クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ

クラークニュース一覧

(490件中 1件〜7件目)

【速報】日本初!楽天イーグルスと完全連携の女子硬式野球部を設立!合同記者会見が 実施されました!(仙台キャンパス) 17.06.29

6月29日(木)東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地であるKoboパーク宮城にて、クラーク記念国際高等学校 仙台キャンパスの女子硬式野球部設立の記者発表が行われました!

この女子硬式野球部は、東北楽天ゴールデンイーグルスとクラーク記念国際高等学校が共同運営し、プロからの直接指導により、より早い段階から高いレベルの指導を受けながら全国制覇を目指すもの。東北では高校初の女子硬式野球部となり、かつ日本野球機構傘下球団との提携で設立・運営している女子硬式野球部はなく、日本初の取り組みです!

記者会見には楽天野球団の立花社長、クラークの校長である三浦校長も参加し、共に大きな大志を抱く女子野球選手のために全力を尽くすことを宣言!固い握手が交わされました!

昨年は北海道本校の硬式野球部が、通信制高校として初となる夏の甲子園にも出場しました!女子硬式野球部もその活躍に追いつけ追い越せで頑張っていきます!これからの仙台キャンパス女子硬式野球部(スポーツコース女子硬式野球専攻)の活躍、ぜひともご期待ください!

記者会見の様子

千葉県高等学校総合体育大会、新体操の部で優勝!インターハイへの出場が決定しました!(千葉キャンパス) 17.06.28

6月17日に市原臨海体育館で開催された「平成29年度千葉県高等学校総合体育大会 新体操の部」で、千葉キャンパス1年生の柴山さんが優勝し、インターハイへの出場が決定しました!

柴山さんは一生懸命授業を受けながら、日々新体操の練習に励んでいます。インターハイに向け、さらなる活躍を期待しています!自分の力を出しきれるよう、頑張ってください!

オリジナル教材「クラーク・マニ研モデル」を活用し、静岡県知事選挙を題材にした主権者教育を実施しました!(静岡・浜松キャンパス) 17.06.22

公職選挙法の改正に伴い、選挙権が18歳に引き下げられたことにより、クラークでは早稲田大学マニフェスト研究所と共同開発したオリジナル教材「クラーク・マニ研モデル」を活用した主権者教育を実施しています。

静岡キャンパス、
浜松キャンパスの2キャンパスでは、静岡県知事選挙を前に、知事選を題材にした授業を実施しました。この主権者教育の様子が、それぞれ静岡新聞、中日新聞に掲載されました。

各キャンパスは今後模擬選挙を行い、実際の投票結果と比べながらさらに学びを深める予定です。

「クラーク・マニ研モデル」とは?(無料で教材をダウンロードできます)
https://www.clark.ed.jp/election/

2017年6月21日 静岡新聞

2017年6月20日 中日新聞

フットサルU-25のクロアチア代表とフットサルコースが交流イベントを行いました! (神戸三宮キャンパス) 17.06.15

6月5日、フットサルU-25のクロアチア代表の選手、監督、コーチが「フットサル神戸フェスタ」のために来日し、神戸三宮キャンパスのフットサルコースとの交流イベントを開催しました!

生徒の皆さんはハイレベルな練習メニューをこなしながら、国による指導の違いや考え方の違いなどを学びました。交流試合の最後に、参加者全員が笑顔でハイタッチする場面もあり、フットサルの楽しさを再確認できたイベントでした。また、この交流イベントの様子が、神戸新聞に掲載されています。

クロアチアの選手たちと記念撮影

練習風景

神戸新聞

明日からできる「アクティブラーニング」とは?第3回「キャリア学習Ⅰ」の勉強会が開催されました!(首都圏) 17.06.08

今年度から始まった、クラークオリジナルのカリキュラム「キャリア学習Ⅰ・Ⅱ」。これは、これからの社会で求められている力「思考力」「判断力」「表現力」「主体性」「協働性」「多様性」を育てるとともに、大学入試改革にも対応するカリキュラムとなっています。

今月も、3回目となる教職員の自主企画「キャリア学習Ⅰ」の勉強会が開催されました!今回は、厚木で教鞭をふるう岩月先生が、キャリア学習のキーワードとなる学び方「アクティブラーニング」について解説し、さらに教職員同士で実践するという内容で勉強会を実施しました。

勉強会では授業での失敗例や成功例をあげながら、明日からできる「アクティブラーニング」とは何か?を考え、意見交換を行いました。「生徒自身にテスト問題をつくらせる」という試みで成績が大幅にアップしたなど、実例を検証しながら、アクティブラーニングの有用性を再確認しました。

アクティブラーニングを授業にどう取り入れるか意見交換

学びのポイントを書き出して共有

岩月先生による実例紹介

チャリティーイベント「中部ウォーカソン国際チャリティーフェスティバル」に参加しました!(名古屋キャンパス) 17.06.07

5月21日に愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で「中部ウォーカソン国際チャリティーフェスティバル」が開催され、名古屋キャンパスのインターナショナルコースの生徒が参加しました!

このチャリティーイベントは、恵まれない方々を支援している愛知県の様々な団体への寄付金を集める為のイベントで、アメリカの商工会議所が主催しているイベントです。今年は過去最大45名の生徒が参加し、イベントは大成功に終わりました!会場設営から受付、後片付けといった仕事はもちろん、フェイスペインティングや着ぐるみなどで、イベントを大いに盛り上げることができました。

フェイスペインティングの様子

過去最大の45名の生徒が参加し、イベントを盛り上げることができました

わかった、できた体験の授業とは?首都圏の教員による授業力レベルアップ研究会を実施しました!(首都圏) 17.05.31

5月30日に、首都圏のキャンパスの教員が東京キャンパスに集まり、合同で首都圏授業力レベルアップ研究会を実施しました。

この研究会は、それぞれの担当教科ごとに教員が集まり、お互いに授業を行い評価し合うことで授業理解を深めることが目的です。各先生の弱点を補強し、夏期職員研修に向けた準備も行います。

研究会を終え、終礼の場面で「この研究会で学んだ事を普段の授業に生かすことで、初めてこの研究会が意味のあるものになる」との認識を教員全員で共有しました。

生徒にとってよい授業とはなにか、厳しい意見も飛び交います。

英語科の授業、意見交換の場面です。

社会科の授業、先生同士でお互いのよいところを学びます。

(490件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。