全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

CLARK NEWS

21.04.17 新入生8人を迎えた新生・女子バレーボール部が、初の地区優勝へ完勝発進!(深川キャンパス)

地域NO・1チームを決める第51回全空知高校バレーボール大会が4月17日、北海道・岩見沢市総合体育館で開幕しました。予選グループ戦に出場したクラーク国際は2−0(25−8、25−7)のストレートで芦別高校を下し、同18日の決勝トーナメント進出を決めました。入学から1週間足らずの1年生コンビ・久保さんと加藤さんが、2人ともスパイクで6点を叩き出す活躍。創部3年目での空知地区初タイトル獲得に向けて、幸先のいいスタートを切りました。
 1年生9人だけで臨んだ2年前の公式戦初戦とは、全く別のチームがコートにいました。第2セットの24点目は、塚原主将が丁寧にレシーブしたボールを、1年生セッターの渡辺さんが正確にトス。同じくルーキーの加藤さんが、左から強烈なスパイクを相手コートにたたきつけました。マッチポイントの25点目も、決めたのは1年生の久保さんでした。「当時(2年前の今大会)は、どのボールもすべて(主将の)塚原さんに回すしか得点パターンがありませんでした」と振り返る掛屋忠義監督。この日はレフトにライトにセンターにと、長短自在のトスワークで芦別高校の守備を惑わし、完勝しました。塚原主将は「私たちが1年生の時は『どうしよう』『どうしよう』という感じで、何もできませんでした。今の1年生は度胸もありますし、スパイクも打てます。本当に頼もしい」と、顔をほころばせました。
 11日の入学式から1週間足らずの間に、先輩と後輩が固い絆で結ばれました。加藤さんは、練習中にミスした時に背後から「もう1本!」と優しく声をかけられ、「クラークに入学して良かったと思った」と話します。久保さんは、スパイクの打ち方をアドバイスされ、「右にも左にも打てるようになりました」と言います。この日の試合後、1年生の2人は「先輩たちと一緒に、春高バレーに出場します」と声をそろえました。
 4月18日の決勝トーナメントでベスト4以上に入れば、5月のインターハイ空知地区予選のシード権が手に入ります。そして優勝なら、3年目の春季空知地区大会で初タイトルを獲得、勢いに乗って夏の甲子園出場を果たした硬式野球部と同じレールに乗ります。「春高バレー、やっぱり出たいです」と塚原主将。8人の新入生を加え19人となった新生クラーク国際女子バレーボール部が、まずは最初の栄冠に挑みます。

A61W5358.jpg 強烈なスパイクを決めて笑顔の1年生・久保さん(右)

A61W5051.jpg 相手選手のスパイクをブロックする塚原主将(右)と八重樫さん

A61W5402.jpg 試合後の整列を終え、駆け出す選手たち