キャンパスニュース|単位制キャンパス東京|クラーク記念国際高等学校

単位制キャンパス東京

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(86件中 1件〜10件目)

【全生徒・保護者】アコンカグア登山、ドクターストップにより中止となりました~応援ありがとうございました~ 19.01.21

本日、日本時間(21日未明/現地20日昼)、アコンカグア山頂へ向けて登山中の三浦隊から連絡がはいり、チーム・ドクターであります大城和恵先生の判断で三浦雄一郎校長の登山活動が中止となりました。
1月18日にアコンカグア・ポーランド氷河側のベースキャンプを出発し、ヘリコプターで5580m地点にはいり、その日のうちにノーマル・ルート側のプラサ・コレラ(6000m)のキャンプまで登攀いたしました。その後、山頂アタックへ向けて天候待ちの為、2日間、プラサ・コレラにて停滞をしていたのですが、この高度(6000m)での長時間にわたる生活が86歳にとって肉体的、生理的に負担がかかってきているとの判断で、これ以上、高い標高での登山活動は心不全をおこす危険があると判断され、ドクターストップとなりました。
三浦雄一郎校長本人はとても前向きで自覚として大丈夫、登れると感じていましたが、大城先生は前回(2013年)のエベレスト登山以降、主治医として三浦校長の心臓の状態をよく把握されており、三浦校長も納得してその指示に従うことといたしました。
以下は遠征隊からのコメントです。
豪太
「19日から20日、2日間このコレラキャンプにいます。この間、三浦雄一郎の状態を二晩みてきたのですが、この標高での生活がかなり肉体的そして生理的に厳しいとみました。で、先ほど、大城和恵先生からドクターストップという見解がでました」
三浦雄一郎 校長
「自分ではまだまだ行けるつもりでいたが、大城和恵先生の判断にしたがい、今回の遠征は自分としてはここで終わる。出来れば豪太たちに山頂へ向かってもらいたい。」
「僕自身、大丈夫だと、頂上まで行けるという自信はありましたけど、やはり周りでみての状況、特に大城和恵先生の判断ということで、それに従うということにいたしました。」
大城和恵(チームドクター)
「よくここまでこの肉体と年齢でがんばったと思います。ただこの標高はもう生物学的に86歳の限界です。生きて還る為に今日降りる、この判断をいたしました。ここまでよく本当にがんばられたと思います。それだけでも素晴らしい記録だと思います」

【全生徒・保護者】MIURAアコンカグア: 現地1月15日最新情報! 19.01.18

本日(現地 15 日)、 MIURA アコンカグア 2019 の最新情報をお伝えいたします。
1 月 15 日現地情報  / 計画変更 最新 ルート&スケジュール
本日、ベースキャンプにて現地ガイド、ヘリコプターパイロット、州立公園レンジャー、医師、整備士と今回のオペレーションに携わるスタッフたち総動員で段取りを再確認して、ヘリのテストフライトも行われました。ヘリにはガイドが同乗し各着陸候補地点を試した結果、アメギーノ峠から少し上の 5580 ㍍地点に決定いたしました。これにともない山頂へ向けて現時点でのロジスティックス(ルートとキャンプ地)が決まりました。大きな変更としては下山ルートがスタート地点のポーランド氷河側ではなく、ノーマル・ルート側のベースキャンプ(プラザ・デ・ミューラス)へ下るということです。
ノーマル・ルート側へ下山をする理由は今後予測される気象条件で、ピックアップを予定しているアメギーノ峠よりもノーマル・ルート側の方がヘリ稼働率の可能性が高く、許された登山活動期間内( 20 日間)で三浦雄一郎校長が登頂できる可能性を少しでも上げる為です。但し、ノーマル・ルート側はスキー滑走可能な斜面が少なく、ヘリ・ピックアップ予定地点であるニド・デ・コンドレス( 5500m )の上部で条件が良ければスキー滑走を試みます。
このことについて三浦校長にとって厳しい選択となりましたが、「サミット」か「スキー滑降」かを考慮した末、まず優先するのは「山頂を目指すこと」として、この最新案と決定いたしました。 5580 ㍍地点までヘリコプターを使用するのは三浦雄一郎だけで、他のサポートメンバー(豪太、倉岡、大城、平出、中島)は徒歩でまいります。
86 歳の肉体が標高 5 千㍍以上で標高差およそ 1500 ㍍の 7 千㍍級登山を行うという大きなチャレンジです。出発は現地 18 日( JST   18 日午後)、予定では 22 日( JST   23 日未明)の登頂を目指します。

今後とも応援よろしくお願い致します!

