キャンパスニュース|札幌大通キャンパス|クラーク記念国際高等学校

札幌大通キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2418件中 1件〜7件目)

【部活動】本校野球部、北北海道大会決勝進出!!「声に力を乗せて」、全校で応援!! 19.07.19

7月18日(木)、クラーク本校硬式野球部の北北海道大会 準決勝が行われました。札幌キャンパスも全員で応援にかけつけました。準決勝は手に汗握る試合展開でしたが、接戦の末にクラークが勝利!札幌キャンパス生も、全員が自分のことのように歓喜しました。
19日(金)、決勝戦も全校応援を実施します。声に思いを乗せて、甲子園出場に向けて、一丸となって頑張りましょう!

一丸となって応援します

5回表クラーク2死満塁、横田三塁手はフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を放ちポーズ

決勝進出を決め、歓喜のガッツポーズを見せるクラークナイン

【キャリア学習】人の意見をどんどん聞こう!自分の意見をどんどん言おう!~キャリア学習を通じて協働性を磨く~ 19.07.18

クラーク高校では、キャリア学習を通じて、これからの社会で求められる力である「思考力」・「判断力」・「表現力」・「主体性」・「協働性」・「多様性」を身に付け、それを発揮できるように学習を進めています。

2年生のキャリア学習Ⅱでは、高校生が普段感じていることを話し合い、今までにない商品のアイデア産み出すという学習活動を行っています。
グループのメンバーの意見をどんどん聞き、自分の意見もどんどん言い合いながら、話し合いを活性化することが出来ています。互いを認め合うとともに、グループワークを通じて協働性もしっかりと磨いていきます。
今後は、表現力を養う一環として、話し合った内容をグループ毎にプレゼンテーションを行います。どのようにしたら人に伝わるのかを考え、創意工夫を凝らしたプレゼンテーションが出来ることを期待しています。

みんなで意見を出しあうことで、話し合いが活性化しています

【ICT教育】英語授業×ICT 、iPadを使用することで効率的に学習を進めます! 19.07.17

クラーク高校 札幌大通キャンパスでは、ICT を活用した授業展開に取り組んでいます。
生徒一人一人がiPadを使用することで効率の良い学びと、学習プロセスと成果のポートフォリオ化が可能となります。進路実現において重要になってくるのは、高校3年間でどのような学びをして、それがどのような成果につながったか、記録を作り、自分の強みを明確にしていくことです。

英語の授業ではアプリによって配信された教材を共有して授業を進めています。生徒たちはタッチペンを用いてiPadをノートのように活用します。その日の学習をタグ付けしたら、ポートフォリオに保存。iPadの中のノートを検索することで、効率的に自らの学びを振り返ることができます。クラークは単に教科学習をするだけでなく、ICTを活用した学習法を生徒とともに工夫していくことで、デジタルスキルの育成にも取り組んでいます。

iPadがテキストとノートです。

タッチペンでメモを取ります。

【学習体制】クラーク独自の学びの形「全日型通信」で、生徒一人ひとりの才能開花を目指します! 19.07.12

クラークは、通信制高校でありながら制服を着て週5日キャンパスに通う「全日型通信」という独自の学びのスタイルを展開し、生徒一人ひとりに合った教育を行い大きな教育成果を収めています。

一般の全日制高校では、卒業に必要な単位を履修する授業が大半を占めています。そこで、クラークが開校時に着目したのが通信制。もともとは働きながら学ぶ人向けのシステムですが、この就労時間分を、クラークではコースや専攻、選択授業などで「好き」や「得意」を伸ばす時間として活かしてきました。午前は習熟度別授業で基礎から応用までをしっかりと学び、午後は生徒の選んだコースや分野をとことん学ぶ革新的なシステム。長期留学や、より専門的な学びなどが行えるのも「全日型通信」ならではの特徴です。

この革新的なシステムにより、学力が向上して近年では国公立大学や難関私立大学への進学者が増えているだけでなく、スポーツなどの分野においても数多くの成果を収めています。

