キャンパスニュース|東京キャンパス|クラーク記念国際高等学校

東京キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(3097件中 505件〜511件目)

【パフォーマンスコース】2月舞台公演 着々と進行中! 16.12.25

現在パフォーマンスコースは、2月舞台公演「FANTASISTA」に向かって日々稽古に励んでいます。
既にダンスの振付は3本目に突入しましたが、芝居はまだ始まったばかりで台本読解に必死な状況です。
パフォーマンスコースの舞台公演は、全員が表方=役者を演ると同時に、裏方=スタッフも全員で務めます。大がかりな装置や、迫力のある照明、また本番の音響などは一流のプロスタッフに入っていただき本格的な舞台に創り上げますが、小道具や衣装、本番前までの音響、スポンサー集め、制作などは、全て生徒達の手でゼロからつくっていくのです。この経験を通して、卒業後、プロの音響・照明スタッフ、メイクさん、衣装さん、デザイナー等になって活躍する卒業生も少なくありません。

今日はその各スタッフのリーダー発表がありました。2月公演は来年を見越して、9月公演でリーダーだった3年はサポート役に回り、今までサブリーダーだった2年がリーダーに、そして1年生も初めてサブリーダーとして、各スタッフを仕切るポジションになります。
「リーダーを育てるのはメンバーの務め、メンバーの協力があってこそ」というポリシーがパフォにはしっかりとあります。新たなリーダーの誕生を祝うと共に、互いの協力を誓い合いました。
そして各スタッフの結束を胸に、ランニングへ。みんなとっても良い顔をしていました。

【ペット生命科学コース】高大連携授業で専門知識を身に付けよう! 犬へのリハビリテーションを実習も交えて学びました 16.12.25

クラーク東京キャンパス ペット生命科学コースではヤマザキ大学との高大連携授業を実施し、より専門的な学習を行っています。大学での授業体験することで、動物についてより専門的な知識を身につけるだけでなく、理系大学進学を希望する生徒にとっては、大学での授業を実際に体験できる貴重な時間です。
今回は犬へのリハビリテーションについて学びました。犬も病気やケガによって身体機能が低下します。当然、犬も病気やケガをさせないことが大切ですが、もしそうなってしまったとしても元の状態に戻すようにケアしていくことも動物医療の大切な仕事です。今回は数あるリハビリテーションの中でもマッサージにより筋肉の凝りをほぐす手法やリラックスさせる方法を学びました。犬も心地よいマッサージを受けるとあくびをし、次第に寝てしまいます。生徒たちも犬を寝かせられるよう、頑張っていましたが、大勢の人に囲まれて犬も嬉しくて興奮状態だったので、悪戦苦闘していました。「今度は自分の犬にやってあげる」と言っていた生徒も多く、『相手の立場になって相手のためになることを考える』という思いやりも育むことができたと思います。

動画を見てマッサージの手順を確認

はかりを使って強さを確認

犬もリラックスさせるために静かで落ち着いた空間つくりが大切

【終業式】半数の生徒が検定合格表彰! 努力の成果が反映され、生徒も満足気でした! 16.12.24

22日(木)に練馬文化センターで冬休み前の全校集会を行いました。今年は3連休をはさむため14日間の休みに入ります。集会では、小泉キャンパス長や教務主任、生活指導主任から今年の振り返りを含め、冬休みの過ごし方等の講話がありました。その後、夏期資格講習や漢字・英語検定、手話検定など20種目以上の検定取得者の表彰がありました。英語検定準1級や漢字・数学検定2級など今年度も多くの生徒が上位級に挑戦し、合格を手にしました!
また、今年度オーストラリアへ語学研修に参加した、2年倉田君、阪口君が英語で体験報告も行われました。海外での生活を経験し、前期までとは比べものにならないほど、とても流暢な発音で海外で学んだことをスピーチしてくれました。
その他にも生活委員長1年の梶君、美化委員長1年の伊藤君から「東京キャンパス全員で校内美化に努めていきましょう。」と挨拶がありました。
今年も多くの生徒たちの活動や努力の結果がよく表れた全校集会となりました。来年の活躍も楽しみです!

