全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

単位制キャンパス千葉

NEWS

19.06.19【NET+コース】ネット学習するだけじゃない、PBL(プロジェクトベースドラーニング)を取り入れたNETプラスコースで主体性、協働性、多様性を学ぼう。

今年度より開講している「NET +(ネットプラス)コース」は、インターネットによる情報革命、AIの進歩によるシンギュラリティなど、来るべき「人生100年時代」を生き抜くことのできる人材、自ら学び続けることができる人材の育成を目指します。

NETプラスコースは、ネットでの学習に加え、登校時に「PBL=Project Based Learning」をカリキュラムに取り入れています。他の生徒たち一緒に世の中の色々な課題について、今後の生き方、考え方について思考し、話し合い、解決策を模索するPBLで生徒達は主体性、協働性、多様性を学んでいきます。毎週行われるこのPBLに積極的に参加をする事で生徒たちは社会でしなやかに生きる力を養ってゆきます。

ネットプラスコースのPBLは外部の企業や機関とも連携し実践的で効果の高いプログラムを目指しています。

詳しくはNET+コース紹介ページをご覧ください。
https://www.clark.ed.jp/about/choice/netplus/

190302_CL0913.jpg

単位制キャンパス千葉へのお問い合わせ

単位制キャンパス千葉のPC版サイトへ