コース紹介|名古屋キャンパス|クラーク記念国際高等学校

名古屋キャンパス

コース紹介

クラークスマートコース (2021年4月新開講)

オンラインと登校授業など、
より個々に合わせた選択が可能なコンテンツ選択型スタイル

オンラインでの授業と登校しての対面授業、映像教材やアプリを活用しての学習やeスポーツなど、様々なコンテンツを選択できコーチング担任からのアドバイスも受けられます。成長の仕方は生徒によりさまざま、より個々に合わせた選択が可能なコースです。

  • スマートスタディⅠ
    私服  コース担任  授業選択週6コマ  登校対面授業  オンライン授業  サークル活動

  • スマートスタディⅡ
    私服  コーチング担任  授業選択週15コマ  登校対面授業  オンライン授業  サークル活動  eスポーツ  予備校映像教材  学習アプリ

  • スマートスタディⅢ
    私服  コーチング担任  授業選択無制限  登校対面授業  オンライン授業  サークル活動  eスポーツ  予備校映像教材  学習アプリ  予備校講座  英語特別授業  プログラミング授業

対面授業イメージ(学校に登校して参加)

オンライン授業イメージ(ネット環境があればどこでも参加可)

スマートスタディⅠ <授業選択:週6コマ選択>

オンラインと登校授業を週2日~3日で選択。
自分のペースで学校生活したいや学外活動を中心にしたい人に最適なコース。

<時間割選択例>

週2日程度の登校。資格・検定対策中心に選択。
自信をつけるために、将来役立ちそうな実務的な検定と興味などから授業選択した例。


登校対面授業 オンライン授業

選択可能な資格検定授業
英検 文章読解作成能力検定 情報処理検定 簿記 ニュース検定 秘書検定 世界遺産検定 ライフケアカラー検定 ピアアシスタント(心理学基礎)など

情報処理検定対策授業

<時間割選択例>

趣味、教養授業や教科授業を選択。

苦手な英語と数学などオンラインで、趣味のイラストで週1登校。


登校対面授業 オンライン授業

選択可能な趣味・教養系授業
イラスト、CGイラスト、英会話、webデザイン、ハンドメイド、心理学、日本文化おもてなし、エアラインワークショップ 書道 など

イラスト授業

スマートスタディⅡ <授業選択:週15コマ選択>

様々な授業の他、大手予備校も使用する基礎復習から受験対策まで対応した映像教材も利用できます。コーチング担任のサポートもあり、やりたいことを充実してできるコース。

<時間割選択例>

さまざまな授業をバランスよく映像教材やアプリなどでの学習もしっかりと

色々な新しい知識を吸収できる授業、教科学習はレベル別で見られる映像教材や記憶力をつけるアプリ(EdTech学習)なども使用して勉強。


登校対面授業 オンライン授業 EdTech学習

選択可能な資格検定授業
英検 文章読解作成能力検定 情報処理検定 簿記 ニュース検定 秘書検定 世界遺産検定 ライフケアカラー検定 ピアアシスタント(心理学基礎)など

産学連携PBL

<時間割選択例>

好きなこと興味があることと苦手教科を選択

中学校の復習から学校と自宅でしっかりと。eスポーツと興味がある心理学や動物などの登校授業を選択。


登校対面授業 オンライン授業 EdTech学習

eスポーツ教室

スマートスタディⅢ <授業選択:無制限選択>

授業は無制限に選択可。Ⅱまでの内容に加え、オンライン予備校授業、プログラミング、ネイティブ教員によるマンツーマン英語指導が選べるコース。

時間割例 <特別進学>

志望大学受験に必要な教科を中心にしっかり学習

受験対策授業と航空業界の知識を得られるエアラインワークショップの授業を選択。自宅からオンライン予備校講座に参加。


登校対面授業 オンライン授業 EdTech学習

専門性が高い学習コンテンツで学びを深めるプライムコンテンツ。
特別進学 プログラミング グローバル

クラークスマートⅢでは難関校を目指す「特別進学」、アプリ制作やAIも学べる「プログラミング」、ネイティブ教員授業と英語特化アプリで英語力を磨く「グローバル」を選択できます。

スマートスタディーⅡ・Ⅲはコーチング担任が生徒をサポート
クラークのコーチングとは?

