全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

千葉キャンパス

NEWS

21.09.16【資格検定】「支え合い」「助け合い」を学ぶ。ピアアシスタントの授業を実施!

クラーク記念国際高等学校千葉キャンパスでは、様々な学びに挑戦することができます。「ピアアシスタント基礎課程」もその中の一つです。

ピアアシスタントは、ピア(仲間)とアシスタント(支援者)のふたつを組み合わせた言葉で、高校生としてはもちろん、社会に出てからも必要なコミュニケーション能力や、自己理解、他社理解する力を伸ばすための検定です。

授業の中ではグループを通しながら、実践的に学んでいきます。今回の内容は「リフレーミング」です。リフレーミングとは、言葉や事象のとらえ方を変え、ポジティブな意味合いにとらえるという考え方です。例えば「怒りっぽい」を「感情が豊か」という風にとらえなおします。

生徒たちはアニメの登場キャラクターの短所や、お互いの短所をリフレーミングしました。最初はなかなか難しそうでしたが、慣れるといろいろな捉え方ができていました。自分の短所だと思っていることも、見方を変えると好きになれるかもしれませんね。

1.jpg

2.jpg

千葉キャンパスへのお問い合わせ

千葉キャンパスのPC版サイトへ