全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

広島キャンパス

NEWS

21.09.13【総合進学】情報化社会で生きる力を身につけよう! ~テクノロジーを活かした学び方~

 クラーク国際広島では、午前は一般科目の授業を行い、午後は生徒達が自分達で選ぶ選択授業が展開されています。生徒の「好き」「得意」を伸ばせるよう多彩な授業を用意しています。選択授業には大きく分けて4つのモデルがあり、プログラミングなどの情報系を多く学ぶ「モデルテクノロジー」、企業と連携して商品を開発していく「モデルビジネス」、ネイティブの先生と実践的な英語力を身につける「モデル国際」、そして自分に合わせて授業を選択して好きなことを見つける「モデルオリジナル&学び直し」です。
 今回はその中から「モデルテクノロジー」の選択授業を紹介したいと思います。選択授業は「ロボット数学」「プログラミング」「キャリア学習」「パソコン検定」「映像制作ゼミ」の5つがあり、自分のスキル上達に向けて学習を進めることが出来ます。「ロボット数学」では、現在アーム型ロボットを使って、ロボットの動かし方から三角比や三角関数等の高校数学を実践的に学んでいます。この様にただスキル上達をするだけではなく、一般科目に紐づいた学習も可能となっています。
 クラーク国際広島の選択授業を実際に体験できる機会を、学校説明会や個別相談に参加していただいた方にご案内させていただいております。是非、学校説明会に参加してクラーク国際を体験してみてください。

IMG_9063.jpg

広島キャンパスへのお問い合わせ

広島キャンパスのPC版サイトへ