キャンパスニュース|さいたまキャンパス|クラーク記念国際高等学校

さいたまキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(839件中 246件〜252件目)

【サイエンスデザイン専攻】きれいな水溶液と汚い水溶液を見極めてみよう 19.08.23

クラークさいたまキャンパスでは、好き・得意を伸ばすための専攻授業があります。6つの専攻授業がありますが、今日はサイエンスデザイン専攻をご紹介します。

サイエンスデザイン専攻は理系に特化した専攻で、理系の大学進学を目指しております。
今日は1年生のサイエンスBOXという実験中心の授業をご紹介します。
本日は水溶液のCODを調べる実験を行いました。CODとは化学的酸素要求量のことを言います。数値が低いほど綺麗で、数値が高いほど汚いことを表します。今日は、下水、下水を綺麗にした処理水、飲料水のサイダーの3種類CODを確認しました。すると、びっくりすることにサイダーの数値が一番高かったのです。みんなとても驚いていました。人が口にしているサイダーがなぜ数値が一番高くなってしまうのか…次回の授業で解明していきます。

【情報コミュニケーション専攻】興味ある分野の学びを極めることができる専攻授業!~WEBデザインを作ろう!~ 19.08.21

さいたまキャンパスでは、月曜日から木曜日までの午後の時間を使って、生徒が自ら選んだ6つの専攻に分かれての授業を行っています。
情報コミュニケーション専攻の「WEBデザイン」という授業を受講している生徒の声をご紹介します。

月曜日に行われている「WEBデザイン」という授業では、WEBページを作成しています。1年生、2年生、3年生が学年を越えて協力し合い作っていく楽しい授業です。私は、情報コミュニケーション専攻で自分の興味ある分野についての学習に魅力を感じ、さいたまキャンパスに入学しました。情報コミュニケーション専攻は、みんなで笑い合いながら、専門性高い内容をしっかり学んでいくメリハリのある雰囲気が魅力です。分からないことも、先生や先輩が教えてくれます。(1年新亀さん)

【行事】青春をかけたクラたま祭~準備にも情熱をかけています~                          19.08.19

クラークさいたまキャンパスでは、9月21日、22日に文化祭が行われます。

さいたまキャンパスでは、年間行事を代表する3大行事があり、それぞれ体育祭、文化祭、音楽祭があります。文化祭は、クラたま祭とも呼ばれ、毎年多くの来場者で盛り上がります。
今回は夏休み中の文化祭準備の様子を紹介します。このクラスはお化け屋敷を企画し、夏休み期間中に装飾品を作成していました。それぞれどんな装飾が必要か考え、役割分担をして活動していました。この文化祭を通して、思考力や協働性を身に付けることができます。

さいたまキャンパスにて、9月21日、22日、両日ともに様々な企画が行われます。御来場お待ちしております。

【学習】 IPADを活用して、自分の意見をみんなに伝えよう! 19.08.18

クラークさいたまキャンパスでは、iPadを活用して授業を行なっています。1年生の生物基礎の授業を紹介します。

この授業では、まずPowerPointで表示される質問に対して、教科書を読んだり、仲間と話し合ったりして、スクールタクトというアプリ内に、自分の意見を記入します。それをお互いに見ながら、「いいね」ボタンを押したり、コメントを送り合ったりします。
そして、最後みんなで答え合わせをして、知識を身につけます。このように全員が質問に対して考えて表現するなど、主体的に参加できる授業を行なっております。

【スポーツ教育専攻】Bリーグから見るスポーツビジネスの特徴と問題点 19.08.17

スポーツ教育専攻では、埼玉工業大学の小寺教授をお招きしてスポーツをビジネスの視点で捉える授業を行っています。今回は、最近話題となっているバスケットボールが題材となりました。生徒たちは、バスケットボールのリーグがあったことは認知していたものの、リーグ誕生の経緯や歴史については知りませんでした。競技者数や大会イベントの運営、マーケティング方法など、普段のニュースだけでは知ることができない知識を取り入れることができました。スポーツを「する」だけでなく「支える」側の深い知識を習得することができるのも、クラークの特色である「専攻授業」によるものです。

【学習体制】クラーク独自の学びの形「全日型通信」で、生徒一人ひとりの才能開花を目指します! 19.08.16

クラークは、通信制高校でありながら制服を着て週5日キャンパスに通う「全日型通信」という独自の学びのスタイルを展開し、生徒一人ひとりに合った教育を行い大きな教育成果を収めています。

一般の全日制高校では、卒業に必要な単位を履修する授業が大半を占めています。そこで、クラークが開校時に着目したのが通信制。もともとは働きながら学ぶ人向けのシステムですが、
この就労時間分を、クラークではコースや専攻、選択授業などで「好き」や「得意」を伸ばす時間として活かしてきました。午前は習熟度別授業で基礎から応用までをしっかりと学び、午後は生徒の選んだコースや分野をとことん学ぶ革新的なシステム。長期留学や、より専門的な学びなどが行えるのも「全日型通信」ならではの特徴です。

この革新的なシステムにより、学力が向上して近年では国公立大学や難関私立大学への進学者が増えているだけでなく、スポーツなどの分野においても数多くの成果を収めています。

【保育・福祉専攻】浦和大学にて、地域の子どもたちが利用できる『親子のひろば ぽっけ』の見学を行いました 19.08.15

クラークさいたまキャンパスでは、毎週午後の授業で特色ある専攻授業を履修し、自分だけの武器を身に付けることができます。保育・福祉専攻では、週に一回大学などにお伺いし、実際に上級学校の施設などを見学することでができます。そうすることで、早くから自分の進路について具体的にイメージしていきます。

今日の授業では地域の子どもたちが利用できる『親子のひろば ぽっけ』の見学を行いました。この施設は、地域の子どもたちがお母さんたちと一緒に来所し、お昼も学食などを利用することができます。大学生も早くから子どもたちと関われる機会となっており、沢山の学生が実習に参加していました。大学生のみなさんが本実習に向けて頑張っていらっしゃる姿を眼の前で見て、生徒達も夢が膨らみました。

(839件中 246件〜252件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。