全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

中部・東海・北陸地区

クラーク記念国際高等学校とは

クラーク記念国際高等学校は1992年開校。全国で11,000人以上の生徒が学ぶ、日本最大の高校です。全日制高校同様、制服を着て毎日通学し、通信制ならではの「柔軟カリキュラム」設定という特色を生かして、自分の好きなこと・興味あることをとことん学ぶことが可能です。2013年に80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎が開校以来校長を務めています。

中部・東海・北陸地区キャンパスの特長

中部・東海・北陸地区のキャンパスでは自分の興味があることをとことん学べるゼミ授業を展開。その内容も国際・英語系、スポーツ系、音楽系、ボランティア系、アート系と多彩です。
名古屋キャンパスではネイティブと英語を徹底的に学ぶIPC国際コースも展開。また私服で通い、自分のペースで通学日数を選ぶことができる単位制キャンパスも開講しています。