全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

オーストラリアキャンパス

留学の特徴

選べる渡航時期と留学期間

渡航時期が年に10回以上も設定されており、留学期間も3週間、3ヶ月、4ヶ月以上(最長28ヶ月)と選ぶことができます。現地での課題提出と一時帰国の際のスクーリングや定期考査を行うことで、長期留学をした生徒でも3年間で高校を卒業することが可能です。これは、通信制で学ぶクラークならではのシステムです。また、短期留学で留学の雰囲気を体験してから長期留学に挑戦したり、留学中の期間延長も可能※です。

期間延長は3ヵ月の中期留学から日本に帰国しないで延長可能。

クラークの日本人教員による安心のサポート体制

クラークが独自に実施している留学だからこそメリットもたくさんあります。オーストラリアキャンパスにはクラークの日本人教員が常駐しており、学習指導はもちろん、病気やケガの対応、生活アドバイスなど多岐にわたってサポートしてくれます。すでに15年以上の歴史があり、2,500名以上の生徒たちが参加した留学ですから、さまざまなトラブルや状況に対応できるノウハウがあるので安心です。

きめ細かな学習体制

授業は少人数制(最大18名)、レベル別(7段階)で行います。また留学の成果を最大限に引き出すために、現地担任が培った経験を生かし、授業後に補講を実施しているのもクラーク留学の特色です。特に成果を上げているのは生徒たちが毎日書いている『Daily Report』です。英語で書く日誌ですが、不足しがちなライティングを補うと同時に、語彙や文法がしっかりチェックされるので、英語表現力を飛躍的に伸ばすことができます。

最高レベルのホームステイ環境

オーストラリアキャンパスはケアンズとブリスベン近郊の町・スプリングフィールドにあります。ケアンズでは落ち着いた雰囲気の中、南国の雰囲気を満喫。また町はコンパクトにまとまっており市バスでほとんどの場所に行くことができます。スプリングフィールドは教育と医療が中心となった新しい町で街並みも整備されており、治安面でも優れています。ホームステイ先は日本人の受け入れ経験豊かな政府認定のホストファミリーなので安心です。

留学を充実させるアクティビティ

クラークの留学では、教室の外も大切な学習の場として考えています。毎週1日はアクティビティが設定されており、テーマパーク訪問、スポーツ、文化体験など多彩なアクティビティを通して異文化を学ぶと共に、新たな単語や表現も身につけていきます。日本文化を紹介するイベントもありますから、自分たちのバックグラウンドについて考えるよい機会になっています。また、これらの活動で生徒同士で絆を強めることができるのも大切なポイントです。

オーストラリアキャンパスへのお問い合わせ

オーストラリアキャンパスのPC版サイトへ