【国際コース】ネイティブの直接指導だから、英語でのコミュニケーション能力が身につく! 19.07.11

週12時間の英語授業、その大半がネイティブ教員からの直接指導の国際コース。
言語習得の基盤となる「聞く」「話す」をネイティブから学ぶので、聞く力と話す力が確かに身につきます。
この日は、人の外観の特徴をトピックに英語表現を学びました。授業はもちろんオールイングリッシュ。表現の定着にはアウトプットが重要なので、ペアワークで練習していきます。自ら主体的に表現し、他者と協働で学習することで、英語力とともに主体性や協働性、表現力も身につけていきます。

ペアワークの様子

【ゼミ活動】障碍者支援施設を訪問、様々な気づきから職業観の育成や自身の成長に繋げていきます~ボランティアゼミ~ 19.07.09

クラーク高校 札幌大通キャンパスのゼミ活動は、自分の興味・関心の高い分野を選び、様々なテーマをもとに年間を通じて学びを深めていきます。1年生から3年生までの全学年合同で実施されており、他学年との協働作業を通じてコミュニケーション力の向上や生徒間の交流も図ることができます。

ボランティアゼミでは、中央区にある障碍者支援施設に伺い、障碍者の方々のお仕事を一緒に手伝うとともに、コミュニケーションを図って交流を深めました。生徒たちは、一つひとつの作業に集中しつつも、障碍者支援施設の雰囲気を感じ、そこで働かれている職員の方々の仕事ぶりも間近で見ることで、様々な気づきがあったようです。「実際に訪問して、想像とまったく違う難しさがあった」との感想をもった生徒もいました。
今後も継続的に活動していく中で、より良いボランティア内容にしていきます。

チラシの封詰め作業を手伝っています。

木製の動物パズルを紙やすりで仕上げています。

【2018年度合格報告】北海道大学、大阪大学、東京藝術大学、広島大学、お茶の水女子大学、早慶上智、東京理科大学、ICU、海外大学など合格者多数! 19.07.08

全国のキャンパスから届いた合格情報をお伝えします!クラークで「好きなこと」「得意なこと」を伸ばし、多くの生徒が進路実現を果たしています。

■国公立大学
北海道大学 2名、大阪大学 1名、東京藝術大学 1名、広島大学 2名(うち1名医学部)、お茶の水女子大学 1名、室蘭工業大学 1名、秋田大学 1名、福井大学 1名、埼玉大学 1名、和歌山大学 1名、山口大学 1名、愛媛大学 1名、九州工業大学 1名、長崎大学 2名、鹿児島大学 2名、釧路公立大学 1名、秋田公立美術大学 1名、大阪市立大学 1名、岡山県立大学 1名、北九州市立大学 1名、長崎県立大学 2名、鹿児島大学 2名、名桜大学 1名

■海外大学
ロンドン芸術大学 1名、サウスイースト・ミズーリ州立大学 1名

■海外系列大学
国際大学 IPU New Zealand 27名

■私立大学
早稲田大学 7名、慶應義塾大学 2名、上智大学 6名、東京理科大学 3名、国際基督教大学 2名、学習院大学 4名、明治大学 13名、青山学院大学 2名、立教大学 5名、中央大学 15名、法政大学 14名、関西大学 14名、関西学院大学 13名、同志社大学 9名、立命館大学 12名、南山大学 3名、獨協大学 9名、日本大学 19名、東洋大学 10名、駒澤大学 15名、専修大学 5名、京都産業大学 7名、近畿大学 8名、甲南大学 6名、龍谷大学 7名、北里大学 4名、杏林大学 3名、工学院大学 1名、國學院大學 4名、成城大学 6名、東邦大学 1名、高崎健康福祉大学 1名、多摩美術大学 1名、千葉工業大学 6名、帝京平成大学 2名、東京農業大学 6名、東京電機大学 2名、東京薬科大学 2名、星薬科大学 1名、武蔵大学 3名、武蔵野美術大学 1名、明治学院大学 5名、明治薬科大学 1名、十文字学園女子大学 1名、昭和女子大学 2名、聖心女子大学 1名、津田塾大学 2名、東京家政学院大学 2名、東京都市大学 1名、東京女子大学 3名、日本女子大学 3名、愛知大学 2名、名古屋外国語大学 7名、中京大学 3名、大阪工業大学 1名、関西外国語大学 10名、京都女子大学 8名、同志社女子大学 3名、武庫川女子大学 3名、西南学院大学 6名、立命館アジア太平洋大学 1名 など多数

(2418件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。