クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(551件中 1件〜7件目)

北海道本校の硬式野球部部が、地域への貢献活動を評価され「小さな親切」実行章を受章しました!(北海道本校) 18.02.21

北海道本校の硬式野球部が、公益財団法人「小さな親切」運動本部より実行章を受章しました!

"小さな親切"の芽を社会に広げようと昭和38年から続いている実行章。平成28年に夏の全国高等学校野球選手権大会に出場したことはもちろん、これまで硬式野球部が様々な地域活動に参加してきたことが評価され、この度推薦をいただきました。

2月9日に受章式が行われ、地域の方々が見守る中、深川市長より主将の千葉君へ章状が手渡されました。これからも地域の方に応援していただけるよう、本校硬式野球部は様々な形で地域活動に貢献して行きます!

受章式での記念撮影の様子

2018フリースタイルスキー秋田・田沢湖モーグル競技会で第2位!世界ジュニア選手権大会へ出場が決定しました!(厚木キャンパス) 18.02.19

厚木キャンパス2年生の冨髙さんが、2月3日に秋田で開催された「2018フリースタイルスキー秋田・田沢湖モーグル競技会」で2位となり、4月に開催される世界ジュニア選手権の出場資格を得ることができました!

4年後の北京オリンピック出場を目指す冨髙さん、まずは4月の選手権大会で練習の成果を発揮できるよう応援しています!

冨髙さん(左)と担任の面田先生(右)

「全国高等学校スケート選手権大会(インターハイ)」のフィギュア競技に出場しました!(単位制キャンパス名古屋) 18.02.16

1月23日から山梨県で行われたインターハイ「全国高等学校スケート選手権大会」のフィギュア競技に、単位制キャンパス名古屋の3年生小橋さんと、1年生伴さんが出場しました!

全日本選手権の出場資格でもあるバッジテスト7級の実力をもつ2人。小橋さんはジャンプのキレとスピンの安定感を見せ、伴さんは伸びやかなスケーティングで会場を魅了しました。素晴らしい演技を見せてくれた2人、これからも様々な舞台で活躍してくれることを期待しています!

1年生伴さん(左)3年生小橋さん(右)

オリンピック代表選手が特別講演!トップアスリートが伝える努力の重要性!(東京キャンパス) 18.02.10

クラーク高校では好きなことや得意なことを伸ばして、夢や進路発見へと繋げるゼミ授業を実施しています。

東京キャンパスのトレーニングゼミでは自分自身の身体の変化を発見しながら、トレーニングの実践と理論を学びます。今回のゼミ授業に特別講師として、リオオリンピック レスリング日本代表 井上智裕選手にお越し頂きました!
輝かしい実績に至るまでの、血の滲むような努力を重ねてきた経験をお話していただきました。
トップアスリートの言葉には一つ一つ重みがあり、生徒たちの心に強く響いたようでした。

【告知】パフォーマンスコースによる舞台演劇「花の紅天狗」を公開します!年間約4000名を動員する大型公演(東京キャンパス) 18.02.07

2月15日(木)より4日間、舞台演劇「花の紅天狗」を六行会ホール(品川)にて公開します!演じるのは、東京キャンパスのパフォーマンスコースの生徒約100名。年間約4000名を動員する公演は今回で138回目。2016年には演劇の甲子園と言われる文化庁主催の「全国高等学校芸術文化祭優秀校 国立劇場公演」のオープニングを務めるなど、外部からも高い評価を受けています。演者としてはもちろん、装置、背景、衣装、大道具や小道具の製作、スポンサー集めに至るまで、全て生徒が主体的に関わって作品を作り上げました。本番まであとわずか。毎日稽古に励んでいます!観覧をご希望される方は、東京キャンパスまでお問い合わせください。公演後の様子もこのニュースでおしらせします。

