キャンパスニュース|東京キャンパス|クラーク記念国際高等学校

東京キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(3097件中 519件〜525件目)

【食物栄養コース】 調理基礎~クリスマス料理の定番☆ブッシュ・ド・ノエルを作ってみよう!~調理技術向上を再確認!~ 16.12.14

食物栄養コースの調理実習は1年生対象の調理基礎と2~3年生対象の調理発展に分かれて行っています。調理基礎は包丁の使い方や切り方、正しい計量の仕方を学んだあと、煮る・焼くを中心に学ぶので初心者でも安心です。

前回の調理基礎ではデザート研究科で都内有名レストランのデザート開発と指導や菓子とパンの教室を主宰している一見恭子先生をゲストティーチャーとして招き、フルーツロールケーキを作りました。先生に教えて頂いた内容を応用し、今回はクリスマス料理の定番、ブッシュ・ド・ノエルを作りました。前回は生地づくりやデコレーションに苦戦をすることもありましたが、2回目ということもあり、どの班も可愛らしくそして華やかにケーキを完成させることができました!

クラーク東京キャンパスの食物栄養コースでは定期的に給食栄養士、スポーツ栄養士、パティシエ、農家、食品業界など食の業界で活躍されている方をゲストとして招き、授業を行っています。このように、調理実習をおもいっきりやりながら生徒の興味や進路に合わせ食に関する特化した授業を行っています。
食を通して人を助けたい、幸せにしたい、最初は料理が好きという気持ちからでも構いません。中学生のみなさん、私たちと一緒に充実した高校生活を送りませんか。

クリスマス料理の定番!ブッシュドノエル

卵の起泡性を利用して生地づくり

他にもちょっとした工夫で可愛らしく豪華に…

【パフォーマンスコース】2月舞台公演「FANTASISTA」始動! 16.12.13

パフォーマンスコースでは年に2回、劇場での本格的な舞台公演を行っています。実技を中心に多角的に表現を学び、その学びの成果発表として舞台公演を行っているのです。毎日学んでいるダンスや歌、殺陣などがふんだんに盛り込まれた演劇公演となります。しかもプロのスタッフさんをお迎えし、本格的な舞台を創り上げます。
毎年、何の作品を上演するのか、生徒達はとても楽しみにしています。上演作品は様々な方法・要因によって決定されるので毎回ドキドキ。約2か月半という長期間に亘って皆で取り組んでいくのですから、何を上演するかはとっても大切。
今年の2月舞台公演は「FANTASISTA」に決定しました。パフォーマンスコースにとっては3回目、7年振りの再演となります。時空を超えて紡がれるラブストーリーに挑戦します。
約10日間に亘ったオーディションを経て、キャスティングも決定しました。パフォの舞台は全員が出演し、全員で衣装や小道具などの裏方も担当します。
これから順次、稽古状況などをアップしていきます!

キャスティング発表風景。 互いの健闘を称えあいました。

【1学年】冬季北海道体験学習1日目 ~元気の泉キャンパスに到着!スキー用具もレンタルし、明日からの期待を膨らませました~ 16.12.12

待ちに待った北海道体験学習が始まりました。幸い天候にも恵まれ、無事深川市にある元気の泉キャンパスに到着しました。
開始式では生徒代表の佐藤さんが北海道体験学習の抱負を述べ、1学年全体の意識を高めてくれました。
初日となる本日は夕食を食べた後、明日から使用するスキー用具のレンタルを行いました。
自分サイズの用具をレンタルし、スキー実習への期待を膨らませていました。
明日のスキー実習が楽しみです!

生徒代表挨拶全文
本日は私たち東京キャンパスの生徒のために、北海道体験学習がより良いものになるように前々から準備をしてくださってありがとうございます。
私たちは今回の体験学習を通して、スキーだけでなく、一人ひとりが責任感を持った行動をして、普段では見られない友人の一面を知り絆を深めたいと思っています。
北海道の寒さに負けず、全力で楽しみ、一人ひとりの心に残る思い出を作りたいと思っています。
これから5日間、よろしくお願いします。
東京キャンパス生徒代表 佐藤朱希