検定合格表彰の様子

【新入生学習会実行委員】新入生の勉強不安を払拭! 在校生と交流しながら学習していきます 16.12.23

先日、クラーク記念国際高等学校では、推薦、自己推薦入試A日程が実施されました。合格が決まった中学生たちが、安心してクラーク高校に通うことができるように、「新入生学習会」が実施されます。「新入生学習会」では、クラーク高校でスムーズに学習が始められるよう、中学校の復習はもちろん、在校生との関わりや、新入生同士の関わりによって、不安を払拭することを目的としています。授業はクラークの職員が行いますが、受付や誘導、職員の補佐などは生徒たちが実施するため、実行委員会が実施されました。在校生たちも、学習会によって先輩たちにお世話になったことを思い出し、自分たちも憧れの先輩方のようになるため、積極的に参加してくれています。

有志にも関わらずたくさんの生徒が集いました!

【冬期資格講習会】事前ガイダンス実施 使用教材を手にして資格取得へのモチベーションアップ! 16.12.22

クラーク東京キャンパスでは夏期と冬期の年に2回、生徒の興味や関心、進路に合わせた資格検定にチャレンジするという、資格講習会を行っています。今回は、冬季資格講習の事前ガイダンスの様子についてお伝えします。
10月にガイダンスを行い、今回の冬期資格講習会にて開講される20の講座内容を生徒達に発表しました。その際預かったアンケートの内容を確認し、受講する講習が決定。今回、講習毎に集まり、講習期間中に使用するテキストの配布や連絡事項の確認を行う事前ガイダンスが実施されました。
自分が希望する講座ということで、表情も明るく、気合いが入っている生徒が殆どです。自分の進路や自信作りへの一歩として、今回の資格講習の機会を大事に、そして頑張って貰いたいです。

先生の話に耳を傾けます

テキストを手にして準備ばっちり!

早速興味津々な様子です

【1学年】北海道体験学習6日目 ~この体験を通して責任感・協調性・感謝の気持ちを学びました~ 16.12.21

長いように思えた北海道体験学習もとうとう最終日を迎えました。本日はウィリアム・スミス・クラーク像のある羊ヶ丘展望台で記念撮影をした後、ノーザンホースパークにて昼食をとりました。
午後は新千歳空港にて各々最後のひと時を楽しんだようです。帰る直前まで「もう一度スキーをやりたい!」「また1日目から始めたい!」と言う前向きな発言が多く、生徒たちがこの6日間有意義な時間が過ごせたことを実感しました。
この集団生活の中で、一人ひとりが役割を全うしなければならない責任感、協力し合うことの重要性、そして自分1人で生きているわけではないということを、身をもって学んでくれたと思います。
責任感、協調性、そして感謝、これらのことをしっかりと胸に刻み今後の学校生活をより良いものにして、自分自身の成長に繋げてほしいと思います。

羊が丘展望台にてクラス写真撮影

羽田空港での解散式の様子

【1学年】北海道体験学習5日目 ~北海道を満喫!旭山動物園や海鮮丼を食べ楽しみました~ 16.12.20

北海道体験学習5日目となる本日は、元気の泉キャンパスを発つ日です。各部屋の清掃をした後、出発式を行いました。出発式では、生徒代表として奥山未希哉君が元気の泉キャンパスでの体験から学んだこと、そしてこれからどう生かすかを述べてくれました。
その後は北海道観光です!
旭山動物園では、雪景色と動物たちが見事にマッチングしていてとても感慨深いものでした。
お昼には海鮮丼も食べ、北海道を満喫しました。
この体験学習最後の宿泊場所は定山渓にあるホテルです。一般の方も出入りする施設での宿泊でしたが、身につけた主体性と協調性をしっかりと公共の場でも生かせていたように思います。
北海道で過ごす最後の夜、名残惜しそうにしている生徒が多かったのも印象的でした。

生徒代表挨拶全文
私たちの北海道体験学習での目標は、「一人一人が役割を担い、責任感を持って行動すること」「相手のことを理解し協調性を養うこと」でした。
5日間の班行動を通して、係活動ではそれぞれの仕事を全うすることができ、また今まで話したことのない人とも友達になることができました。
この学びを今後は学校生活に生かし、やらなければならないことを責任を持ってきちんと行い、相手の良いところ、悪いところを認め合える友情を育んでいきたいと思います。
最後に、5日間、私たちの身の回りのお世話をしてくださった元気の泉キャンパスの先生方。本当にありがとうございました。また来年、夏にお会いできることを楽しみにしています。
生徒代表 奥山未希哉

出発式での生徒代表挨拶の様子

旭山動物園での一コマ

海鮮丼とせいろ蒸しおいしくいただきました!

(3097件中 505件〜511件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。