キャンパスニュース|鹿児島キャンパス|クラーク記念国際高等学校

鹿児島キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(1346件中 29件〜35件目)

【学習】基礎学力の定着から、大学進学まで、幅広い進路選択を可能にするクラークの教育。 19.03.24

クラーク高校は、生徒の「苦手を克服」し、「得意を伸ばす」教育に力を入れています。学習においては、生徒の学習到達度や得意、不得意に合わせた、様々な学習コンテンツが充実しています。
 入学時には、各教科において中学校までの学習を単元別に振り返る基礎学力オールチェックを実施。基礎学力オールチェックでは、中学校までの学習において、生徒がつまずいているポイントを洗い出し、ピンポイントな指導を行うことで、基礎的なレベルの学力を定着させることができます。
 また、生徒の学習到達度に合わせた授業展開を行う習熟度別授業や、いつでも何度でも視聴可能なレベル別学習コンテンツの充実など、基礎学力の定着から大学進学レベルの学力の獲得まで、幅広い学びを提供しています。

 クラークの学習システムでは、スタートラインに違いがあっても、一歩ずつ確実に成長することができ、生徒それぞれの「夢」・「挑戦」・「達成」を支援することができます。

【総合進学コース】 平成30年度 修了式 ~ 1年間の締めくくりをしました ~ 19.03.23

今年度最後の締めくくりとして、総合進学コースの修了式を実施しました。
式の中では、先生方から今年度の振り返りや春休みの過ごし方、来年度に向けてのお話がありました。
表彰式では、検定取得に対する表彰や、年間表彰が行われました。
年間表彰とは、クラークでの1年間の活動の成果を表彰するものです。優れた学業成績を収めた生徒に送られる「学業優秀賞」や、クラスの模範を示す働きを示した「クラス大志賞」など、学校生活における様々な場面で活躍した生徒たちに贈られます。
今年も、鹿児島キャンパスを代表する活躍をした、多くの生徒が受賞しました。

4月からは2年生はいよいよ最高学年となり、1年生にとっては高校生活で初めての後輩が入ってきます。新入生にとって、良い見本となり、リーダーシップを発揮してくれることを期待しています!

年間表彰。1年間の成果をかみしめます。

【総合進学コース】これからの社会で通用する力を身に付ける。クラークのキャリア教育。 19.03.22

 日々進化を続けるITの分野や、少子高齢化による労働人口の減少に伴い、これからの社会では、単純作業の機械化や、外国人労働者の流入などが加速し、労働環境は大きく変化していきます。
 これからの社会に羽ばたく児童・生徒を育てるため、学校教育の現場にも変化が求められます。
 クラーク高校では、趣味や特技を武器に変える「専攻別授業」、生徒の学習到達度にあわせた授業展開を行う「習熟度別授業」、興味のある分野を主体的に追求する「ゼミ活動」など様々な特色ある教育を推進しています。
 また、キャリア教育として、「主体性」、「多様性」、「協働性」、「思考力」、「判断力」、「表現力」など、これからの社会で必要となるスキルについて学びます。生徒は授業や学校行事など、日々の学校生活の中で、これらのスキルを意識的に成長させています。
 クラーク高校は次世代を担う人材の育成のため、一歩先を見据えた教育活動を実践しています。

授業ではIT機器を積極的に活用しています。

【総合進学コース】進級を目前に、進路学習の一環として、進路ガイダンスを開催しました。 19.03.21

鹿児島キャンパスでは進路研究の一環として、進路ガイダンスを積極的に実施し、生徒の学校理解や職業理解につなげています。

今回も、県内外の多くの大学や短大、専門学校に学校紹介をしてもらいました。
各学校がそれぞれ説明用のブースを設け、生徒たちは自分の志望校や、興味のある分野の学校のブースまで移動し、真剣に説明を聞いていました。
生徒たちは説明を聞きながらメモを取ったり、積極的に質問をしたりと、大変熱心な態度でガイダンスに参加できていたようです。

自己実現に向けて、これからも進路研究を続けていきましょう!

真剣に話を聞き入っています。

マナー講座。身だしなみや言葉遣いについて学びました。

【クラークでサクラ咲く】クラークで進路実現!武蔵野音楽大学 音楽学部 演奏学科 に合格しました。~自分の好きな分野を追求し進路決定~ 19.03.20

キャンパスへ嬉しい便りが届きました。総合進学コースの鶴巢さんが、武蔵野音楽大学 音楽学部 演奏学科 器楽コース ピアノ専攻に合格しました。

鶴巢さんは幼少時代からピアノを習っており、式典では校歌や校歌の伴奏を担当してくれました。また、文化祭実行委員長としても活動し学習面だけでなく学校行事など主体的に取り組んでくれました。大学進学後は、自分の好きな専門分野をとことん学んで欲しいと思います。今後の活躍を期待しています。

【総合進学専攻】生徒それぞれの得意分野をとことん伸ばす。クラーク自慢の専攻別授業。 19.03.19

 学校生活において、「勉強が苦手」、「人と話すことが苦手」など、苦手なことや嫌なことがある場合、学校を楽しくない、行きたくないと感じてしまう可能性があります。それは特別なことではなく、人は誰でも得意不得意があります。

 クラークでは生徒それぞれの、「得意なこと」をとことん追求する教育を実践しています。生徒は、興味のある分野、得意な分野での成功体験を繰返す中で自信を深めます。

 総合進学専攻では、学習到達度にあわせた習熟度別授業、生徒の目指す進路に合わせた文理別の授業、ディベートやプレゼンテーションの積極的活用による論理的思考能力の獲得など、生徒一人一人の力を確実に伸ばす様々な教育活動を行っています。

 始めは小さなことからでも、少しずつ確実に成功体験を積み重ねることで自信を深め、苦手分野にもチャレンジできるようになります。
全日型通信のクラークだからこそできる教育を通して、生徒は3年間で見違えるほどの急成長をとげます。

授業の中では積極的にグループワークを取入れています。

【美術デザイン専攻】「好きなこと」や「得意なこと」をとことん追求することが、進路を実現する力に変わります。 19.03.18

 クラーク高校の特色ある教育活動の一つ「専攻授業」。生徒の趣味や、興味のある分野を徹底的に追求し、進路を切り開くための力を身に付けます。
 今回取り上げる「美術デザイン専攻」では、絵や、アニメ、漫画、ゲームなどの表現の分野に興味のある生徒が、プロの講師の指導の下、充実した教材を用いて、専門的な知識や技術を磨いています。

 自ら考え主体的に行動することを求められるこれからの社会において、「表現力」は欠かせない大きな力となります。生徒は専攻授業を通して、自らの考えを様々な言葉や形で表現する力を身につけています。

楽しみながらも真剣に授業に取組んでいます。

様々な表現を身につけています。

(1346件中 29件〜35件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。