出発式の様子

宿泊施設での開始式の様子

スキー用品レンタル合わせの様子

【インターナショナルコース】英語のエッセイコンテストに作品提出! さらなる飛躍を目指して23名が挑戦しました! 16.12.12

インターナショナルコースでは、英語力に合わせて5つのレベルに分かれ、授業を展開しています。英語が苦手な生徒も、英語が得意な生徒も共に学べるコースです。生徒は、日々の授業の成果を試すため、様々な機関が実施する、スピーチコンテストやプレゼンテーションコンテスト等、英語関係のコンテストに参加をしています。
今回、IIBC(TOIECを実施する団体)エッセイコンテストに23名の生徒がエントリーし、作品を提出しました。その結果、インターナショナルコースとして、沢山の作品を出展したことが評価され、奨励賞を受賞しました。小論文のタイトルは「身近な異文化交流」。生徒たちは、実体験をもとに、苦戦しながらも作品を仕上げ、ネイティブの先生方も一生懸命生徒の熱意にこたえました。

添削された作品が返却されました。

ネイティブの先生たちも熱心に指導しました。

【パフォーマンスコース】大阪梅田&東京 パフォーマンスコース合同公演「全力表現」~報告レポートその⑥~ 16.12.11

東京パフォーマンスコースの最後のプログラムは、合唱「あい」でした。
ここまでのカラフルでショーアップされた衣装から、ビシッと制服に着替え歌いました。この歌は、谷川俊太郎さんの詩に、パフォ歌唱指導の田村依里奈先生が曲を作ってくださったとても素敵な合唱曲。激しい表現の続く演目から一変し、想いのこもった静かな歌が劇場中に広がりました。このように様々な表現力を持つのがパフォの魅力です。
そしてラストは、東京と大阪梅田、二つのキャンパスが一つになって、クラークオリジナルソングのRAP&歌唱「Ambitious」を披露しました。
インターネットを使って遠隔合同稽古をしてきた「Ambitious」は、初めて現地にて合体し、本番に向けて猛稽古をしました。その甲斐あって、舞台の最後を飾ったAmbitiousは互いに力を出し切り、大いに盛り上がりました。
初のコラボ公演は大盛況のうちに幕を閉じました。
私達東京キャンパスにとっては、1年生の後輩が倍に増えた感じです。離れていても表現に対する情熱は同じ!
大阪梅田の声優パフォーマンスコースの1年生達、これからも共に頑張っていきましょう!6回に亘る報告レポート、読んで頂きありがとうございました!

~現在、パフォーマンスコースは2月公演に向けて始動しています。次回からはその様子をお伝えしていきます~

「あい」を込めて、静かに情熱的に歌いました。

二つのキャンパスのパワーが炸裂し、ラストに相応しい熱いステージとなりました。

一緒にひとつの舞台を創り上げた喜びに、みんな満面の笑顔でした。

【和太鼓ゼミ】技術だけではなく、協調性も育む! 全員で演目の完成を目指しています 16.12.11

クラーク東京キャンパスでは生徒の好きなことや得意なことを伸ばすために、約20種類の中から興味関心に合わせて受講することができるゼミ授業を展開しています。
和太鼓ゼミでは、現在3パターンの長いリズムに挑戦中です。なかなか合わせられない生徒には、叩ける生徒がマンツーマンで指導側に回るなど、みんなで教え合いながら完成に向けて進めています。真剣な時間もあり、楽しむ時間もあり、メリハリを持って今後もゼミ授業を行っていきます。

難しいリズムを何度も何度も繰り返し合わせている様子

【食物栄養コース】中国料理の特徴を座学で学んだ後、調理実習で再確認! 時間配分も完璧です 16.12.11

食物栄養コースの調理実習は1年生対象の調理基礎と2~3年生対象の調理発展に分かれて行っています。調理基礎は包丁の使い方や切り方、正しい計量の仕方を学んだあと、煮る・焼くを中心に学ぶので初心者でも安心です。
調理発展は献立数も増え、身近な家庭料理以外にも各国の代表的な料理にも目を向けます。その国や地域で使われている特徴的な調味料や調理技法などを学んだ後、実習し理解を深めていきます。

今回は、古老肉(酢豚)と清湯水連(花形卵入りスープ)を作りました!学習の目的は、澄んだスープの作り方と酢豚の味の付け方・とろみのつけ方でした。酢豚は下味をつけた角切りの豚肉を用い、衣をつけて油で揚げ、甘酢あんをからませた中国調理で、日本の家庭でも親しまれていますが最近ではレトルトパックやお惣菜として食されています。豚肉に下味をつけ、一度揚げたり…と少々手間もかかりますが、その1つ1つが出来上がりの味付けに影響することを試食をして実感できたようです。
また、2~3人の班でしたが、どの班も50分程度で片づけも含め調理し終えることができました。時間をうまく使う練習にもなっていますね。
今後も、様々な料理に挑戦し、調理技術はもちろん食に関する知識を深めていきましょう!

下味と衣をつけた豚肉を揚げていきます

華やかに完成しましたね!

(3097件中 519件〜525件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。