キャンパスニュース|深川校|クラーク記念国際高等学校

深川キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(1013件中 22件〜28件目)

エース山中&4番麻原の活躍で8強進出!春夏連続甲子園出場中の北海高を11安打6得点で粉砕! 21.10.03

来春のセンバツ甲子園出場の参考となる第74回秋季北海道高校野球大会2回戦が10月3日、札幌・円山球場ほかで行われました。クラーク国際(深川)が6−2で、春夏連続甲子園出場中の北海高校を下し、初のベスト8進出を決めました。左腕エースの山中麟翔(りんと)投手(2年)が6安打2失点で2戦連続完投。打線は同点の3回に4番・麻原草太捕手(1年)が左中間を破る決勝2点タイムリー二塁打を放つなど、計11安打で6点を奪って試合を優位に進めました。
1年生4番・麻原くんが、甲子園出場回数全国一の北海高校との大一番で、練習の成果を見せました。3回裏無死二・三塁。高め直球を引っ叩くと、鋭い打球がレフトとセンターの間に伸びていきました。2人が一気にホームインし、同点に追いつかれた後の嫌なムードを一掃しました。約2週間前の空知支部予選は3試合で9打数2安打。スタメンの9人中5人が5割以上の打率を記録する中で、悔しい思いをしました。支部大会後は、投球をイメージしながら止まったボールを打つ〝置きティー打撃〟を1日300球実施。以前の6倍の回数を繰り返し、北海道大会に備えてきました。「クラークの4番にふさわしい打撃がしたかった」と麻原くん。最高の場面で、〝これぞ4番〟という仕事をしました。
打線は北海高校の3投手から11安打を放ち、効果的に得点を重ねました。山中投手は2日前の駒大苫小牧高校、この日の北海高校と、2戦連続で実力校から完投勝利をもぎとり、自信をつかみました。佐々木啓司監督は「打線はボールに集中できていたし、山中は変化球を混えた、打たせて取るピッチングができていた。打線と守備のバランスが良くなってきた」と満足そうでした。連戦となる3回戦は、準決勝進出をかけて立命館慶祥高校と対戦します。センバツ出場に向けて突き進むクラーク国際ナインの応援を、引き続きお願いします!

【第74回秋季北海道高等学校野球大会1回戦】
北海高校 010000010=2
クラーク 10301100×=6

バッテリー 山中−麻原
二塁打 新岡歩、麻原

【次の試合】
10月4日(月)9:30〜 3回戦 VS立命館慶祥高校
※無観客試合
※雨天順延

決勝の2点タイムリー二塁打を放ち、二塁ベースで笑顔を見せる麻原捕手

相手打者を三振に打ちとり喜ぶ山中投手

校歌を歌いおえて、応援スタンドに向かって駆け出すクラーク国際ナイン

学校説明会のご案内【総合進学コース対象:10月16日(土)14:00開始】 21.10.03

【総合進学・WEB学習コースを希望される方】
10月16日(土)14:00~16:00 学校説明会

説明会内容は下記の通りです。

<学校説明会>
・学校説明
・募集コース案内
・入試説明
・在校生による学校生活の紹介
等の説明を行います。

また、参加者全員の方に個別相談を実施しており、そこでより詳しいお話や生徒さん・ご家庭別で様々なお話を伺います。
学校説明会への参加に伴い、校舎見学や在校生による学校紹介も実施しています。
ご予約はホームページ、お電話、FAXなどいずれかの方法でお申し込みをお願いします。
クラーク国際に入学を希望される方は早めの説明会参加をお勧めいたします。

