キャンパスニュース|柏キャンパス|クラーク記念国際高等学校

柏キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(1989件中 1件〜7件目)

【夏季スクーリング】自分たちの手で緑を未来へつなぐ 19.07.23

夏の北海道体験学習2日目です。
午前中は、植樹体験をしました。自分たちの手で、緑を未来につなげる活動です。
最初は虫がいて、おっかなびっくりの生徒たちでしたが、活動中は、自分たちの植えた木が、何十年後、何百年後大きく育つことを願って一生懸命植えていました。
今回植えたのは、桜です。大きく育つといいですね!
午後は、沢登り体験をしました。全身ずぶ濡れになりながらも、自然の中で思いっきり遊び、貴重な体験となりました。

みんなで桜の木を植えました!

いい思い出になりました

ずぶ濡れになりながらも、思いっきり遊びました!

【学年集会】1学年の学年集会では進路講話を実施しました。 19.07.23

柏キャンパスでは、学年の結束を強化するために定期的に学年集会をおこなっています。
本日の1学年の学年集会では、進路についての話をしました。柏キャンパスの大学進学率は約7割と千葉県の大学進学率の約5割を大きく上回っている背景には、1年生という早い段階からこのような進路の講話をしているからです。今回のテーマが進路ということで、生徒たちは真剣に話を聞いていました。
クラーク柏では、入学前に自分たちが思いもしなかった「まさか」の進路を決めることができます。成長できるメゾットを生徒たちはクラーク柏の特色を利用して大きく成長しています。1年生のこれからの成長が楽しみです。

進路について、早い段階から真剣に考える貴重な時間になりました。

生徒たちは自分の進路について真剣に考えていました。

【進路指導】進路への不安もこれで安心!豊富なクラーク系列校! 19.07.23

クラークの母体である学校法人創志学園には、複数の系列校があります。日本国内の大学では、多くの教員を輩出しているIPU環太平洋大学や東京経営短期大学があります。

東京経営短期大学は来年2017年度から、「こども教育学科」を新設されています。

クラークには保育や幼児教育に特化したコースを設けているキャンパスが多くあるため、高校での経験を活かし、さらに充実した内容を学べるようになりました。
また海外の大学では、ニュージーランドにある国際大学 IPU New Zealand があります。ニュージーランド政府教育資格審査局から「Highly Confident」という最高評価を受けています。

生徒は高校在学中から、将来日本のみならず海外でも活躍できる人になりたいという強い志を持ち、進学していきます。その他にも多くの専門学校があるため、生徒一人ひとりに合った進学先が見つかるようサポートしています

【夏季スクーリング】北海道の大自然を満喫しよう! 19.07.22

クラークでは、1年に1度、1週間ほどの宿泊行事があります。1年時には冬の北海道へ、2年時には夏の北海道へ行き、大自然を満喫します。
この体験学習では夏と冬でそれぞれ違った北海道を見ることができ、自然と触れ合いながら生徒たちは様々なことを学びます。

本日から、2年生は夏の北海道体験学習に来ています。天気も良く、過ごしやすい気候です。1日目は、旭川空港に到着後、お昼に海鮮定食を食べて元気の泉キャンパスへ向かいました。元気の泉に向かう途中、冬とはあまりにも違う景色に生徒たちは興奮気味でした。
元気の泉に到着後、開会式を済ませ、明日からの体験学習に期待を膨らませながら、今日はゆっくり休みます。
明日からの体験学習が楽しみです!

お昼は旭川市内で海鮮定食を食べました!

これから、夏季スクーリングのスタートです

【学校生活】いじめ防止のために様々な取り組みを行っています! 19.06.12 19.07.22

クラーク高校では、いじめ未然防止・早期発見に向け「いじめ防止対策推進法」の施行前から、基本方針を定め対応しています。全職員が「学習心理カウンセラー」の資格を取得し、生徒のサインを見逃さないよう努めています。
 また、毎年学校に対する満足度や改善点を見つけるアンケートの実施や、生徒同士でも問題を解決できるようにピアアシスタントの授業を行っています。学校全体で、生徒一人ひとりが安心して登校できる環境作りを心がけています。

【硬式野球部】クラークは無念の2年連続準優勝!センバツ甲子園、来夏の甲子園に向け新チームで再チャレンジ! 19.07.21

第101回全国高等学校野球選手権大会北北海道大会決勝が7月20日、北海道・旭川スタルヒン球場で行われました。北海道本校スポーツコース硬式野球部は0–9で旭川大学高校に敗れ、3年ぶり2回目の甲子園には手が届きませんでした。右の2年生エース浦崎くんが立ち上がりを攻められて初回に3点の先制を許すと、試合は相手ペースに。自慢の打線も6安打無得点とチャンスにあと1本が打てず、反撃はなりませんでした。2安打を放って3年生の意地を見せた4番の土屋一塁手は「後輩たちが、必ず僕たちの夢をかなえてくれるはず」と号泣しながら、バトンを次の世代に渡しました。
 9月には早くも11月の明治神宮大会、来春のセンバツ甲子園出場がかかる第72回秋季北海道大会の空知支部予選が始まります。打っては今大会で大活躍を見せた1番・菊地左翼手、2番・金原二塁手がけん引、守っては大黒柱の浦崎くんが、この日の敗戦をバネに、力強い投球を見せてくれるでしょう。1年生左腕の菊池くんや、2年生右腕の辰巳くんが決勝のマウンドを経験できたことも次につながるはずです。
「まずは秋の北海道大会を勝って、センバツに出場します。そして来年の夏は、旭川大高に勝って、甲子園に行きます。3度目の正直です」。真っ黒に日焼けしたほおに涙を伝わせたまま、浦崎くんが誓いました。

クラーク 000000000=0
旭川大高 30031101x=9

バッテリー
浦崎、早坂、菊池、関口、辰巳―中村
(二塁打)土屋

クラーク高校硬式野球部 今後の予定
第72回秋季北海道大会空知支部予選 9月14日(土)〜 岩見沢市営球場

準優勝の銀メダルを胸にかけるクラークナイン

敗戦が決まり、3年生の越智くん(右)と2年生の浦崎くん(左)は肩を支え合ってベンチを出る

堂々とした投球を見せる1年生の菊池くん

【進路指導】先日面接指導ガイダンスがありました。3年生は入試に向けて頑張っています。 19.07.21

クラーク高校では入学時から進路指導が始まります。
先日は面接ガイダンスがありました。入室の仕方から受け答えまで基本的な動作を確認しました。受験者役の先生に悪い例を演じてもらい、それを見て、どこが悪かったのか考えることで高校生がついやってしまう細かな部分までしっかりと意識することができました。
また、分野別の面接対策講座では志望動機の内容やどのように社会に貢献していくのかなど具体的な練習を行いました。特に3年生は大学のAO入試が近づいています。本番で練習の成果を出せるよう頑張ってほしいです。

どのような面接の受け方がよいかしっかり教えていただきました

積極的に発言していました

(1989件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。