学習心理支援カウンセラーの資格を持った教員がコーチング担任として生徒一人ひとりの状況、目標に合わせて成長、自立のためのアドバイスをします。しっかり時間をつくり個々で話をするから相談もしやすい環境です。

【INTERVIEW】生徒と先生聞く、コーチング担任

―――貞方さんはコーチングと聞いてどんな想像をしていましたか?

貞方:コーチングと聞いたとき、僕は水泳を習っていたことがあったので、水泳のコーチを思い浮かべました。最初は何か一方的に教える?ようなイメージでした。こうしなさいと言われるみたいな。

―――コーチング面談ではどんな話をしているのですか?

貞方:目標を決めて、目標までのスケジュールをどうしようかなどを話してます。僕の場合は受験生なので、今は受験の話が多いです。自分の勉強時間が視覚化されるアプリを使っていて、先生と勉強時間の情報も共有できるので調子どう?やってるね!と自分から言わなくても見てくれていることが分かります。基本的には先生から「こうしたらいい」「はい分かりました」という感じではなく、僕がやりたいことを引き出して意見を聞いてくれている感じです。

―――先生にお聞きしますが、コーチングで大事にしていることはありますか?

新開:生徒自身が決めたほうが何事も頑張ってできると思うので、やりたいことを引き出すことを大事にしています。勉強を頑張りたいけど、やり方が分からない時は、「こういうやり方があるよ」とアドバイスします。目標を立てるまで時間がかかりますが、逆にかけたほうがやりたいことが明確になって、生徒からいろんな意見が出るようになってきますね!時にはやりすぎることを制御することも必要なときもあるくらいです。

貞方:僕の場合は漢検にエンジンがかかりすぎて、試験までだいぶ期間が空いているのに、もう勉強することないというところまでやってしまって、そこからモチベーションが下がっちゃったことがありました。

新開:そういう事もあったねぇ。

―――入学してから自分で変わったなぁと思ったことはありますか?

貞方:面談を受けるまでは全く勉強してなくて、数学が得意だったので何とかなると思っていたけれど、高校の学習は甘くなかった。模試を受けてもほとんど解けなくて落ち込みました。コーチングを受けたことで、計画を立てて頑張ることの大切さがわかりました。あとは、先生が僕の色々なことに挑戦したいという変化を感じ取ってくれて行事の実行委員とかやってみないと言ってくれたおかげで積極的になれた。

新開:教科の勉強以外の勉強も積極的にするようになったよね。

貞方:はい。幅広い知識でいろいろな考え方ができるようになりたいと考えるようになりました。変わったなぁと自分で思います。

フレックス学習コース(2021年度 2・3年生対象)

登校しての対面授業を重視した選択登校スタイル!週2〜5日

自分の状況に合わせて、1週間の授業時間数を6・12・18の3段階で選択できます。基礎学習から大学受験対策まで幅広く学べ、資格・検定対策やスキルアップのための授業も充実。選択次第で午前だけ、午後から登校も可能。
空いた時間は自分のための時間として使うことができるので学校と学外活動の両立も可能です。

時間割例 フレックス1 週6コマ選択

学外活動を中心にするため週2日の登校。

スポーツや芸能活動など学外の活動を中心にしたいという生徒もクラークには多くいます。通信制高校で必要なレポート指導の授業やメンタル強化に心理学の授業など効率的に受講して夢を目指すことができます。

心理学の授業
心理学の様々な分野について学びます。

時間割例 フレックス2 週12コマ選択

週3日登校して資格や検定対策授業を中心に新しいことに挑戦。

自分に自信がない、新しいことに挑戦したい。そういう生徒は、資格・検定対策やゼミ授業で新しい知識や技術を身につけスキルアップし自分に自信をつけることができます。新しいことに挑戦することは楽しく、進学や就職にも必ず役立ちます。

ライフケアカラー検定の授業
色が与える影響を学び生活に役立てる知識をつけます

時間割例 フレックス3 週18コマ選択

毎日登校して大学受験対策。AO入試対策に資格やスキルアップ授業も選択

文系・理系受験に対応した授業を用意。今後の受験では必要になってくる英検も筆記、面接の両方の対策授業があります。クラークの系列予備校のweb学習教材もいつでも利用可能。指定校推薦や公募推薦、一般受験も豊富な進路実績から指導していきます。

受験数学の授業
センター試験対策、演習を中心の授業

教科学習だけじゃない!
学びを広める、深める様々な授業が用意されているフレックスコース!

