クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(656件中 1件〜7件目)

フードサイエンスゼミが元気の泉キャンパスで収穫したトマトを使った特産品作りに取り組んでいます!(北海道本校) 18.10.17

北海道本校のフードサイエンスゼミが取り組んでいる、元気の泉キャンパスで収穫したトマトを使ったトマトジュース作り。JAきたそらちの皆さんの協力を得ながら、何度も試作を重ね、ついに完成しました!ラベルのデザインが仕上がり、表示内容の許可が出ればいよいよ発売です。

11月10日にはHBCラジオによる北海道の農業や食育に関する番組「北海道農業応援スペシャル!!!」にて、ゼミの取り組みが紹介される予定です。皆さん、楽しみにお待ちください!

【告知】10月21日に「プログラミング教育の重要性と将来の可能性について」のセミナーを開催いたします! (大阪梅田キャンパス) 18.10.16

2020年度からプログラミング教育が必修化し、「大学入学共通テスト」でもプログラミングなどの情報科目の導入が検討されるなど、教育業界で論理的思考力や創造性などの向上が求められる中、中学校・高等学校におけるプログラミング教育の重要性が日々増しています。

こうした背景をもとに、この度、クラーク記念国際高等学校の大阪梅田キャンパスで、「プログラミング教育の重要性と将来の可能性について」のセミナーを開催することになりました。ウォンテッドリー株式会社の宇佐美龍氏をお迎えし、実際にIT社会で活躍されている方から、将来の可能性を見据えた進路選択についてお話いただきます。これからの日々の授業に役立つ情報を得られる機会となっております。ご多忙中とは存じますが、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

【詳細】
日時:平成30年10月21日(日) 13:00~16:00(12:30受付開始~)
会場:クラーク記念国際高等学校 大阪梅田キャンパス
   〒530-0003 大阪市北区堂島2丁目3-29
対象:情報科教員、小・中・高等学校教員、教育関係者、保護者・中学生(入学希望)等
   ※プログラミング教育に興味・関心のある方はどなたでも参加可

【お申し込み】
電話:06-6147-8600
担当:中野、高木(定員になり次第、締め切りとさせていただきます)

ブエノスアイレスで行われているユース五輪のテニス混合ダブルスで金メダルを獲得しました!(単位制キャンパス東京) 18.10.16

ブエノスアイレスで行われているユース五輪のテニス混合ダブルスの決勝が10月14日に行われ、単位制キャンパス東京に在籍する田島尚輝さんが、コロンビアのペアを6-2、6-3で破り、見事金メダルを獲得しました!

ペアを組んだ内藤祐希さんと息のあった動きを見せてくれた田島選手。ジュニア全仏オープンダブルスでの優勝に続き、大舞台での活躍が続いています!これからの活躍に目が離せません!

田島尚輝選手(右)

衣装もセットもない身体一つで表現の可能性を追求!実験的な舞台公演開催!(大阪梅田キャンパス) 18.10.12

大阪梅田キャンパス 声優・パフォーマンスコースが大阪市立芸術創造館で特別公演を行いました!
この特別公演は劇作家である宮本研さんの戯曲「俳優について逆説」をもとに、幾つかの短い劇や歌を組み合わせて構成。生徒のオリジナル作品も取り入れながらの披露となりました!
「身体一つで表現の可能性を追求する」をテーマにした今回の公演。
衣装やセットもなく、文字通り身体一つで表現の可能性を追求する実験的な公演に挑みました!
装飾要素がない舞台の上で生徒たちは、ありのままで思いっきり身体を使って表現できました!観客の方々も生徒のパフォーマンスをよりリアルに感じていただけたようでした!

第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」体操競技会少年女子団体の部で優勝! (単位制キャンパスさいたま) 18.10.09

第73回国民体育大会である「福井しあわせ元気国体」の体操競技会少年女子団体の部に、埼玉県代表として出場した単位制キャンパスさいたま3年の中路さんが優勝しました!
アジア大会体操女子団体銅メダルと、種目別ゆか銅メダルに続く素晴らしい成績を収めることができました!
中路さんから「国体も団体優勝で締めくることができ、4連覇もできました!少年として最後の国体だったので優勝できて本当に嬉しいです。応援ありがとうございました!」と喜びのコメントを聞くことができました!

体操競技会少年女子団体の部で優勝した中路さん

北海道高文連が主催する「第19回全道高等学校英語弁論大会」で英語スピーチを披露し、奨励賞を受賞しました!(札幌大通キャンパス) 18.10.05

9月30日(日)に、北海道高等学校文化連盟石狩支部の国際交流専門部が主催する「第19回全道高等学校英語弁論大会」が厚別区の北星学園大学にて行われ、札幌大通キャンパスから国際コースの生徒2人が参加しました!

この英語弁論大会は、制限時間4分30秒~5分30秒で、オールイングリッシュでスピーチを行うものです。スピーチ終了後は、ネイティブから内容について英語で質問があり、それに対しても英語で返答をしなければなりません。英語力はもちろん表現力や英語での対話力も求められる、ハイレベルな大会です。

国際コース開設2年目の札幌大通キャンパスは今回が初出場でしたが、なんと1年生の岩崎さんが奨励賞を受賞しました!国際コースの担当、クリス先生と放課後も練習し続けた成果と言えます。

クラークはネイティブの先生が常駐しているので、常に生きた英語を学ぶことができ、飛躍的に英語力を伸ばすことができます。今後の国際コース生徒の英語力のさらなる向上が楽しみです。

岩崎さん(左)、クリス先生(中央)、滝口さん(右)

九州国際大学主催、KIU杯高校生英語スピーチコンテストの本選大会出場決定!(大阪梅田キャンパス) 18.10.04

九州国際大学が主催する第6回 KIU杯高校生英語スピーチコンテストが開催され、大阪梅田キャンパスのインターナショナルコース 檜垣くんが本選大会に出場することに決定しました!
この大会は、国際語である英語を使って自らの考えや主張を表現し、広い世界観を持った国際性豊かな人材を育むことを目的としています。
そのため全国大会出場へは、スピーチ英文原稿とスピーチを録音した音声データの提出が必要となる難易度が高い審査となります。檜垣くんは、早い段階からネイティブ教員から発音などのレクチャーを受けたり、スピーチのための表現力を磨いてきました。
全国の応募から15名程度しか選ばれないこの大会の本選出場に選ばれた檜垣くんは、日頃の努力の成果があったからだと思います!
本選大会は、九州国際大学で11月3日(土)に行われます。檜垣くん本選でも頑張ってください!

九州国際大学主催のスピーチコンテスト出場決定!

スピーチ英文原稿を作成します。

(656件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。