全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

CLARK SMARTさいたま

NEWS

21.09.23【通信制高等学校評価研究会認定第一号】クラークの教育活動及び施設・設備が評価基準に適合していると認定されました。

今や全国に通信制高校は100校以上ありますが、クラーク記念国際高等学校は、1992年に6番目の広域通信制高校として開校し、今年で29年目を迎えます。

今では当たり前となった通信でも学校に通い多彩な学習を受けるスタイルはクラーク記念国際高等学校が生み出した教育の1つです。

そんな長年い歴史と実績を持つクラーク国際が通信制高等学校評価研究会の認証評価を受け、教育活動及び施設・設備が評価基準に適合していると認定されました。

学校教育の学び方や学校生活の在り方の多様化が進んでいる中で、通信制高校の就学人口は増加傾向にあります。様々なスタイルの通信制高等学校が設立されている一方で、大学や専門学校のような評価組織がないのが現状です。

通信制高等学校評価研究会は、その現状を鑑みて広域通信制高等学校全体の教育の質の向上を目指して設立されました。文部科学省の「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン」を基にして、三者評価組織の構築に取り組む団体です。
クラーク国際は、この通信制高等学校評価研究会の認定第一号となりました。これからも生徒たちのために安心して学べる環境、より良い教育を目指していきます。

認定証.png

CLARK SMARTさいたまへのお問い合わせ

CLARK SMARTさいたまのPC版サイトへ