全国に11000名以上の生徒が学ぶ日本最大級の通信制高校

クラーク記念国際高等学校

東北地区

クラーク記念国際高等学校とは

クラーク記念国際高等学校は1992年開校。全国で11,000人以上の生徒が学ぶ、日本最大の高校です。全日制高校同様、制服を着て毎日通学し、通信制ならではの「柔軟カリキュラム」設定という特色を生かして、自分の好きなこと・興味あることをとことん学ぶことが可能です。2013年に80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎が開校以来校長を務めています。

東北地区キャンパスの特長

東北地区のキャンパスでは自分の興味があることをとことん学べるユニークなコースやゼミ授業を展開。中でも仙台キャンパスでは、プロの声優、イラストレーター・漫画家を目指すクリエイティブコース、震災復興など様々なボランティア活動や資格取得に力を入れる福祉・心理コース、難関大学進学を目指す総合進学コースを展開。少人数制のオンリーワンコースもあります。(コースはキャンパスによって異なります)