キャンパスの特色|横浜青葉キャンパス[女子部]|クラーク記念国際高等学校

横浜青葉キャンパス[女子部]

キャンパスの特色

教育目標

自立し、社会から求められる淑女の育成を目指す

横浜青葉キャンパスは、クラークで唯一、そして日本の中でも珍しい通信制の女子高です。
女子のみということで、少人数制でアットホームな雰囲気が自慢のキャンパスですが、大学進学率はクラークのキャンパスの中でもトップクラス。人間の優しさ・思いやりだけでなく、自立心が高く、将来の目標をきちんと定めて、あるいはここで見つけたい!という強い希望をもって入学してくる生徒たちの笑顔が日々、キャンパスにあふれています。
皆さんがこれからの人生においてたくさんの選択肢がある中で、広い意味で「生きる術」の指針となれるように、様々な世界で活躍している講師の方々から学ぶ場も用意しております。これからは女子力が日本をリードしていきます。共に、楽しい高校生活をココで送ってみませんか。

横浜青葉キャンパス 校長
三浦 恵美里

特色


「全日型通信」だから柔軟なカリキュラムが実現

一般の全日制高校では、卒業に必要な単位を履修する授業が大半を占めています。そこで、クラークが開校時に着目したのが「通信制」。もともと働きながら学ぶ人向けのシステムなので、就労時間が確保され、授業の一部を家庭学習で補うことが法的に認められています。この就労時間分を、クラークは専攻授業などの「好き」や「得意」を伸ばす時間として活かしました。しかも、毎日制服を着て学校に通う全日型なので、一般の高校のように仲間との関わりもでき、家庭学習もWeb学習で充実します。


少人数制だからできる、一人ひとりを大切にする「1対1教育」

高校3年間は長い人生の中で最も楽しく最も思い出深い期間であると同時に、その後の将来を左右する最も大切なときでもあります。横浜青葉キャンパスでは、少人数制だからすべての先生がすべての生徒の“顔”や“名前”はもちろん一人ひとりが思い描く将来の“夢”を理解しています。

希望の先生を選べ、学年の垣根を越えた絆が生まれる

横浜青葉キャンパスでは、すべての学年の生徒が希望の先生を選ぶことができる無学年パーソナルティーチャー制度を導入し、すべての学年が混在するクラスになります。社会に出れば年齢に関係なく、コミュニケーションをとりながら仕事をしなければなりません。そのための礎を身につけることができます。

女子だけだから、「わたしらしく」なれる

横浜青葉キャンパスは、異性の目を気にすることなく、勉強はもちろんのこと、女子だけですべてのことに全力で取り組むことができる環境です。のびのびと自分を発揮し、自分を表現することをためらわない、そのような学校生活を通じ、「わたしらしく」過ごすことができる女子教育に取り組んでいます。

充実した環境だから学ぶのが楽しくなる。
  • 職員室

    職員室には壁も扉もなく開放的な雰囲気です。

  • 教室

    教室は6教室。壁紙や絨毯だけではなく、机や椅子にまでこだわった教室は、学習をする環境としては抜群です。色合いにもこだわり、落ち着いた雰囲気を出しています。

  • キッチンスタジオ

    大手のクッキングスタジオにも負けない設備を使って、製菓や調理の実習を行います。製菓販売で好評の生徒考察のお菓子もここから生まれました。

  • 図書コーナー

    一般書籍だけでなく、レシピ本も充実。

  • リラクゼーションスペース

    カフェにいるような気分になれる開放的なスペースだから、放課後や休憩時間に友達との会話が弾みます。

  • トイレ

    ホテルのようなかわいい色使いのトイレ。

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。