キャンパスニュース|深川校|クラーク記念国際高等学校

深川キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(725件中 22件〜28件目)

3番・金原二塁手が2戦連続ホームラン!16安打猛爆で北北海道大会進出決定! 20.07.25

令和2年北海道高等学校野球大会北北海道大会空知支部代表決定戦が7月25日、北海道・滝川市営球場で行われました。クラーク国際が12―0の5回コールドで岩見沢緑陵高校を下し、北北海道大会進出を決めました。3番・金原塁二塁手(3年)は1回裏1死二塁の場面でレフトスタンドに2戦連続・通算32本目のホームランを放つなど、3打数3安打2打点の大暴れ。チームの16安打12得点圧勝を呼び込みました。
 「高めの変化球を狙おう!」。ベンチから届いた指示を、金原くんはそのまま実践しました。外野から内野方向に吹く強い逆風を切り裂くように、打球は左中間スタンドにそのまま到達しました。「素直に(アドバイスを)聞きました。昨日より今日の方が感触は良かった。風は少し心配でしたが、入ってよかった」。試合後の取材で報道陣に囲まれると、会心の表情でホームランの場面を振り返りました。
 4年前、クラーク国際のメンバーとして甲子園に出場した兄・瑶さん(愛知東邦大学)のアドバイスで打撃開眼しました。冬場は、兄に教えられた6㌔のメディシンボールを使ったトレーニングを実践。軸の右足にギリギリまで体重を残し、下半身を使うことで「ボールが飛ぶようになった」といいます。今大会直前の練習試合では5試合ほどで10ホームランをかっ飛ばし、勢いそのままに、公式戦2戦連発につなげました。
 中学生の時、甲子園のグラウンドで躍動する兄の勇姿をアルプススタンドから見て、宮城県から北海道にやってきました。コロナウイルス感染拡大もあり、甲子園には手が届きませんでした。それでも「北北海道大会には、プロ注目のピッチャーも出場するはず。くせを見抜いて、勝負します」と金原くん。打撃開眼した背番号4が、高校生活最後の舞台でも、美しいアーチをかけてくれます。
クラーク国際の北北海道大会1回戦(旭川スタルヒン、無観客試合)は、8月6日(木)14:30プレーボールです!

【空知支部代表決定戦】(5回コールド)
岩見沢農 00000=0
クラーク 4206X=12
バッテリー:辰巳、小林、浦崎―小濱、村上
本塁打:金原
三塁打:池田、野坂
二塁打:大畠、池田、山田

3回裏2死、四球で一塁に歩いた金原くんは、ベンチの指示を待つ

2戦連続先発で4回無安打無失点と佐々木監督の期待に応えた辰巳投手の投球

北北海道大会用の写真撮影を行うクラーク国際ナイン

公式戦初打席初スイング初ホームラン!池田の1発で、ド派手に開幕! 20.07.24

令和2年北海道高等学校野球大会北北海道大会空知支部大会2回戦が7月24日、北海道・滝川市営球場で行われました。クラーク国際は10―2の7回コールドで岩見沢農業を下し、初戦を突破しました。1点を先制した直後の1回裏2死一塁の場面で、公式戦初出場の5番バッター・池田迅翔(はやと)左翼手(3年)がライトスタンドに2ランホームランを放ち、チームを勢いに乗せました。
 池田くんは1年生の12月に、鹿児島県の野球名門校からクラークにやってきました。高等学校野球連盟の規定で、1年間は公式戦に出場できないことを承知で転校。「3年生最後の夏に必ず甲子園」という思いを胸に、トレーニングを続けてきました。
ところが、1年以上待って、ようやく出場できるはずだった今年の春季大会はコロナウイルス感染拡大で開催中止。この夏の甲子園も、戦う前に中止が決まりました。「転校先を必死に探してくれた両親、受け入れてくれた監督・部長、支えてくれたチームメートに、何も恩返しできないで卒業するのかと思うと、悔しくてたまらなかった」といいます。
だからこそ、かろうじて開催の決まった高校生活最後の大会にかけていました。北の大地の公式戦で初スイングすると、バットに弾かれた白球は見事なアーチを描き、スタンドに飛び込みました。「(ホームランは)無心で振りました。甲子園はないけれど、圧倒的な差で今大会を優勝して『甲子園でも十分に戦えるチームだった』と言わせます」と池田くん。25日の北北海道大会代表決定戦でも、必ず打ってくれるはずです。

