コース紹介|横浜青葉キャンパス[女子部]|クラーク記念国際高等学校

横浜青葉キャンパス[女子部]

コース紹介

総合進学コース

基礎を固める学習から
実践型・体験型の学習を通じ、
生徒たちの得意を伸ばし幅広い分野への進学を
可能とする総合進学コース週5日

  • 基礎学力オールチェックで中学校の学習範囲を総復習!

  • 豊富な選択授業で、オーダーメイドの時間割を作成!

  • ゼミの授業で、座学だけでは得られない実践的な学びを会得!

  • 資格・検定の取得で進学を有利に!

  • 大学入試改革にいち早く対応!

  • 専門分野に偏らない実践的な教育で大学の進学率は全国平均を大きく上回る!

選択授業

豊富な選択授業で
オーダーメイドの時間割を作成

ボキャブラリービルディング・受験日本史・受験英語・受験国語・小論文・理科演習・数学演習・生物・英語検定A・英語検定B・TOEIC・社会系検定・栄養調理・大会コンテスト・ピアアシスタント専門課程・色彩検定(基礎)・色彩検定(専門)

ボキャブラリービルディング

教科書の英単語だけでは、教科書の範囲の語彙に限定されてしまう。そのため、映画、ニュース、ドキュメンタリーをみながら英語学習をしていき、語彙力と応用力を培い、使える英語力の育成を図っていきます。

理科系選択授業

センター試験レベルの問題演習を行う授業と「生物基礎」の上位科目である「生物」の内容を学ぶ授業を設置しています。看護系・栄養系・薬学系等の大学ではAO入試や一般入試等の入試形態に関わらず、また専門学校であっても生物や化学の学科試験を課される場合が多いため、それらの進路を目指す生徒の進路実現率を高める機会となっています。また、これらの授業を高校時代に受講しておくことで進学先での学修内容についていく自信をもって卒業することができます。

調理栄養

栄養や調理についての知識・技術を高め、食検定・家庭料理検定等の資格取得に取り組んでいます。これらの資格は高校在学時に取得している人は少ないため、将来、栄養士・管理栄養士などの分野への進学を考えている生徒にとっては、入試時のアピールポイントの1つになります。

選択ゼミ

ゼミの授業で座学だけでは得られない
実践的な学びを会得

メディアパフォーマンスゼミ・国際交流ゼミ・製菓販売ゼミ・NEWスポーツゼミ・地域ふれあいゼミ

メディアパフォーマンスゼミ

画像や映像の作成・編集を学びます。昨年度は、NPO等の団体を取材し、できた作品を映像祭に出展し最優秀賞を受賞しました。取材活動から実社会の問題を学び、制作活動から自己表現の方法を探求します。

製菓販売ゼミ

製菓販売ゼミでは、生徒たちがレシピの作成、梱包資材、販売方法、接客、経理など様々な活動を通じて自分で考え、行動する力を身につけることができます。また、普段の製菓実習では学べない商品開発やマーケティングの学習や販売体験を行なうことができます。

国際交流ゼミ

国際交流ゼミは、普段の授業で学んだ英語を「活用する」ことを重視しているゼミです。実際には、学校近隣に在住する外国人の方を横浜青葉キャンパスに招き、一緒に料理を作ったりアクティビティを行ったりするグローバルカフェや外国人の方を対象にした異文化理解のための自作の街頭アンケートを行っています。これらの活動を通じ、実践的な英語力と多様性を身に付けるとともに国際人としての資質を高めていきます。

ライフデザインセミナー

社会で活躍する方々との出会いによって将来像をつくりあげる

キャリア学習の一環として、三浦恵美里校長が冒険家やアスリート、ジャーナリスト、パティシエ、マジシャン、アナウンサー女性企業家など、生徒たちが会ってみたい望む社会で活躍している人を招いたセミナーを定期的に開催しています。憧れの職業で働く人との出会いからまだ見えていない社会で活躍する将来の自分のイメージが沸いてきます。横浜青葉独自のセミナーです。

過去のライフデザインセミナーの講師

大城 和恵さん(医学博士/山岳医療修士)
女性山岳医として、2013年には三浦雄一郎校長のエベレスト遠征隊にチームドクターとして参加。2018年5月17日には日本人女性医師としては初めてのエベレストの登頂に成功した。

市川高嶺さん(ピアニスト)
全日本ジュニアピアノコンクールやショパン国際ピアノコンクールin ASIAなどの審査員を務めている。また、自身のピアノ教室の指導にも力を注いでいる。過去に2回ライフデザインセミナーの講師をしてくださり、リサイタルコンサートには、横浜青葉キャンパスの生徒を招待してくれている。

三浦豪太さん(プロスキーヤー、博士(医学)
2013年、父である三浦雄一郎校長をサポートして2度目のエベレストに登頂。親子での2度登頂は世界初である。現在、ミウラ・ドルフィンズ低酸素・高酸素室のトレーニングシステム開発研究所長、低酸素下においての遺伝子発現・抑制の研究(専攻・加齢制御医学 アンチエイジング)を行っている。

行事予定

ウィークエンドコース

平日は自分の時間として確保しながら、
学校生活との両立を目指す週1日

  • クラークWebキャンパスを利用して効率よく単位取得!

  • 毎週土曜1日のみの通学だから、働きながらでも卒業可能!

  • 自分のスキル、目標を担任の先生と共有しながら学べる!

  • コース変更も同キャンパスなら教員も変わらずスムーズ!

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。