キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2316件中 246件〜252件目)

【ボランティア】子ども大学SAITAMAの入学式が行われました。  17.06.30

 体験学習を通じて子どもたちの生きる力を育もうという取り組み、子ども大学SAITAMAの入学式が行われました。クラークさいたまが関わるのは今年で3年目となります。
 小学4~6年生115名を迎え、半年間で様々な活動が行われます。クラークの果たす役割も年々増しており、これまで同様インターナショナル専攻による英語レッスンに加え、情報コミュニケーション専攻がプログラミング講座にも参加します。
 入学式後には初めて出会うもの同士が緊張感を解きほぐすために学年ごとのアイスブレイクを企画しており、そこにも先生3名と保育・福祉専攻所属でピアアシスタントの生徒6名がサポートメンバーとして登場しました。
 子ども大学はメディアの注目度も高く、テレビ埼玉やJ-COM、埼玉新聞などの取材も受け、早速夕方のニュースで取り上げられていました。

【私大英語】東洋大の過去問に挑戦     17.06.30

さいたまキャンパスでは毎週水曜日、「私大英語」という授業を行っています。担当講師は大手塾の大学受験科で長年教鞭をとられた先生です。本日は東洋大学の過去問に挑戦しました。本日のポイントは、「長文のまとまりを見つけて、そのまとまりが、どの名詞や動詞につながるかを見つけながら訳す」でした。生徒達はとても真剣に取り組んでいました。目指せ!第一志望校合格!

【速報】日本初!楽天イーグルスと完全連携の女子硬式野球部を設立!合同記者会見が 実施されました!(仙台キャンパス) 17.06.29

6月29日(木)東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地であるKoboパーク宮城にて、クラーク記念国際高等学校 仙台キャンパスの女子硬式野球部設立の記者発表が行われました!

この女子硬式野球部は、東北楽天ゴールデンイーグルスとクラーク記念国際高等学校が共同運営し、プロからの直接指導により、より早い段階から高いレベルの指導を受けながら全国制覇を目指すもの。東北では高校初の女子硬式野球部となり、かつ日本野球機構傘下球団との提携で設立・運営している女子硬式野球部はなく、日本初の取り組みです!

記者会見には楽天野球団の立花社長、クラークの校長である三浦校長も参加し、共に大きな大志を抱く女子野球選手のために全力を尽くすことを宣言!固い握手が交わされました!

昨年は北海道本校の硬式野球部が、通信制高校として初となる夏の甲子園にも出場しました!女子硬式野球部もその活躍に追いつけ追い越せで頑張っていきます!これからの仙台キャンパス女子硬式野球部(スポーツコース女子硬式野球専攻)の活躍、ぜひともご期待ください!

【情報コミュニケーション専攻】楽天ITとのコラボ授業!  実際に販売する商品の知識を深めよう!  17.06.29

情報コミュニケーション専攻の授業では、「楽天IT学校」という楽天株式会社とコラボした授業を行い、インターネットを通じて商品を実際に販売する知識やビジネス思考を身につける授業を実施しています。
この授業は、販売する側に立ち、商品を買うお客様の気持ちを考えながら、「どうしたら商品を売ることが出来るのか?」についてグループごとに話し合い、社会の即戦力になる知識、考えを学ぶことを目的としています。

今行われている企画は、タオルと布団のお店「ふわりら」さんと提携しタオルをインターネットを通じて販売することです。
タオルを販売するにあたって商品知識を学ぶために、今回はグループに分かれて①販売するタオルの特徴、②ほかのタオルにはない良い所、③商品を買うことでお客様が幸せに感じる所の3つを話し合いました。どのグループも熱心に協力し合いながら、協働性を発揮し取り組んでいました。これから完成していくページが楽しみですね。

【北海道体験学習】 レクリエーションとキャンプファイヤーを通して、他キャンパス生との交流を深めよう!!   17.06.28

クラーク高校では、2学年の夏に北海道深川市にある“元気の泉キャンパス”で宿泊体験学習を実施しています。
今回は、さいたまキャンパスと一緒に体験学習に参加した所沢キャンパスとの、生徒同士の交流の様子をご紹介します。

体験学習2日目、所沢キャンパス主催のレクリエーション大会が行われました。この大会では、最初に、両キャンパスが交流しやすくするようにボール回しなどを行い、その後、趣味が同じ生徒同士が集まって、自らの趣味の魅力を他のグループに伝えるというワークを行いました。
この活動を通して、両キャンパスの生徒の距離が近くなり、大会後の談話室では、お互いに楽しく話をする姿が見られました。3日目にはキャンプファイヤーを行い、さらに交流を深めることができました。

【学習】 農業体験を通して“食べる喜び”を感じよう!! 17.06.27

クラーク高校では、2学年の夏に北海道深川市にある“元気の泉キャンパス”で宿泊体験学習を実施しています。
今回は、さいたまキャンパスの2学年北海道体験学習の中から、農業体験と調理加工体験の様子をご紹介します。

“元気の泉キャンパス”ではナスやピーマンなどを育てている農場で、野菜を栽培・収獲する体験が行われます。今回は、ナスとピーマンの苗植え作業と、トウモロコシ畑の草取りを行いました。生徒たちは、繊細な野菜の苗を傷つけないように、真剣な表情で作業を行い、畑に多くの苗を植えることができました。
昼食は、調理加工体験に参加していた所沢キャンパスの生徒が作った野菜炒めと、さいたまキャンパスの生徒が作ったおにぎりを食べました。午前の体験を通して愛着がわいた野菜を使い仲間が作った食事は、格別に美味しく、全ての料理が完食となりました。
午後には、さいたまの生徒たちが、自分で収穫した野菜を調理加工する体験も行われ、1日を通して、食物の大切さや食べる喜びを学ぶことができました。

【学習】 北海道体験学習で雄大な自然を楽しもう!!    17.06.26

クラーク高校には、2学年の夏と1学年の冬に、北海道深川市にある“元気の泉キャンパス”で宿泊体験学習を実施しています。夏は北海道の雄大な自然の中で、農業体験や環境学習を行い、冬はスキー教室を通して生徒の自信を伸ばします。
今回は、さいたまキャンパスの2学年北海道体験学習の中から、沢登りとクラフト体験の様子をご紹介します。

沢登りは、急な斜面や沢をクラスの仲間と力を合わせて登り、山の上にある展望台を目指す体験学習です。慣れない道を歩くのは少し大変ですが、仲間と話しながら雄大な自然に触れていると、生徒たちは疲れも忘れて夢中で進むことができます。
また、途中の休憩地点では、“元気の泉キャンパス”の先生から、伐採や森づくり、動物のことなど様々な説明をして頂くことができました。

沢登りから帰った生徒たちは、昼食をはさんでクラフト体験に参加しました。この体験では、木材を使って箸やフォトフレームを作成します。午前中に触れた大自然の一端である木材を、今度は自らの手で加工する体験をすることで、生徒たちは普段見慣れない“木”という素材に親しみを持つことができました。

(2316件中 246件〜252件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。