キャンパスニュース|東京キャンパス|クラーク記念国際高等学校

東京キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(4128件中 533件〜539件目)

【ペット生命科学コース】日本身体障がい者補助犬学会2日目 18.10.09

日本聴導犬推進協会の販売ボランティアはもちろんですが、今回の学会では生徒たちが学校で学んでいる基礎から、現代の社会で、また、これからの社会において問題になるであろう補助犬についての学会発表を聴講しました。日本と海外の補助犬規定は全く異なり、未だ狂犬病が発症している国からも補助犬として日本に入国する可能性があるということです。2020年の東京オリンピックに向け、全世界で補助犬についての規定を設ける必要があり、また、日本に入国する際の規定を海外に情報提供することで、補助犬ユーザーの方々が日本で快適に短期滞在ができるようにしていく必要があるということを学びました。これから社会で活躍する生徒たちにとって貴重な聴講となり、これからの課題を考えていく良い機会となりました。この経験を今後の勉強に役立てていこうと生徒たちは目を輝かせていました。
【3年ボランティア参加者】
聴講した中で、「ゴードンの機能的健康パターン」はとても印象深いです。11個の項目を介助犬と生活する前・生活している間の数値をまとめ、身体障がい者の変化をまとめたものでした。これを聞きき、授業で学習しているアニマルセラピーなどにも活用できると感じました。他にも新しい発見もあり、改めて私が知っている世界は、ほんの一部だと感じました。今回、学会で学んだ事は介助学の目的である『皆さんに聴導犬を知ってもらう』事に必ず繋がるので、文化祭・オープンキャンパスなどに活かしていきたいです。
【2年ボランティア参加者】
介助犬、聴導犬、盲導犬などの事を学んで、まだまだ私には知らないことがたくさんあるんだなと感じました。また、様々な視点から補助犬について話を聞けたので、とても興味深かったし、とても勉強になりました。しかし、知らない言葉がたくさんあったので、もっとたくさん勉強をして補助犬のことについて聞かれても全部答えられるくらいに、マスターし、将来の夢に1歩ずつ近づいて行きたいと思います。

【インターナショナルコース】TOEIC 上級(語討論)の授業紹介 ~「SNSは消去されるべきか」について意見を出し合う~ 18.10.09

クラーク東京キャンパスでは生徒の好きなこと・得意なことをさらに伸ばすために8つのコース授業を展開しています。生徒はこのいずれかのコースに所属し、興味関心に合わせてより学びを深めていきます。その中の1つであるインターナショナルコースでは将来海外で生活がしたい、英語を使って仕事がしたい生徒達を育てています。

今回紹介するのは、上級のTOEIC(語討論)の授業です。今回の授業では、『SNSは消去されるべきか』のテーマに沿って、生徒たちが自分の意見をまとめました。生徒たちはまず事前資料を読み込み、その後SNSの良いところ、悪いところに分け、意見を出し合います。先生の板書をもとに、その後自分の意見を300字程度で文章にまとめ提出しました。この授業では、英語で考える力に加え、ライティング力や語彙力も飛躍的に伸ばすことができます。
日に日に生徒の作文力が付くのを見て、教員の指導にも更に力が入ります。

生徒の意見を白板にまとめる

事前資料もしっかり読み込みます

【総合進学コース】データベース基礎の授業紹介 ~情報処理検定の「データベース」の検定取得に向けての学習を実施~ 18.10.09

クラーク東京キャンパス総合進学コースでは多くの授業の中から興味関心,自分の学びたい分野に合わせて選択し、自分だけのオーダーメイドの時間割で学習することができます。今回はその中から「データベース基礎」という授業の様子をご紹介します。

「データベース基礎」では、情報処理検定の「データベース」の検定取得に向けての学習をすすめています。
高校生にとって、データベースはなかなか使用する機会の少ないソフトウェアではありますが、膨大なデータを加工,処理するには大変便利なソフトウェアです。そこで高校生のうちに、データベースの操作の基礎的な部分を体験することで、進学先や就職先で役立てて欲しいと考えています。

どのようなソフトウェアを扱うことになっても、タイピングの速度は重要です。タイピングはパソコンの基本操作であると共に、仕事の効率に直結します。
そのため、「データベース基礎」の授業でも10分間のタイピングを行なっています。

4月から半年間、10分間タイピングを続けてきた結果、全体的にタイピング速度の向上が見られました!中には速度が年度当初の2倍程度まで向上した生徒もいました!!
この調子で向上していけば、学年末にはかなりの実力がつくでしょう。生徒たちの今後にご期待ください!

