全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

CLARK NEWS

12.12.17 生徒と共に成長。盲導犬パピー、オリンの涙の卒業式の様子がテレビ取材されました!

クラーク高校には通常の高校の授業ではできないような、専門分野を実践中心に徹底的に学び、進路実験とつなげるユニークなコースが多くありますが、仙台キャンパスの福祉・心理コースもその一つ。特に今回で3回目となる、仙台キャンパスでの盲導犬パピーウォーカー活動は地域やメディアから大きく注目されてきました。盲導犬パピーウォーカーとは盲導犬候補の仔犬を一般家庭で一定期間預かり育てるボランティアですが、仙台キャンパスでは「オリン」が日中は生徒とも学校で過ごし、夜は教師宅で預かるという独自のスタイルでパピーウォーカー活動を実施してきました。
そしてその「オリン」の盲導犬訓練センター入所が決まり、仙台キャンパスでの盲導犬パピーウォーカー活動がいよいよ1月6日で終了となるため、12月12日、仙台市福祉プラザにてオリン卒業式を挙行しました。
オリンの卒業式は、クラークの卒業式と同じ流れで進みます。小野和基くん(3年)、鹿島ももさん(1年)がオリンの介添えとして卒業証書授与、各種表彰を受け、また在校生からの送辞も行われました。オリンとのこれまでの日々を思い、涙を流す生徒が多く、感動の卒業式となりました。また地元テレビ局2社や朝日新聞からの取材が入り、オリンの卒業式の様子はテレビのニュースでも大きく取り上げられました。TBC東北放送でのニュース映像は下記のURLからアクセスできますので是非ご覧下さいませ!

TBCニュース
http://skip.tbc-sendai.co.jp/01news_2/fr.html?20121212_17096.htm

写真上: オリンを囲んでの集合写真
写真下: 卒業を迎え感慨深げな表情のオリン

オリン卒業式集合.jpg

オリン卒業式犬.jpg