全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

広島キャンパス

NEWS

21.09.29【心理系資格】ピアアシスタント ~生徒たち同士で支え合える環境作り~

クラーク高校では内閣府認可の公益財団法人「こども教育支援財団」と連携し、生徒たちにコミュニケーション力を高める取り組みを行っています。
中高生の80%が悩みなどの相談を友達や仲間にするというデータがあり、一方で中高生の90%が友達や仲間の力になりたいと思っているというデータもあります。そこでクラークでは生徒たちが上手に相談に乗れる力を育てられれば、落ち着いて学校生活を送れるのではないか、と考えました。
「ピアアシスタント」という授業では自己分析・他者理解・コミュニケーションの取り方・上手な話の聞き方と話し方などのスキルを身につけていきます。心理学の分野の学習も行い、最終的には連携している公益財団法人の資格が取れるようになります。
広島キャンパスでは総合進学コース(全日型)とスマートスタディーコース(オンライン通学型)の生徒たちが授業を受けています。

ピアアシスタント.jpg

広島キャンパスへのお問い合わせ

広島キャンパスのPC版サイトへ