キャンパスニュース|オーストラリアキャンパス|クラーク記念国際高等学校

オーストラリアキャンパス<クラーク留学プログラム>

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(145件中 1件〜7件目)

クラーク国際 英語暗唱コンテスト 最優秀賞・優秀賞が決定いたしました! 21.12.07

11月17日(水)にカテゴリーA、18日(木)にカテゴリーBの英語暗唱コンテスト決勝戦がオンラインにて開催されました。

審査員の厳選なる審査を経て、最優秀賞・優秀賞が決定いたしました!

===英語暗唱コンテスト 決勝戦結果===
【カテゴリーA】
    最優秀賞  伊藤さん(京都)
    優秀賞   中尾さん(東京)
【カテゴリーB】
    最優秀賞  森さん(東京)
    優秀賞   磯野さん(横浜)
=====================

今回のコンテストには、オーストラリア留学の際にお世話になっているUnion Institute of Language より協賛をいただき、理事長や学園長に審査に参加いただきました。また、最優秀賞の生徒にはUILからの副賞として名入りの盾と旬の甘くておいしいオーストラリアマンゴーが贈られます!

クラーク国際 英語暗唱コンテスト 決勝戦を開催しました! 21.11.24

11月17日(水)にカテゴリーA、18日(木)にカテゴリーBの英語暗唱コンテスト決勝戦がオンラインにて開催されました。
カテゴリーAは英検4・5級、カテゴリーBでは英検準2・3級を所有、またはそれぞれ同等の英語力を保有する生徒が対象です。A・B合わせて626名からの応募があり、ビデオ審査を経て、決勝戦にそれぞれ10名ずつが集いました。

決勝戦のステップ1では、審査員の前でビデオ審査の際に覚えた課題を暗唱し、ステップ2では、覚えたものとは異なる課題を朗読、ステップ3では、「Read-Think-Speak」を実施しました。これは画面に表示された文章を5秒間見て覚え、発表するというアクティビティです。

生徒たちは緊張しながらもしっかりと自分のものにした暗唱課題を審査員の前で披露し、拍手やリアクションボタンでお互いの努力を称え合いました。

厳選なる審査を経て、それぞれ最優秀賞と優秀賞が1名ずつ決定します。

クラーク国際 オンライン留学プログラムが終了しました! 21.11.02

10月4日(月)から開始していたオンライン留学「現地高校生との共同発表練習プログラム」が終了しました。

最終日には修了式を実施し、担任のHelen先生から生徒1人1人に対してこのプログラムを振り返ってのコメントが贈られました。最初はなかなか発言できなかった生徒も、毎週プレゼンテーションを作り、現地高校生を相手にプレゼンを行うことで、英語を話す機会が増え、徐々に話すことに慣れていく様子が見られました。Helen先生も生徒の成長にとても感動していました。

今回のオンライン留学を通して、多くのことを学び、これからの英語学習にも積極的に取り組んでもらいたいと思います。

クラーク国際 オンライン留学プログラムでホストファミリーとの座談会を実施! 21.10.19

10月4日(月)からオンライン留学プログラム「現地高校生との共同発表練習プログラム」が開始しました。

今回は現地高校生との交流をメーンとしたプログラムとなっていますが、先日はもう一つの目玉である「ホストファミリーとの座談会」を実施しました。オーストラリアに留学した際には実際にクラーク国際生を迎えてくれるホストマザーが参加してくれました。彼女はすでに日本から60名を超える留学生を受け入れており、クラーク国際生のこともよくわかってくれているホストマザーです。

生徒は自分の考えた質問をホストマザーに聞き、会話を楽しみました。様々な人と英語で会話することで、新しい単語や言い回しを知ることができます。生徒たちには様々な経験を通して、多くのことを学んでほしいと思います。

