よくある質問 入学編|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ

よくある質問:入学編

入学する際の様々な疑問にお答えします!

よくいただくご質問をまとめました。ご活用ください。
キャンパスにより異なる場合もございます。詳しくは各キャンパスへ直接お問い合わせください。

Q 単位制/通信制って何ですか?
A ・単位制とは?
日本の高等学校制度は、学年制と単位制に分かれています。学年制は1・2・3学年か各学年次に修得しなければならない単位の拘束があり、全単位の修得が進級の条件です。
これに対して単位制は3年間の中でこれだけの単位を修得するというシステムです。

・通信制とは?
日本の高等学校は、全日制、定時制、通信制の3種類に分けられており、その中で通信制とは基本的に、学校が指定する報告課題レポートとスクーリングとよばれる授業(講義)、面接指導に指定回数受講すれば単位修得となります。
このシステムを生かし、クラークでは様々なスタイルやカリキュラムで授業展開しています。もちろん通信制も全日制と同様、卒業資格が得られる高等学校です。
Q 転入学/編入学って何ですか?
A ・転入学とは?
学校に在籍している生徒が、同種類の他の学校の相当学年に移ることを言います。
出願資格:高等学校に在籍しており、転入学の理由が明確な生徒。
出願期間:生徒の事情を考慮し、随時受け付けております。(早めにご相談を)

・編入学とは?
種類の異なる学校への入学や、過去に高等学校を中途退学した生徒が、もう一度高校へ入学することを言います。
出願資格:高等学校に在籍し、中途退学した生徒。
出願期間:前期生4月末・後期生10月末
Q 学力試験は、難しいのですか?
A 中学校の基礎を中心にして幅広く出題されます。事前に今まで学んだことを復習しておきましょう。
なお、クラークの過去問題集はありません。(キャンパスによって試験内容や方法は異なります。)
Q 一般試験を受験するために、学校説明会や入試相談に参加する必要はありますか?
A 出願条件になっているキャンパスもあります。クラークをより理解するために、ぜひ参加してみて下さい。
Q 入学試験のときはどのような服装をしていけばよいですか?
A 中学校で決められた制服があればそれを着用してください。また、制服がない学校の場合は学校に行くのにふさわしい私服でも結構です。
Q あまり学校に行ってなかったのですが平気ですか?
A 安心してください。学校復帰のための支援と居場所づくりをしながら、一人ひとりにあったペースで学習します。内閣府認定の(財)こども教育支援財団の支援を得ながら、生徒たちをよりよい環境へと導きます。
Q 願書の提出は本人が提出となっていますが、それは絶対ですか?
A はい、ただし、健康上の理由による場合は考慮します。受験への心構えをしっかり持ってもらいたいと考えています。
Q 面接は親と一緒に受験する必要がありますか?
A 親子での面接試験となります。この機会にご家庭で話し合いを持ち、高校生活の目標などをしっかりと考えてみてください。
Q 合格発表は、どこでするのですか?
A 合否の結果は、試験日から3日以内に各ご家庭に郵送します。なお、試験の合否についての電話等によるお問い合わせには一切応じられません。
Q 学費はどのくらいかかりますか?
A 登校スタイルによって異なります。各キャンパスに確認をして下さい。
Q 前籍校の単位は振替えできますか?
A 前籍校で修得した単位や高等学校卒業程度認定試験(旧大検)で合格した科目等振り替えができます。詳しくは最寄りのキャンパスへお問い合わせ下さい。
Q 通信制でも3年で卒業できますか?
A もちろんできます。クラークでは、3年間での卒業を前提にカリキュラムを組んでいます。
Q 通信制なのに制服で通うのですか?
A キャンパスにより異なりますが、全日型の週5日コースについては制服着用が義務付けられています。高校生としてのルールやマナーを身につけ、社会へ大きく羽ばたいてもらいたいからです。
Q 学科試験は、どこを勉強しておけば良いですか?
A 今までの学習の総復習を行って下さい。入学の審査基準としてだけでなく、現在の学力を見させてもらうための試験でもあります。面接においてもこれからの意欲を見させていただきます。

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。