キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(839件中 239件〜245件目)

【行事】後期始業式が行われました〜夏休みの活躍を振り返り、気持ち新たに後期に臨む生徒たち~ 19.09.01

さいたまキャンパスでは、8月29日に後期中間始業式が行われました。
夏休みが明け、久しぶりにクラスメイトと顔を合わせ、楽しそうに話す生徒たちの姿が見られました。
始業式では、夏休みの成果発表が行われました。
クラークには充実した留学制度があり、さいたまキャンパスからもこの夏20名を超える生徒が留学へ参加しました。オーストラリアでの学びを英語で会話しながら成果、成長を発表する代表生徒たちの姿を受け、後期に留学に挑戦したいと刺激を受けた生徒もいたようです。
他にも、全国大会に出場した陸上部やサッカー部、惜しくも国体出場を逃したe-sports大会報告、地域創生をモットーにグローカルな活動をしているおおみやもりあげ隊の活動報告、学校説明会やオープンキャンパスで活躍している広報委員の活動報告など、様々な活躍をする生徒の姿が印象的な式典となりました。

【情報コミュニケーション専攻】高校生ビジネスプラングランプリ~身近な困りごとは?~ 19.09.01

今回の授業では、キャリア甲子園への取り組みの前段階として、高校生ビジネスプラングランプリに出場する準備が始まりました。まず、その一歩として、ビジネスと身近な困りごとを関連付けさせました。世の中に溢れている様々なビジネスは、大小さまざまな困りごと、ニーズから生まれていることを学ぶ機会となりました。中には、視覚障害者向けの信号機にスポットを当てているグループがありました。近隣住民への配慮として、音が鳴らない時間帯があるという点に問題意識を持ち、青信号を知らせる携帯アイテムを考案していました。

【総合進学専攻・英語演習】 繰り返し「読む」ことで総合的な英語力を身に付けよう! 19.08.30

さいたまキャンパスでは、生徒の好きや得意を伸ばすための専攻授業を5・6時間目に実施しています。今回は、そんな専攻授業の中から、総合進学専攻の授業風景をご紹介したいと思います。

総合進学専攻には、基礎から大学入試まで幅広いレベルの選択授業があり、生徒は自分にとって必要な授業でカリキュラムを作ることができます。
今回ご紹介する英語演習は、大学入試で必要とされる「リスニング」「リーディング」「ライティング」「スピーキング」の4技能を総合的に伸ばすための授業です。この授業では、英文を様々な視点から「音読」することを重視し、正しい発音による「スピーキング」だけではなく、同時に正しく英語を聞き取る「リスニング」の能力の習得を目指しています。また、多くの英文を読むことは、英語の流れや文法に対しても慣れていくことにも繋がっています。

生徒達は、英語を「読む」ことを繰り返す中で、大学入試に向けた総合的な英語力の習得を目指しています。

【学習】変化の激しい社会を生き抜く力をつける~クラークではキャリア学習を通じて、2020年大学入試改革で求められる人材育成を目指しています!~ 19.08.28

クラーク記念国際高等学校では、2020年の大学入試改革を前にし、1年次、2年次を通してキャリア学習という授業を展開しています。キャリア学習Ⅰでは、変化の激しい社会の中で生き抜くスキルとして、主体性、多様性、協働性、思考力、判断力、表現力の取得を目標にしています。
今回は「主体性」について学ぶ授業の様子をご紹介します。スポーツ選手には主体性高い人物が多いと言われていますが、現在エンゼルスで活躍されている野球選手である大谷選手が高校1年生の時、実際に「ドラフト8球団1位」をテーマにマンダラートを作成した話は有名です。大谷選手のように、実際に目標に向けてどのように取り組んでいくべきか分析すべく、生徒たちは「大学進学」をテーマにマンダラートを実践しました。

マンダラートを作成する中で今現在できている点、反対に行動に移した方が良い点に気付くことができました。今回分かった良い点や改善点を見過ごさず、もっと良い形で実践していきたいです。キャリアの時間を有効的に使っていきたいと思います!(1年 野見山さん)

【ゼミ】マンガ・アニメゼミ~意外と難しい?手をデッサンしてみよう~       19.08.27

クラークさいたまキャンパスでは、13種類あるゼミの中から、好きなものを選択して受けることができます。今日はマンガ・アニメゼミを紹介します。
マンガ・アニメゼミでは、イラストの専門学校から先生をお呼びして、イラストの描き方を学んでいます。今回は、人間の体の中でもっとも複雑で難しいとされている手をデッサンしました。色々な角度から自分の手を観察し、試行錯誤しながらデッサンを行っていました。
マンガ・アニメゼミはほとんどの生徒が初心者です。先生が1から丁寧に教えてくれるので、マンガを描いてみたい、アニメが好きな人は大歓迎しています。
好き・得意を伸ばすためのゼミ授業はさいたまキャンパスの特色のひとつです。

【保育・福祉専攻】聖学院大学で実践的に保育内容の工夫を学びました!〜考えることや表現することを楽しむ授業の仕掛け〜 19.08.25

保育・福祉専攻では、毎週上級学校での講義を受講しています。今回は聖学院大学の講義を受けた生徒をご紹介します。講義では、体験からの学びを考え、保育内容の工夫について学びました。

成長すると固定概念が自然とついてしまっているように感じました。子どもたちの作品を見て、発想力の豊かさを感じました。子どもたち自身が考え、行動できるような発問や指示、準備方法などの重要性を実感し、子どもの柔軟性豊かな発想力が生かされる能動的な仕掛けに気付くことができました。(3年桑折さん)

講義内では、実際に牛乳パックとストローを使ってタケコプターを工作しました。どんどんと工夫を重ね、発展させる子どもの目線とともに、発表や賞賛の声掛けなど先生の意図的な目線を学ぶこともできたようです。楽しく学びの実感を重ね、子どもの問いや思いを引き出す発問の工夫について学ぶ機会となりました。

【スポーツ教育専攻】コーディネーショントレーニングで瞬時の判断力を伸ばす  19.08.24

スポーツ教育専攻の水曜日は「コーディネーショントレーニング」を実際に体験しながら学んでいきます。コーディネーショントレーニングは7つの能力(定位、変換、連結、識別、反応、リズム、バランス)を鍛えるトレーニングです。今回は、マーカーを裏返すチームと、マーカーをもとに戻すチームに分かれ、タイム内にマーカーがどちらの状態が多いかを競い合うトレーニングです。瞬時にマーカーを見極めていく瞬時の判断力が必要となってきます。また、その判断に応じて体を連結させて動くこのトレーニングは、競い合うことで楽しく能力を成長させていき、本来幼少期に行うことで運動能力を伸ばしていくものです。このように楽しく実習形式で好きな事を学んでいけるのは、クラークの特色である「専攻授業」によるものです。

(839件中 239件〜245件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。