クラーク国際 オンライン留学プログラム「現地高校生との共同発表練習プログラム」が開始しました! 21.10.12

10月4日(月)からオンライン留学プログラム「現地高校生との共同発表練習プログラム」が開始しました。

このプログラムは、現地高校生との交流をメーンとした、週3回・4週間のプログラムとなっています。週の1,2回目の授業でプレゼンテーションの準備をし、3回目の授業で現地高校生と1対1、または、現地高校生1名に対してクラーク国際生2名でそれぞれが準備したプレゼンテーションを行います。

最初の週の題材は「趣味」についてでした。プレゼンテーションを行うと、現地高校生も趣味が一緒!ということで盛り上がっているグループや、趣味の話からオーストラリアと日本の違いについての話に発展しているグループもあり、言いたい英語がすぐに出てこなくても単語を繋いでしっかりとコミュニケーションを図っている様子が見られました。

今週の題材は「食べ物」です。

クラーク国際「2021年度オンライン留学プログラム」オリエンテーションを実施しました! 21.09.30

9月29日(水)にオンライン留学プログラム「現地高校生との共同発表練習プログラム」のオリエンテーションを実施いたしました。

今回のオリエンテーションでは、授業で使用するMicrosoft Teamsの動作確認を含め、授業内容の説明を聞いたり、生徒それぞれが自己紹介を行ったりして、月曜から始まる授業にスムーズに参加できるよう、授業担当の先生や参加者同士での交流を行いました。

今回のプログラムのメーンは、オーストラリアの現地高校生に対して行うプレゼンテーションです。クラーク国際生2名と現地高校生1名でグループになり、決められた課題について月・水曜日の授業で発表の準備を行い、金曜日の授業で現地高校生に発表することになります。最初の課題は「趣味」についてです。

授業担当のHelen先生からは英語がわからないことに悩んだり落ち込んだりするのではなく、積極的にチャレンジしてほしいとの声かけがありました。

このプログラムは10月4日(月)から開始します。

【長期留学】生徒にインタビュー!~オーストラリア・スプリングフィールドへの長期留学を終えて~ 21.09.07

クラーク記念国際高校には、充実した留学制度があります。過去にスプリングフィールドで長期留学プログラムに参加した、東京キャンパスの生徒にインタビューをしました。

●留学をしてみて思ったこと・感じたことを教えてください。
やること全てが面白かったので、留学した価値がありました。英語授業は大変でしたが、とても興味深く、楽しんで学ぶことができました。英語力を高めると同時に、勉強に対する考え方が変わり、渡航前より意欲を持って勉学に励むようになりました。またオーストラリアは、生徒たちだけで街に遊びに行けるくらい治安の良い国で、人々が親切でした。

●楽しかったこと・大変だったことは何ですか。
楽しかったこと
・ホストファミリーとGreat Barrier Reef に旅行に行き、スキューバダイビングやクルーズをしたり、whitsunday beachで泳いだこと
・授業中に先生がジョークを言ったり、内容が工夫されていたりと授業が面白かった
大変だったこと
・クラスの課題+宿題の管理
・英語を喋ろうと思う気持ちと、日本の友達との仲良くなるために日本語を使いたいという気持ちがあり、両立に時間がかかった

●自分が成長した・変わったと思う点はありますか。
英語力はもちろん、何もかも自分でやらないといけないため、自主性・自律性が向上し、達成感から自信もつきました。

●これから参加する生徒へのアドバイスをお願いします!
クラーク留学では日本各地から生徒が参加するため、きっと同志が見つかります!現地では、日本にいては体験できない異文化交流を体験できます。英語を伸ばすためだけでなく自分の経験値を増やすためにも、留学生活を目一杯楽しんで、努力を惜しまないでください!ちなみに、渡航前に英語を勉強しておくことをお勧めします。現地に着いたらEnglish Only の生活の中で英語が話せるようになると思います。最初はできなくても絶対最後にはできるようになる!誰もが通った道です。自分を信じて!

※一部抜粋し紹介しております。

(145件中 1件〜7件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。