10分間タイピングの様子

生徒の記録

【パフォーマンスコース】第145弾舞台公演「リボンの騎士~鷲尾高校演劇部奮闘記~」公演レポート予告 18.10.09

9月20日~23日、4日間7回公演で上演されたパフォーマンスコース第145弾舞台公演「リボンの騎士~鷲尾高校演劇部奮闘記~」、ご来場くださいました沢山のお客様、誠にありがとうございました。大盛況、大好評のうちに幕を閉じることができました。公演後すぐに秋休みがあり遅くなってしまいましたが、これから公演レポートをアップしていきますのでご覧ください。
パフォーマンスコース生徒達は、本日より通常の一般教科習熟度別授業に加え、公演期間中劇場入りで公欠していた分の授業の補講を受けています。文武両道でしっかりと学生生活を送っていきましょう。

パッション全開で公演を行ったパフォーマンスコース生徒達

写真はエンディングダンス・ラストシーン

【食物栄養コース】食文化史」の授業紹介 ~平安時代から鎌倉時代にかけての食文化の変化について学習~ 18.10.09

クラーク記念国際高等学校東京キャンパスでは、生徒たちの好きや得意を伸ばすために、8つのコースに分かれています。その中でも本日は、食物栄養コースの生徒対象の授業について紹介したいと思います。

食物栄養コースでは毎週木曜日の6限に「食文化史」という授業を開講しています。この授業は、1~3年生の必須授業となっており、コース生徒全員で行われる活気あふれる授業です。  
今回の授業では、「平安時代から鎌倉時代にかけての食文化の変化」について学習しました。平安時代の貴族は消化に悪く、栄養の偏った食事が中心でした。また室内中心の生活で、運動不足でもありました。そのため不健康であり、比較的早死だったと言われています。
一方鎌倉時代では、武士が成長し、戦いの中では日持ちのする食品やエネルギ補給に適した食品が多く食べられました。この二つの時代を生徒が比較し、その違いをまとめ、発表をする授業となりました。生徒は1日5回も食事をとることがあった鎌倉時代の武士や不健康であった平安貴族にとても興味を惹かれ、人物にスポットライトを当てて調べる生徒もいました。
 このように知識に加えて、主体性や表現力を伸ばす授業を行っています。また検定とも連動し、進路活動に生かしています。

1年生の発表の様子

コース長の発表の様子

【ペット生命科学コース】介助学の授業で学んでいる聴導犬のボランティアに参加 18.10.07

ペット生命科学コースでは、二年次より将来の夢実現に向け、必要となる学習をしていきます。動物看護専攻では動物に触れる機会が多く、将来、飼育員、動物看護士、トレーナーなどを志望している生徒、生命科学専攻では獣医師や薬剤師、歯科医師などを目指している生徒が学習しています。今日は、動物看護専攻で1番人気、生徒が1番成長することのできる授業、介助学で講師をしてくださっている日本聴導犬推進会の秋葉先生、遠藤先生が発表を行う身体障がい者補助犬学会のボランティアに参加してきました。初日は補助犬3種類のデモンストレーションと補助犬ユーザーさんの発表を聴講しました。補助犬ユーザーさんがおしゃっていた「心のバリアフリー」という言葉が印象的でした。補助犬と一緒に。生活することで生活に
変化がでて、今までチャレンジしたことのなかったスポーツにもチャレンジするようになったそうです。補助犬がいることでスポーツを楽しむことができたそうです。盲導犬は世間に浸透していますが、まだ聴導犬は知られていないのが現状です。その現状を少しでも変えらえるように、身体障がい者補助犬学会が開催されています。人が行きかう成田空港という場所で学会を開くことにより、多くの人に補助犬の必要性を訴え、ヒトと動物がより良い関係で快適な生活を送ることができる社会にしていきたいと生徒たちはボランティア活動に力を入れています。
【2年 ボランティア参加者の感想】 
初めて学会に参加して、まだまだ知らないことばかりだと感じました。補助犬ユーザーの方々の生活を聴講しとても勉強になりました。また、デモンストレーションでは短い時間の中でどのように課題を伝えればよいのか、どのようにしたら聞き手に興味を持ってもらえるのかなど今後の学校生活で活用できる内容を学ぶことができました。
 【3年ボランティア参加者の感想】
目が見えて音が聞こえて自分の足で歩くことができる私にとっては当たり前のことが当たり前ではない方々がいて、自分にある現状がどれほど幸せなことなのだろうと感じました。補助犬とともに暮らしている方々が前無菌生きて目標を持ちつつけているのを目の当たりにし、これから自分を支えてくれている人たちに毎日感謝をしようと思いました。

【行事】後期始業式・生徒会選挙(解任式・任命式) ~第10期生徒会役員が発足!!~ 18.10.07

先日、後期始業式とともに生徒会選挙の投票結果が発表され、第10期生徒会役員が発足されました。立候補者は前期終業式で全校生徒の前で演説を行ったり、ポスターや動画を作成したりと様々な選挙活動を行ってきました。
選ぶ側の生徒たちも自分たちの代表者を決めるとあってマニュフェストを真剣に聞いて投票を行いました。
その結果を受け、新生徒会長に2年生の山﨑さんが選ばれました。任命式では、新生徒会長の山﨑さんが代表して挨拶を行い、抱負を述べました。
これから様々な活動へ一生懸命に取り組んでいってほしいです。

クラーク東京キャンパスでは、練馬区の選挙管理委員会にご協力を頂いて、実際の選挙で使用される記載台と投票箱を使って生徒会選挙を行いました。在学中に選挙権を持つため、公職選挙に近い形式で今後も実施し、生徒たちの今後の社会生活に活かしてもらいたいと考えています。

また、後期がスタートし第10期生徒会役員も動き始めます。まずは「文化祭」が今月にあるため、全校生徒をまとめ協力し、一つの行事として成功させましょう。

第9期生徒会長 解任式

第10期生徒会長 任命式

第10期生徒会役員

(4128件中 533件〜539件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。