擬選挙のみならず、毎年実施している租税教育特別講習など、幅広い内容の学習を授業に取り入れています。
そんな中から、今回は、現代社会の「裁判所と司法」の単元で取り扱う、「裁判員制度」についてのグループワークをご紹介します。
今回の「裁判員制度」のグループワークでは、実際に、模擬裁判のストーリーを基にして、生徒たちが有罪か無罪かの評議を行いました。生徒たちは、一連の話し合いを通して、「曖昧な証拠に対してどう評価すれば良いのか」「冤罪の可能性が無いと言い切ることができるのか」といった裁判員制度の難しさに気付くことができました。
その上で、なぜ、裁判員制度が導入されたのかを考えることで、市民として司法の場に参加する事の意義や課題を考えることができました。

【ボランティア】 氷川神社 御親祭百五十年祭点灯式に参加 17.10.10

さいたまキャンパスの教育活動は、教室の中だけに限らず、様々な場所を学びの場として、社会で役立つ様々な実践的な教育活動を行っています。
今日、紹介するのは、さいたまキャンパスの近くにある大宮氷川神社で行われた、明治天皇御親祭150年奉祝祭 献灯点灯式にクラーク生が参加した時の様子です。
この式典は、明治天皇が大宮氷川神社を行幸し、祭儀を執り行ったときから150年目を迎えることを記念し、提灯に光を灯す式典です。
さいたまキャンパスからは1年生の小野さん、菅原さん、田部さんがこの式典に参加し、今後は、氷川神社を訪れる方へのインタビューなどを通して氷川神社をPRする活動を行っていく予定です。(これらの様子はインターネットで配信される予定です。)

(2391件中 239件〜245件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。