■ 第138弾公演「花の紅天狗」舞台詳細
【日 時】2月15日(木)18:30〜
     2月16日(金)13:00〜 18:00〜
     2月17日(土)13:00〜売り切れ 18:00〜売り切れ
     2月18日(日)11:00〜売り切れ 16:00〜売り切れ
【場 所】六行会ホール(京浜急行「新馬場」より徒歩2分)
【予 約】要(全席指定・当日券あり)
【観劇料】一般:2,000円 高校生以下:1,000円
※上記の時間は開演時間です。開場は30分前となります。
※当日は大変な混雑が予想されますので、ご予約をお勧めしています。
※開場の10分前にご来場されない場合、キャンセル扱いとなります。
※未就学児の観劇はご遠慮いただいております。

■「花の紅天狗」あらすじ
伝説の舞台『紅天狗』の上演を目指す、月影花之丞率いる劇団月影花之丞一座。蕎麦屋の出前持ちの“赤巻紙茜”に才能を見出し一座へ引き込むと、一座の看板女優、“桜小町カケル”と共に、『紅天狗』を目指し日々競い合うことに。一方、一座の『紅天狗』上演権を狙い、“仰天一郎”や“上川端麗子”が動き出し…奇人・変人入り乱れ、今、伝説の舞台の幕が開く!中島かずき脚本による、パロディ満載のコメディミュージカル。毎回好評のダンス、歌、殺陣も盛りだくさん。魂を揺さぶる最高に楽しい時間をお約束します!

取材・観劇に関するお問い合わせ
クラーク記念国際高等学校 東京キャンパス
TEL:03-3203-3600

前回公演「陽だまりの樹」(2017年9月)

前回公演「陽だまりの樹」(2017年9月)

前回公演「陽だまりの樹」(2017年9月)

ソニー株式会社の森永英一郎氏による「aibo」を題材にしたロボット授業が行われました!(秋葉原ITキャンパス) 18.02.02

2月1日に秋葉原ITキャンパスにソニー株式会社の森永英一郎様が来校し、「aibo」を題材にしたロボット授業を行って頂きました!授業では新型aiboを生徒の前で起動して頂き、愛らしく尻尾を振る様子や知らない人の顔を見回す様子、「お手」の掛け声に反応する様子などを見せて頂きながら、新型aiboについて詳しいお話を頂きました。

AI(人工知能)を搭載し、クラウド上でデータを蓄積することで、さらに進化した新型aiboに生徒たちも興味津々のようで、「前作と大きく変わった点は?」「ToFセンサーとは?」などの多くの質問が寄せられました。

また、授業の最後にはロボット開発の話だけでなく、「100万人に1人の人材」を目指すには今どんなことをして自分を磨くべきなのか、というお話も頂きました。授業後の生徒に感想を聞くと、「もっとマイクロマウスや他の話ももっと聞いてみたかった」と1時間の授業を振り返って名残惜しそうにしており、森永様の話が大きな刺激となったようです。

この授業を企画して頂いたソニー株式会社の森永様、儀我様、本当にありがとうございました!

今回の授業の様子が取材され、詳しく掲載されています。
↓PC Watch(外部サイト)
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1104546.html

ソニー株式会社の森永英一郎様

授業の様子

aiboが起動する様子を見る生徒たち

第21回全日本電卓競技大会が開催!地方予選を勝ち抜いた2キャンパスが出場しました!(千葉キャンパス・横浜キャンパス) 18.02.01

1月14日に大原簿記学校で日本電卓技能検定協会が主催する「全日本電卓競技大会」が開催され、地方予選を勝ち抜いた21校のうち、クラークからは千葉キャンパスと横浜キャンパスの生徒が出場しました!

千葉キャンパス2年生の榊さんは、「この大会に参加し、さらに技術を磨きたいと思いました。次の検定試験では3・4段が取得できるよう努力したいです」と語ってくれました。年々参加者が増加し、盛り上がりを見せる電卓競技大会にこれからも注目です!

大会の様子

(551件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。