全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

進学実績

国公立・早慶上智・関関同立など、難関、名門私大に現役合格者多数!

武蔵野美術大学/國學院大學/二松學舍大學/帝京大学/神奈川大学/神田外国語大学/日本体育大学/東京女子大学/桜美林大学/フェリス女学院大学/東海大学/杏林大学/国士舘大学/昭和女子大学/愛知医科大学/南山大学/中京大学/関西大学/同志社大学/立命館大学/京都女子大学/京都産業大学/近畿大学/龍谷大学/関西外国語大学/大阪芸術大学/西南学院大学/国際大学IPU New Zealand(ニュージーランド)など多数

その他の主な大学進学先一覧

大学からの指定校推薦枠は300以上!

クラークが全国の4年制大学・短大からいただいている指定校推薦枠は、300以上になります。これはクラークの多くの卒業生が進学先で積み重ねてきた"信頼の証"です。

指定校推薦枠一覧

ページトップ

合格者ピックアップ

大阪大学 [理学部] 合格

橋本くん

 在学中、プレゼンテーションの全国大会で自分のチームが1になり、科学者をめざす者として自信が持てました。グループワークを通して協働する姿勢も身につきました。この経験を活かし、大阪大学で生命について深く学びたいと思います。

大阪大学[工学部] 合格

入田くん

 国公立の大学を目標に、日々の勉強に取り組んできました。特に意識したのが、授業と授業の合間や移動時間など、空いている時間の有効活用です。地道に取り組んだ結果、合格することができました。大学でも挑戦の日々を送る決意です。

早稲田大学[国際教養学部] 合格

樋口さん

 インターナショナルコースに3年間所属し英語力を伸ばし、目標の早稲田大学に合格しました。入学試験ではネイティブの先生方の授業を受けて上達した英語力やTOEIC815点が自信となり、安心して受験に臨むことができました。

早稲田大学[商学部] 合格

村田くん

 クラークの先生方の熱心な指導の下、継続して勉強に取り組めたことで自分でも驚くほど学力が伸び、憧れの早稲田大学に合格することができました。将来は、国家公務員を目指し、社会に貢献できる仕事に就くためにがんばりたいと思います。

上智大学[国際教養学部] 合格

松嵜くん

 英語が学べる大学を希望し、上智大学の国際教養学部が一番合っていると思いました。入試に向けて大変だったことは作文です。ネイティブの先生に、熱心に指導していただきました。結果が出るまで不安でしたが、合格したときは本当に嬉しかったです。

上智大学[外国語学部] 合格

太田さん

 毎日ネイティブの先生の授業を受け、環境学の授業では、実際に海外の大学の教授から授業を受けることができました。支えてくださった親や先生方、友人に感謝するとともに、進学先でも語学を継続して学び、将来の夢を叶えていきたいと思います。

上智大学[文学部] 合格

豆田さん

 3年間、語学習得に力を入れるだけでなく、積極的に実行委員活動にも参加して自信をつけてきました。学業と各種活動が両立できたことで指定校推薦で合格することができました。入学後も語学だけでなく、様々なことに挑戦していきたいと考えています。

首都大学東京[健康福祉学部] 合格

岡田さん

 作業療法士を目指すために、自分を成長させたいという思いからクラーク高校へ入学。様々な経験により、少しずつ自分に自信が持てるようになり、3年間の集大成として、自分の思いをしっかりと言葉にして伝えられるようになったことが、第一志望合格に繋がったと確信しています。

熊本県立大学[総合管理学部] 合格

後藤さん

 様々な検定に挑戦し多くの資格を取りました。生徒会での活動やボランティア活動、プレゼンテーションの全国大会出場など多くの経験をクラークですることができました。進学後もクラークスピリッツを持って、いろんな事に挑戦していきます。

関西大学[文学部] 合格

岩本さん

 主な勉強の場は学校での専攻授業や放課後の補習でした。受験教科である英語、国語、日本史の受験対策講座を受けてました。補講は少人数でやってくれたので、私の受験内容に合わせて先生方もサポートしてくれました。

同志社大学[政策学部] 合格

赤松くん

 難関大学への進学を目指す受験プログラムに参加。その授業では、周りがみんなライバルに見え、勉強に対する意識も上がり、モチベーションアップに繋がりました。幅広く学べる政策学部を選びましたが、大学生活の中で将来に向けた目標を探したいと思います。

立命館大学 [総合心理学部] 合格

萩原さん

 2年生から特進クラスに所属し、先生方から勉強法などたくさんのアドバイスをいただきました。漢検や英検を取得したことも自信になり、志望校合格に繋がったと思います。大学では心理学を学び、将来に役立てていきたいです。

ページトップ