【空知支部2回戦】(7回コールド)
岩見沢農 0010010=2
クラーク 301330X=10
バッテリー:辰巳、小林、浦崎、田中―小濱、村上
本塁打:池田、金原
二塁打:山田、野坂2、大畠

1回裏2死一塁,池田左翼手(3年)はライトスタンドに2ランホームランを放つ

3回裏、先頭打者の金原二塁手(左)は左翼スタンドに公式戦初本塁打を放ち、笑顔で三塁ベースを回る

校歌が終わると、クラーク国際ナインは応援スタンドに向かって走る

【総合進学・スポーツコース】スポーツコース硬式野球部令和2年夏季空知支部大会壮行会を行いました。 20.07.22

7月24日(金)にスポーツコース硬式野球部は、
令和2年夏季空知支部大会初戦を迎えます。
大会での活躍を祈願して、総合進学コースの生徒たちで壮行会を実施しました。
生徒会長の挨拶には、新型コロナウイルス感染症のより応援には行けないが、
日頃の練習の成果を発揮して良い結果を残してほしいと話がありました。
3年生にとっては、最後の大会。
例年とは違う形式にはなりましたが、3年間の集大成をグラウンドで
発揮してほしいと思います。

野球部主将野坂さんによる決意表明

生徒会長からの挨拶

【総合進学・スポーツコース】沼田町企業説明会を実施していただき、将来について考える機会に! 20.07.22

7月22日(水)、総合進学・スポーツコースの生徒を対象に
沼田町企業説明会を実施していただきました。
沼田町にある企業の方から、就職についてのお話を聞かせていただきました。
新型コロナウイルス感染症により就職活動が例年通りにはいかない可能性がある中、
沼田町の企業の方からは、一緒に働きましょうとお声をいただき、
進路選択の1つにすることができ、生徒たちも将来を考える機会になりました。

沼田町長様よりご挨拶をいただきました

資料に目を通す生徒

進路について考える機会になりました

【スポーツコース・総合進学コース】英検上位級挑戦や、女子バレーボール部マネージャーに挑戦した~6月月間MVP受賞総合進学コース2年佐藤さん~ 20.07.22

6月の月間MVPは総合進学コース2年の佐藤さんです。
佐藤さんは、6月より女子バレーボール部のマネージャーに挑戦したり、英検においても毎日遅くまで学校に残り、勉強を続けて上位級取得に向けて挑戦しています。
地域交流ゼミにおいても高齢者福祉施設に訪問する企画のリーダーを務めるなど、社会的に評価される活動を数多く実践してきました。
今後の更なる飛躍に期待します。



6月の月間MVPを受賞する佐藤さん

【スポーツコース・総合進学コース】これからの社会で必要なスキルを確認し、夏期休暇中の過ごし方について確認した~前期終業式~ 20.07.22

7月22日(水)スポーツコース、総合進学コースを対象に前期終業式が行われ、夏期休暇中の過ごし方について話がありました。日々、情報収集し学習することの大切さについて教務から話があり、人間関係における「信頼関係」の大切さについて生活指導から話がありました。
進路からは、戻ることのできない高校生という時期に、何をすべきなのか、時間を大切にするように話がありました。
不要なトラブルに巻き込まれることの無いように、有意義な夏期休暇にしてください。

時間の大切さについて話をする長澤先生

真剣に話を聞く生徒達

真剣に話を聞く生徒達

【パーソナルAコース】夏期休暇中の過ごし方について様々な角度から話を聞いた~終業式~ 20.07.21

7月21日(火)パーソナルAコースは夏休み前最後の登校日となり、密を避けながらの集会を行いました。教務、進路、生活指導から話があり、様々な視点からの話がありました。
宮谷キャンパス長からもコロナ後の日本社会がどのように変化していくのか、そして今後の日本社会において必要なスキルの話など、非常に有意義な話をたくさん聞くことが出来ました。時間を無駄にすることなく有意義な夏期休暇にしましょう。

アフターコロナの社会で必要なスキルについて話をする宮谷キャンパス長

情報収集の大切さについて話をする菅原先生

真剣に話を聞く生徒達

(725件中 22件〜28件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。