実践的な国際教育カリキュラム|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

実践的な国際教育カリキュラム

ゼロから始めて、英語を武器に大学進学へ!

入学時のTOEICスコアが200点以下でも、3年間で900点近くまで上げて難関大学進学が実現!
その理由は、レベル別に考え抜かれた独自のカリキュラムにあります。

海外大学進学コース:LEVEL[6]オールイングリッシュ授業、インターナショナルコース:LEVEL[1-5]英語授業[週14-20時間]、インターナショナル専攻:LEVEL[1-4]英語授業[週10-14時間]、キャンパス共通英語教育:LEVEL[1-3]

全キャンパス共通カリキュラム
どんな英語レベルからでもスタートできる。

入学時の英語力は不問。中学校でつまずいた人、英語が得意な人、それぞれに合うレベルからスタートできます。
もちろん、英語以外の教科も、基礎から始めて大学受験レベルまでしっかりと学力向上をサポートします。

LEVEL 1基礎学力養成

中学校レベルの学力を確かなものに

入学後の基礎学力オールチェックと補講により、中学校までのつまずきを克服。家庭学習用のWeb教材も活用して基礎固めを行います。

ポイント20単元に分かれた確かな授業内容

LEVEL 2高校英語教育

高校で学ぶべきことを自分のペースで習得

習熟度別授業やWeb教材を導入。英語はもちろん他の主要科目も自分のレベル・ペースに合わせて学ぶことができ、「分かる楽しさ」を体感できます。

ポイント進路を意識したキャリア授業

LEVEL 3大学一般受験

大学受験を見据えたワンランク上の授業を

英語教育に力を入れつつ、数学や国語などでも大学一般入試に対応できる学力を養成。
模試や補講を充実させ、予備校との連携授業も行っています。

ポイント手厚い受験指導体制

LEVEL 4 インターナショナル専攻札幌大通・仙台・千葉・さいたま・横浜・芦屋・京都・神戸三宮
LEVEL[1〜4] 英語授業[週10〜14時間]

実践的に英語を学ぶ

レベル4からは「英語が日常」の環境で使えるスキルを習得。

日本の一般的な英語教育では、大学まで英語を学んでも不自由なく話せる人はわずかです。クラークなら、週10時間以上の英語授業でネイティブが直接指導。レベル4からは、細分化された英語科目に英語劇などの授業も加え、大学受験に対応する英語力はもちろん「日常生活で英語を使える」スキルを習得します。

英語で学ぶ科目(授業例)

Test Skills
英検やTOEICに必要な語彙力や読解力をより実践的に学び、合格・高得点取得のために必要なスキルを習得。年2回以上受験するTOEICでは、700点以上のスコアを取れるように訓練していきます。

Communication Skills
ディスカッションなどを通じて、より高度なコミュニケーション力を磨きます。ビジネスの現場において、込み入ったやりとりができるレベルまでスキルを引き上げ、スピーキングテストで確認します。

週10〜14時間が英語授業

平均的な全日制高校の英語の授業数は週6時間ですが、クラークのインターナショナル専攻では週10〜14時間が英語の授業です。一日平均2〜3時間、細分化された英語科目をネイティブ教員から学ぶことで実践的な英語力が身に付きます。

LEVEL 5 インターナショナルコース東京・大阪梅田・名古屋
LEVEL[1〜5] 英語授業[週14〜20時間]

英語で専門分野を学ぶ

将来、海外で英語を使って仕事ができるレベル5。

レベル5では、日常で使える英語力はもちろん、環境学や異文化コミュニケーションといった授業を通じて専門的な知識も身に付けていきます。将来、海外で仕事をしたい、英語を使って仕事がしたいという人が、様々な分野で活躍していくための力を養います。帰国子女の受け入れも積極的に行っています。

海外大学との連携授業

テレビ会議システムにより、ニュージーランドの国際大学IPU New Zealandの教授から環境学を直接学びます。世界の様々な環境問題に焦点を当て、クラス全体で解決策を考えます。

担任はネイティブ教員

国内外の大学や高校で豊富な経験を持つネイティブ教員がクラスを担任。留学生活のような環境を実現しています。

圧倒的な授業時間数

東京キャンパスでは週最大15時間、大阪梅田キャンパスでは最大20時間、名古屋キャンパスでは週14時間が英語の授業。1日平均3〜4時間、練習問題や参考書に頼ってではなく、ネイティブ教員とアクティブにコミュニケーションすることで飛躍的に英語力が伸ばせます。

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。