キャンパスニュース|札幌大通キャンパス|クラーク記念国際高等学校

札幌大通キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2284件中 1件〜7件目)

【国際コース】個々のレベルにあわせた英語学習~Independent learning~ 18.12.14

週12時間の英語授業、その大半をネイティブから直接指導を受けるクラークの国際コース。
聞く・話す・読む・書くの4技能をバランスよく身につけるために多角的に英語を学んでいます。

また国際コースではICTを活用した学習法も導入しています。特にテストスキルを身につけるために個別の課題に取り組むことが出来、効果的といえます。生徒たちは様々なオンライン教材を触れることで、自分に合った学習法を見つけ自発的に学習に取り組むことができます。
教室ではネイティブからの直接指導をうけ、自宅では自分のペースで学んでいく、そうやって生徒たちは効率的に英語力を伸ばしていきます。

オンライン教材で学んでいきます。

それぞれ自らの課題に取り組んでいます。

【ゼミ授業】興味関心を引き出し主体的に学ぶゼミ授業!合唱ゼミではゴスペルに挑戦中! 18.12.13

クラークでは高校としては珍しいゼミ授業をカリキュラムに導入。生徒たちは演劇、合唱、書道、弾き語り、布絵本づくり、など教科を越えた分野を選択して学んでいます。そして、生徒たちにより深い学びの機会となるよう、時にはプロの先生に来ていただいて指導して頂いています。

今年の合唱ゼミは、ゴスペルを中心に音楽表現に挑戦しています。この日は札幌で若手オペラ歌手、ボーカリストととして活躍する水野佑一さんにいらしていただき指導を受けました。舌を使って正しい発音をすること、歌のメッセージをしっかり表現すること、顔の筋肉の使い方など、プロならではの具体的な表現方法を習うことができました。生徒たちの表情にはいつもより充実した様子が見られました。

顔の筋肉の使い方を意識して発声練習

【ゼミ活動】自主性、協働性を育む!~ハンドベルゼミが、近隣保育園と交流を行いました~ 18.12.12

札幌大通キャンパスでは、生徒の自主性や協働性を育むためにゼミ活動に力を入れています。
12月12日(水)、ハンドベルゼミの生徒たちが、札幌認定こども園(札幌弘済保育園)を訪問し、園児たちに演奏を披露しました。「かえるのうた」や「きらきら星」など、園児たちにも馴染みのある曲を中心に、全部で5曲を演奏し、大きな拍手をもらいました。園児たちも、「これ知ってる!」と声を上げてくれたり、口ずさんで一緒に歌ってくれたりと、和やかな雰囲気で交流を深めることができました。

発表の最後には園児からお礼のお手紙をいただきました。練習してきたハンドベルを披露するだけでなく、人前で発表する緊張感や達成感、保育士さんの職業観など、様々なことを体験する機会にもなりました。今日の経験を、またこれからの学校生活に活かしてください。

緊張しながらも、堂々とやりきりました。

園児から、感謝のお手紙をいただきました。

【学習】i-padを活用した学習システムで、家庭学習がさらに充実! 18.12.11

クラーク高校では、中学校の復習から大学受験対策まで、WEBで取り組めるシステムを導入しています。まずはオリジナルの教材を使い、義務教育範囲の基礎学力が定着しているかを確認します。中学から高校レベルにおいては、学研の「マイガク」を活用し、国語・数学・英語の全295講座を好きなだけ視聴することが出来ます。また単位修得に向けて、クラークの教員による授業配信、大学受験対策では創志学園系列の大学予備校「創学ゼミナール」の授業を視聴することも可能です。

これらの学習コンテンツは在学中に、無制限で繰り返し使用することが出来ます。学習段階別にさまざまなフォローがあるため、安心して学習に取り組めます。クラークでの授業とも連動しているので、課程での予習・復習も行うことができ、授業理解度をさらに深めることができます。

【進路速報】3年間の活動を活かして、公募制推薦入試で大学合格! 18.12.10

総合コース大野くんが北海学園大学経済学部地域経済学科に合格しました。大野くんは推薦入試の校内選考面接のときに「地域に貢献できる公務員になることが目標」と語っていました。将来の夢に必要な勉強ができると考えた北海学園大学合格に向けて、小論文試験の準備を進めてきました。準備のおかげもあって試験終了後は「しっかり書けました。」と話しており、本番で自分の実力を発揮することができました。

大野くんは、入学式から今まで皆勤で登校し、多くのボランティア活動に参加。野球部にも3年間所属し、全国大会にも出場しました。充実した高校生活を送った大野くんは「今まで受験の準備で手伝えなかった学校説明会の実行委員に参加します」と話してくれました。今までの経験を後輩たちに、伝えてくれることで、後輩たちの大きな勇気になると思います。

キャンパス長と

【国際教育】二日間英語漬け!北星学園大学のEnglish Campに国際コースの生徒たちが参加しました! 18.12.07

北星学園大学で開催された高校生を対象とする「English Camp in北星2018」にクラークの国際コースに 在籍する二人の生徒が参加しました。2年の大向さんと1年の岩崎さんです。

全道から高校生18名が北星学園大学さんに宿泊し、北星学園大学の在学生、留学生と2日間、原則英語を使って生活を共にしながら、他者理解の重要性と実践的コミュニケーションに必要な英語を学ぶ 機会です。英検準二級以上の英語力が求められるもので、クラークの二人は限られた定員に参加できました。

内容は「Cross Cultural Experiences in Japan 日本で経験した文化の違い―」をテーマに、高校生3名と北星学園大学の在学生・留学生各1名で計5名のグループを作り、スキット(短い劇)を作成・発表しました。

クラーク生の二人は、ずっと英語でコミュニケーションを続けるプログラムを有意義に過ごしてきたようです。特に一年の岩崎さんのグループは特別賞を受賞しました。今後も様々英語を使い学ぶ機会を探していきたいと話していました。

二人ともグループワークや宿泊を通して、自らとは異なる言語・文化への理解も深めることが出来たようです。このようにクラークの国際教育は学校内だけでなく、外で実践できる力を育んでいきます。
北星学園大学さんのページもご覧ください。https://entry.hokusei.ac.jp/2018/11/19/20048/

英語でやり取りする岩崎さん

最後のスキットを発表

大向さんは充実した表情で発表しました。

【留学】海外留学で夢が広がる!クラーク独自の目的別オーストラリア留学! 18.12.05

クラーク高校では、オーストラリアにもキャンパスがあり、目的に応じて選べる独自の留学プログラムを実施しています。このプログラムは、10年以上の歴史があり、年間400名以上の生徒が留学をしています。最短3週間から最長27ヶ月まで期間を選択することができ、長期留学を行っても3年間で高校を卒業出来るようになっています。

現地には日本人教員が駐在し、政府が認定した経験豊かなホストファミリーのもと、英語の勉強に集中して取り組める環境が充実しています。帰国後に行われたアンケートでは、95.5%の生徒が「満足」と答えています。

(2284件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。