キャンパスニュース|柏キャンパス|クラーク記念国際高等学校

柏キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(1883件中 8件〜14件目)

【進路指導】進路への不安もこれで安心!豊富なクラーク国際の系列校 21.10.18

クラーク国際の母体である学校法人創志学園には、複数の系列校があります。日本国内の大学では、多くの教員を輩出しているIPU環太平洋大学や東京経営短期大学があります。

東京経営短期大学には「こども教育学科」が設置されており、クラーク国際には保育や幼児教育に特化したコースを設けているキャンパスが多くあるため、高校での経験を活かし、さらに充実した内容を学べるようになりました。
また海外の大学では、ニュージーランドにある国際大学 IPU New Zealand があります。ニュージーランド政府教育資格審査局から「Highly Confident」という最高評価を受けています。

生徒は高校在学中から、将来日本のみならず海外でも活躍できる人になりたいという強い志を持ち、進学していきます。その他にも多くの専門学校があるため、生徒一人ひとりに合った進学先が見つかるようサポートしています。

【学習】キャリア学習Ⅰ~高校生ビジネス・グランプリに挑戦!~ 21.10.17

これは高校生・高専生のビジネスプランを競う全国規模の大会で、前回409校、3,808件が参加して、かつてYouTubeやFacebookが生まれたように、生徒たちのビジネスアイデアから世界を変えるビジネスを生み出せる社会に挑むものです。
今回は担当である日本政策金融公庫の方をお招きして、生徒たちへの講義もしていただき生徒一人ひとりにビジネスチャンスをいただく機会となりました。
これから生徒たちは今までのキャリア学習で学んだ思考力・判断力・表現力・主体性・多様性・協働性を駆使してビジネスプランを作成していきます。全国レベルとの競い合いでこの冬には結果がでます。この何事にもチャレンジしていくことにより、一人ひとりを成長に導いています。

【お知らせ】全道初V!第74回秋季北海道高校野球大会で並み居る強豪を次々と破り初優勝!(深川キャンパス) 21.10.16

第74回秋季北海道高校野球大会決勝戦が10月12日、札幌円山球場で行われ、2年連続3度目出場のクラーク国際が3−1で旭川実業高校を下し、初優勝を飾りました!
この試合を、柏キャンパスの1・2年生はパブリックビューイングで応援しました。
1回表の先制の場面は大きく盛り上がりました。そのあと6回裏、追いつかれそうになった場面はヒヤヒヤしましたが、守り切った時は生徒たちから安堵の声が聞こました。そのあと追加点が入った場面は拍手が沸き起こりました。そして、優勝が決まった瞬間、喜びは最高潮に!!
球場に実際に行って、応援するというのはできませんでしたが、選手たちの頑張りを受けて、柏キャンパスの生徒達の応援にも熱がこもりました。最後に行ったアンケートからは、生徒たちの感動が伝わってきました。
スポーツを通じて、全国の生徒たちの想いが一つになった瞬間を、生徒たちは体感できたと思います。
11月には柏キャンパスの生徒達も、運動部の秋季公式戦があります。バドミントン部・卓球部・ソフトテニス部・サッカー部が出場します。深川キャンパスの野球部の活躍を見て、今度は自分たちが頑張る番だ!と意気込んでいました。柏キャンパスの秋季大会でも皆に多くの感動を与えられるよう頑張ります!

【学習】国語の授業では、思考力・想像力を育んでいます! 21.10.15

1年生の国語総合の授業では、『十六歳のとき』星野道夫著の単元を学んでいます。この単元では、星野さんの体験談を通して視野を広げていきます。
この文章は星野さんが16歳の時に体験したことについて書いてあるので、現在、星野さんの当時の年齢と同じ年齢の生徒たちは、読んでいてより感慨深いものがあったと思います。ただ読んで、「この筆者はすごいなと思いました」というような感想を持つだけで終わってしまうのではなく、筆者の体験談を通して、自分の視野を広げ、自分の人生についても考えながら読みを深めていきました。文章を読みながら筆者の歩んできた人生について想像力を働かせ、自分の人生についても考えることで、思考力も働かせました。
読みながら自分の視野を広げ、思考力・想像力を育んで、今後の人生の糧にするような学びをしていきます!

【委員会活動】図書委員がこの秋、新たな図書イベントを実施します!! 21.10.14

図書委員がこの秋、新たなイベントを実施します!題して『秋の本祭り』です!このイベントは、読書推進を目的として、生徒たちが企画しました。図書室を多くの生徒に利用してもらい、たくさんの面白い本との出会いを楽しんでもらいたいという図書委員の願いが込められています。
ルールは簡単で、図書室の本を借りて、それについて400字程度の感想文を書き、それをポイント化して得点を競うというものです。高得点者には景品も用意しました。
このイベントを通して、多くの生徒たちの読解力・表現力の向上が期待できます。
このイベントの様子は、随時このホームページに掲載予定です。
生徒たちに人気の本の紹介や生徒たちから集まった感想文の掲載なども行っていく予定ですので、お楽しみに!!

【学習】オンライン通学型~生徒に必要な問題を自動生成する学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」をCLARK SMARTで導入! 21.10.13

オンライン通学型コースCLARK SMARTでは、生徒の学習習熟度に合わせて学ぶことができるA I学習プラットホーム「Monoxer(モノグサ)」を導入しています。
「Monoxer(モノグサ)」は、先生が覚えてほしい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題を自動生成する学習プラットホームです。生徒は、スマホやタブレットからアプリを起動し、学習範囲や期間を設定した上で問題に取り組むことができます。リアルタイムで難易度や出題頻度などの調整が行われるため、目標設定を定めた後は学習計画に従って勉強するだけで、学習範囲を網羅できるような仕組みになっています。
試験導入で、英単語テストの平均点数が24.9点上昇するという大きな成果をあげ、英語学習において正式導入が決定しました。今後は他科目で活用範囲を広げていく予定です。

【学習】創志学園グループ高専大連動授業(専門学校 早稲田国際ビジネスカレッジ編) 21.10.12

クラーク国際には東京経営短期大学や東京国際ビジネスカレッジといった系列校が多数あります。この系列校と連携して進路ガイダンスや体験授業を行ってキャリア教育を実践しています。
先日は、早稲田国際ビジネスカレッジから中国人の講師の先生による中国語の基礎講座が行われました。
オンライン形式で、語学だけでなく中国に関するクイズを中心に文化についても学べる授業が展開されました。中国語会話について学ぶパートでは、レストランでの注文の仕方を体験しました。生徒たちは、積極的に発言し、主体的に楽しみながら学びました。
このように中国語や中国の文化を学ぶことは、普段の授業ではできない体験です。この授業を通して、生徒たちの視野が広がりました。中国の文化を学び、日本の文化と比較して考えることで、多様性も理解することができました。
今後も様々な系列校と連携して、多種多様な授業を行っていきます。そこで生徒たちは社会に求められる6つのスキル(主体性・多様性・協働性・思考力・判断力・表現力)を伸ばしていきます!

(1883件中 8件〜14件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。