【全生徒・保護者】MIURAアコンカグア 豪太日記 他 現地情報公開中! 19.01.08

新年あけましておめでとうございます。
2019 年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

三浦雄一郎校長と豪太氏は年明け 1 月 2 日に日本を出発して、現在、標高 3170 mのラス・クエバスにて高所順応中です。
===== 番組 電話出演のお知らせ =========== 
8 日(火) 日本テレビ「スッキリ」  8:00~10:25  
こちらの番組内 (8:30 ~9:00) の間にて現地(三浦雄一郎校長)と
電話中継をする予定です。よろしければ是非、ご覧ください。
(※生放送の為、時間が前後する場合がございますことご了承ください)
今後も引き続き当番組にて三浦校長の状況を日々お伝えいただける予定です
=============================
また、豪太氏より 1 月 2 日 ~5 日の日記が届きましたので、
ご参考までに添付させていただきます。
豪太日記は届き次第、ミウラ・ドルフィンズの HP にアップいたしますので、
ご興味あります方は今後、下記よりご覧いただけましたら幸いです。
豪太遠征日記 ➡  http://www.snowdolphins.com/pg217.html

併せまして下記オフィシャル Facebook にて最新情報を常に更新いたします。
Facebook をアカウントをお持ちの方はフォローのほど、よろしくお願いいたします。
  MIURA アコンカグア 2019   Facebook ➡  https://www.facebook.com/miura2019/

さらに現地に同行しております朝日新聞、金子記者も日々、ツィッターと
朝日新聞デジタルにてレポートを送っておりますので、ご参考ください。
朝日新聞デジタル ➡  https://www.asahi.com/topics/word/ 三浦雄一郎.html
同行記者 金子氏ツイッター  ➡ @motokikaneko

引き続き、三浦隊をどうぞよろしくお願い申し上げます。

【全生徒・保護者】三浦雄一郎校長アコンカグア登頂応援特設サイトがオープンしました! 18.12.14

三浦雄一郎校長アコンカグア登頂応援特設サイトがオープンしました!
http://miura.clark.ed.jp
応援よろしくお願いします!

【全生徒・保護者】英検申込書・漢検申込書をアップしました。 18.12.11

クラークwebキャンパスのキャンパスからのお知らせに英検・漢検の申込書をアップしました。申込希望者は期日までに提出してください。

【留学希望生徒・保護者対象】短期留学プログラムの申込締め切りについて 18.11.26

オーストラリア留学(ケアンズ)の申込締切が近づいております。参加希望の生徒は担任まで伝えてください。疑問点などがありましたら各学年の留学担当教員までご質問ください

【全生徒・保護者】学年末試験範囲表をアップしました。 18.11.15

学年末試験範囲表をクラークwebキャンパス「キャンパスからのお知らせ」にアップしました。ご確認お願い致します。

【お知らせ】クラーク公式SNSがオープンしました! 18.11.05

この度、クラーク記念国際高等学校の公式SNS(Twitter OA、YouTube OC)がオープンしました!
ここでは、全国のクラークに関する様々な取組や情報を発信しています。
普段はなかなか知りえないクラーク記念国際高等学校の最新情報を知ることができます。

ぜひともフォロー・登録をお願いいたします!


▼クラーク記念国際高等学校 公式Twitter

https://twitter.com/Clark1992_PR


▼クラーク記念国際高等学校 公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCW4XTO5G_cNHJ2Z0o2IPpLA

【留学希望生徒・保護者対象】短期留学プログラムの申込締め切りについて 18.10.22

オーストラリア留学(スプリングフィールド)の申込締切が近づいております。参加希望の生徒は担任まで伝えてください。疑問点などがありましたら各学年の留学担当教員までご質問ください

【単位制東京】学校生活意識調査アンケートのご協力をありがとうございました! 18.10.20

先日、全フレックス学習コース対象で学校生活意識調査アンケートを実施させて頂きました。

生徒は学校にて実施、保護者の皆様にはお送りさせて頂き、ご協力を頂きました。

先日、締め切らせて頂きましたが多くの皆様にご協力を頂き誠にありがとうございました。

今回頂いたお声を今後の学校生活に大いに活かしていきたいと考えています。

(86件中 1件〜10件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。