全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

名古屋キャンパス

NEWS

19.06.20【通信型】一生使える「自ら学び続ける力」を育てる自律学習支援型プログラム 「NETプラスコース」が2019年よりスタートしています!

今年度より、自分のための学びに自分で取り組める人を育てる自律学習支援型プログラム
「NET +(ネットプラス)コース」を名古屋5キャンパスにて新規開講いたします。

NETプラスコースは、インターネットによる情報革命、
AIの進歩によるシンギュラリティなど、来るべき「人生100年時代」を生き抜くことのできる人材、自ら学び続けることができる人材の育成を目指します。
これまでクラークが高い評価を受けてきた「全日型通信制」の生徒対応ノウハウを活かしながら個人に最適な高校生活をプロデュースする新しい次世代型の教育プログラムです。

NETプラスコースでは、Web授業を中心に「学習の仕方」を学びます。
パーソナルジムのように、生徒一人ひとりにコーチング担任がつき、生徒の「現状理解」と「未来計画」の策定を行います。1週間の時間割をコーチング担任と相談しながら一緒に組んでいきます。学ぶ場所は学校に限りません、端末さえあれば学ぶ場所も選ばず、必要な時に必要な場所で行うことができます。もちろん、キャンパスの自習スペースで学ぶこともでき、先生や同じ学校の仲間たちとの交流も可能。このコースはさらにネットラーニングだけでは学べない主体性、協働性、多様性を学ぶプログラム(プロジェクトベースドラーニング)も行い21世紀型学習になくてはならない、実社会で役立つスキルも身に着ける事ができます。

さらに、プライムコンテンツとして「プログラミング」や「インターナショナル(語学)」などグローバル時代に対応した学びも提供。今後さらに学べるコンテンツがどんどん増えて行く予定です。自分の高校生活を自分でデザインしたい。一足先に自律した学習ができる自分になりたい。自分の時間を自分がやりたい事にトコトン使いたい。そんな新しい高校生の姿を応援する新しいコースの誕生です。

190302_CL0585.jpg

名古屋キャンパスへのお問い合わせ

名古屋キャンパスのPC版サイトへ