それでは、新中学校3年生の皆さん、生徒・教職員一同お待ちしております。

エース山中が完投&決勝タイムリー二塁打!王者・駒大苫小牧を下して大会初勝利! 21.10.01

来春のセンバツ甲子園出場の参考となる第74回秋季北海道高等学校野球大会1回戦が10月1日、札幌・麻生球場ほかで行われました。2年連続3度目出場のクラーク国際(深川)が4−1駒大苫小牧高校を下し、今大会初勝利を飾りました。左腕エースの山中麟翔投手(2年)が9回123球の熱投。楽天・田中将大投手の母校で、2度の全国優勝を誇る強力打線を5安打1失点に抑え、自身公式戦初の9回完投勝利を手にしました。
4回表に自らの右中間への2点タイムリー二塁打などで3点を先制すると、背番号1のギアが1段上がりました。5、6、7回と3イニング連続で三者凡退。打者の手元で伸びるストレート、遅いカーブ、鋭く曲がるスライダー、チェンジアップ、カットボールの5つの球種のコンビネーションで相手バッターを封じました。「今日はリズム良く自分の投球ができた」と山中くん。麻生球場は通常の球場より外野が約10mも狭く、打者のタイミングを完全にずらさないとホームランになってしまう可能性があったため、佐々木啓司監督は「ハラハラドキドキだったけど、山中がよく相手バッターの芯を外して投げていた。素晴らしかった」とべたぼめでした。
最終回にフォアボールとデットボールなどで1点を奪われましたが、山中投手の投打にわたる活躍で、クラーク国際が創部8年目で秋季大会初勝利をつかみました。2回戦の相手は春夏連続甲子園出場中の強豪・北海高校です。山中くんは「気持ちで負けないよう、きっちり攻めていきたい」と、勇ましく話してくれました。2日後の試合もまた快投・快打を見せてくれるはず。次戦もさらなる応援をお願いします!

【第74回秋季北海道高等学校野球大会1回戦】
クラーク国際 000300100=4
駒大苫小牧  000000001=1

バッテリー 山中−麻原
三塁打 新岡歩
二塁打 山中

【次の試合】
10月3日(日)9:30〜 2回戦 VS北海高校
※無観客試合
※雨天順延

4回表1死一・二塁で右中間に2点タイムリー二塁打を放つ山中くん

打者を三振に切ってとり、マウンドで吠える山中くん

校歌を歌い終え、スタンドに挨拶に走るクラーク国際ナイン

【スポーツコース】全国スポーツコース部活動壮行会を実施しました! 21.09.29

9月29日(水)、クラーク国際のスポーツコースを対象とした
壮行会を行いました。
深川キャンパスからは、硬式野球部と女子バレーボール部が参加し、
今年度の活動報告とこれからの目標について話をしました。
この様子は全国のクラーク生がYoutubeで見られるようになっており、
全国の生徒からエールが送られるシーンもありました。
硬式野球部は10月1日北海道秋季大会初戦です。
また女子バレーボール部は10月2日に春高大会地区予選となります。
応援のほどよろしくお願い致します。

硬式野球部からの活動報告

女子バレーボール部からの活動報告

壮行会に参加する生徒の様子

【総合進学・スポーツコース】2021年度 前期終業式を実施しました。 21.09.27

9月27日(月)、総合進学・スポーツコースを対象に、
前期終業式を実施しました。
コロナ禍の状況で約半年間生徒たちはよく頑張ってくれていたと思います。
岡田副校長からは、節目について考えさせられるお話があり、
生徒たちは約半年の学校生活を振り返り、後期からの目標を明確にしている様子でした。

野球部空知支部予選優勝表彰の様子

岡田副校長のお話

1年生集合写真

【総合進学・スポーツコース】スポーツコース見学会を実施しました~ホンモノに触れる~ 21.09.24

9月24日(金)総合進学コースの生徒を対象に
スポーツコースの見学会を実施しました。
深川キャンパスには、スポーツコースに硬式野球部とバレー部があります。
どちらも全国大会出場を目指しているチームです。
総合進学コースの生徒が実際にスポーツコースの練習風景を見る機会や
グラウンドなどの施設に入る機会は今まであまりありませんでした。
今回、スポーツコースの見学会を実施し、本物の技術や施設を体感してもらう
機会としました。
野球部での体験では、実際にバッティングの体験をさせてもらい、
バレー部では円陣パスを一緒に行う機会がありました。
改めてお互いのコースが尊敬の念を持つことができたと思います。

バッティング体験の様子

実際のボールの感触を確認しました

円陣パスの様子

【食品製造ゼミ】畑で採れたトマトを使ってトマトジュースを製造 21.09.24

9月22日(金)の食品製造ゼミでは、畑で採れたトマトを使って、
トマトジュースの製造を行いました。
昨年も少量しかトマトを収穫できなかったため、
今年のトマトとあわせてやっと製造分のトマトを用意することができました。
今回は、丁寧に煮詰めることで濃厚で、酸味の強い、
美味しいトマトジュースを作ることができました。

トマトを煮詰めていきます

熱いトマトジュースをビンに入れていきます

機械を使って栓をします

(1013件中 22件〜28件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。