フレックスコースでは、教科の授業だけでなく生徒の興味や得意を伸ばすための授業も多く用意しています。通信制高校のクラークだからできる授業で生徒たちは知識、経験を多く積み、学びが進んでいきます。

【INTERVIEW】フレックスコースでの私の学び方

WOGA Gymnastics(アメリカ・テキサス州フリスコ)が主催する2020 WOGAクラシック国際競技会の体操女子 個人総合で3位、種目別の段違い平行棒では優勝!

体操にとことん打ち込める、充実した毎日
好きなものを選べる授業がリフレッシュの時間に
フレックスコース 榊原 さん

3歳から体操を続けています。小・中学生の時は夜しか練習できないのが物足りなく、もっと本格的にやりたいと思っていました。進学に当たり、クラブのコーチが「こんな環境もあるよ」と教えてくれ、コーチと母、同じクラブの友だちと一緒に説明を聞きに来て、自分で決めました。「自分で決めなさい。そうしないと後悔するから」と言ってくれた両親にも感謝しています。

体操を最優先し、集中できる今はとても充実した毎日です。平日は午前中と夕方から練習し、授業はその間の午後に受けています。心理学やライフカラーなど、競技にも生かせそうなものを主に選んでいますが、体操一色の生活の中でいい息抜きにもなっています。時間数は週6コマで、大会のスケジュールに合わせ、週1コマ取る時もあれば、まとめて取る時も。同じクラブにいる全日制高校の子は宿題も多く大変そうですが、そうした時間を取られることもありません。

2年生になって新しい技にも挑戦できるようになりました。かけている時間が結果にも表れ、今年のインターハイでは16位に入ることができました。今は体操のことしか考えられず、世界という目標に近づきたいと思っています。

自分に合った登校ペースでムリなく続けられる
志望校受験のための授業を中心に、楽しむ授業も選択
フレックスコース 奥瀬 さん

全日制高校に進学しましたが、空気が合わず、毎日の通学は体力的に負担で行かなくなり、別の道を探した時、こんなスタイルがあると知りました。自由度が高いからマイペースで、バランスを取りながら続けられています。

選んだ授業数は週12コマで、登校ペースは週4日。ある本に出合って神道に興味を持ち、その著者の先生がいる大学を目指しており、取っている授業は歴史や漢字検定など、受験に役立つものが中心です。また、絵を描くのも好きなので、ソフトの使い方が実践で学べるイラストレーターの授業や、テーマを決めて何かを作るイラスト制作の授業も取っています。

選んだ授業のほとんどが午前中なので、朝起きるリズムもできています。もし朝が苦手なら、取る授業を午後からにするといった選び方も可能です。家での時間の過ごし方は、志望校受験に向けた勉強が増えていますが、あとは絵を描いたり、本を読んだり。本をもっと買いたくて、夏休みからアルバイトも始めました。

担任の先生に、変わる大学入試のことや、また、これまで色んな資格を取ってきたのですが、それが受験の自己推薦に使えることも教えてもらいました。そんな体制があるのも心強いです。

単位修得コース

少ない登校回数で確実に高校卒業 自分の時間を優先的に使って生活できる!月1〜2回

学校外の活動を優先したい。登校回数はなるべく少ない方がいい。働きながら高校卒業を目指したい方に最適なコース。高校卒業に必要なレポート提出は基本はネットを使うので時間や場所に制約されず進めることができ、担任の先生もいて、メールで相談、質問もできるから安心です。

  • 平日は自分のやりたい事や仕事に打ち込める

  • 少ない登校回数で卒業資格が取得できる

  • 担任制なのでサポート体制も万全

  • ネットを使って先生に質問や相談も可能

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。