クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(698件中 1件〜7件目)

ユニセフから感謝状が届きました!集まった募金で届く発展途上国への3,427回分のワクチン!(大阪梅田キャンパス) 19.01.24

インターナショナルコースの生徒たちが行った募金活動に対して、ユニセフから感謝状が届きました!
コース授業のCommunication Skillsでは、国際感覚を身につけるために難民問題を取り上げて、英語でディスカッションを行っています。日頃から難民について学ぶ生徒たちは今回、発展途上国に支援を続けるユニセフの募金活動に参加しました。

この募金活動は、人通りが多い大阪駅近くで行いました。地域の皆さんに協力していただいて集まった募金は、「はしか」から子どもを守る3,427回分のワクチン、あるいは緊急事態の際にも学校を開ける「教材」240人分となります。生徒たちはこの活動で、多くの暖かい支援の気持ちに触れて嬉しく、心強く感じたようでした。

今後も、国際理解を深めながらこのような活動を継続的に行なっていきます。

世界12カ国の高校生が一堂に会するPDWC高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会に参加しました!(東京キャンパス) 19.01.22

1月17日〜20日、パーラメンタリーディベート(英国議会方式の即興ディベート)を通して国際文化交流を行う大会(通称:PDWC)が埼玉県熊谷市で開催されました。選抜された日本の高校生達と、世界11カ国のトップ校から招聘した高校生達が集まり、多様な文化背景を有する同世代の海外の高校生達が英語での即興討論を通して交流を深めました!

クラークからは、昨年に引き続き東京キャンパスのインターナショナルコースに在籍する3名が参加。「未来の創造」をテーマに、社会、政治、倫理、環境、国際問題など多岐にわたる議題に向き合いました。“This House Would never go to war with another country without being attacked first(先制攻撃されない限り、戦争をすべきでないか)”などのテーマが出題され、英語のコミュニケーション力だけでなく、論理的な思考力、即興性、課題発見力、問題解決力などが高いレベルで要求されました。

生徒たちは、日本語での討論でも難しいテーマに苦戦している様子も見られましたが、世界各国の高校生たちと議論を交わす中で大いに刺激を受け、異なるバックグラウンドをもつ相手と意見を交わすことの喜びも実感していたようです。

■ パーラメンタリーディベートの特徴
一つの論題に対し、肯定と否定チームに分かれ、各々のチームが第三者を説得させる形式をとります。ディベートをする者は、肯定か否定チームのいずれに属するかを自ら選ぶことはできず、自身の意見とは異なる観点からの主張も考えなければなりません。準備型のディベートと違い、論題は直前で発表され、短い準備時間で話の展開を組み立てます。決められた持ち時間でチームメンバーが一人づつ意見を発表。審判員が勝ち負けを判定します。

■ PDWC公式サイト
https://pdwc.jp/

イスラエルのBoyar High Schoolとのディベートの様子

東大寺学園中・高等学校とのディベートの様子

高専大連携!大学や専門学校から教授・講師の方をお招きし、特別授業を行っていただきました!(東京キャンパス) 19.01.17

クラークでは、「キャリア学習」という学校設定科目を設置するなどし、1年次から卒業後の進路を見据えた様々な取り組みを行っています。

今回、東京キャンパスで進路学習の一環として、高専大連携の特別授業を実施しました。特別授業の目的は、学問系統別の理解を深め志望学部を決める手立てにすることです。各コースの専攻に紐づく大学や専門学校から教授・講師の方をお招きし、この日のために用意された授業を行っていただきました。

動物学の授業の様子

外国語国際学の授業の様子

心理学の授業の様子

平成30年度東京都高等学校新体操個人種目別大会の種目別ボールの部で優勝しました!(東京キャンパス) 19.01.16

1月13日に行われた平成30年度東京都高等学校新体操個人種目別大会で、東京キャンパスの1年生の鵜鷹さんが種目別ボールの部に出場し優勝しました!

今年度は、第16回新体操アジアジュニア選手権大会で日本代表としてメダルを獲得するなど、活躍が続きました。今回の大会でも練習の成果を発揮し、最高の結果で今年度最後の試合を締めくくることができました。来年度に向けて早速練習がスタートしています。今後も応援よろしくお願いいたします。

パフォーマンスコースの第149弾公演「レッドエメラルド」が、2月15・16日に公開されます!一般発売は1月22日から(東京キャンパス) 19.01.15

東京キャンパスのパフォーマンスコースの第149弾公演「RED EMERALD -レッドエメラルド-」が2月15・16日に公開されます!

「RED EMERALD -レッドエメラルド-」は、原作・脚本ともにクラークの教員が製作したオリジナル作品です。2014年に初演が公開されてから、しばらく再演されずにいましたが、この度、大幅な書き換えを施し新レッド・エメラルドとして生まれ変わることになりました!生徒たちは、みなさまに披露するのを楽しみに、日々練習を重ねています。一般発売は1月22日から、東京キャンパスへの電話受付でのみ受け付けております。多くのお客様のご来場をお待ちしております!

■2月冬公演「RED EMERALD -レッドエメラルド-」詳細
日時:2月15日(金) 13:00〜 18:00〜
   2月16日(土) 11:00〜 15:30〜(全4回)
劇場:練馬文化センター(小ホール)
出演:パフォーマンスコース生徒
チケットご予約:03-3203-3600(1月22日受付開始)

■あらすじ
後に大航海時代の始まりのきっかけとなる「東方見聞録」は、当時誰からも信じられておらず、冒険家マルコポーロはホラ吹き爺さんと呼ばれていた。予言者カサンドラは、女王を愚弄した予言で魔女として今や火炙りにされようとしている。そのカサンドラを狙うは盗賊団長ノーヴァー。そしてノーヴァーは18年前の国王家惨殺事件の指名手配犯であった。仇を取るべくノーヴァーを追い続ける女王軍指揮官フィデリオ。独裁者として君臨する女王。マルコポーロの「東方見聞録」の失われたページに書かれた奇跡の秘宝が、各々の物語の糸を絡め紡いでいく。目指すべきはレッドエメラルド、時を遡る奇跡の石。パフォーマンスコース唯一のオリジナル台本。初演から5年の時を経て、今新たな物語として蘇る。宿命の嵐が吹き荒れる…。

写真は前回公演(2014年)の様子

写真は前回公演(2014年)の様子

写真は前回公演(2014年)の様子

英語4技能×探究学習によるプレゼンを競う「第1回Change Maker Awards」開催!本戦出場の20チームに選出されました!(大阪梅田キャンパス) 19.01.09

英語4技能・探究学習推進協会主催の「第1回Change Maker Awards」に、クラーク記念国際高等学校の大阪梅田キャンパスが出場します!

「Change Maker Awards」は、英語4技能×探究学習による全国規模のプレゼンテーションコンテストです。第1回は、「私の夢中は誰かを動かせるか-Show your Potential for the Future-」がテーマ。自身が夢中になっていること(=探究していること)が、どれだけ周りを巻き込め実行できるかを、英語のプレゼンテーションを通じて競い合います。全国から99校・102チームからの応募があり、クラークは、本戦出場の20チームに選出されました!

■ 中高生のための英語プレゼンテーションコンテスト「Change Maker Awards」決勝大会
日程:2019年1月27日(日)
時間:10時~17時(9時30分開場)
場所:東京・星陵会館

観覧希望の方はこちら(クラーク外のサイトになります)
https://peatix.com/event/578351

大阪梅田キャンパスの英語の授業の様子

三浦雄一郎校長が南米最高峰アコンカグアに向けて出発!羽田空港にて生徒たちによる出発式が催され、熱いメッセージを送りました! 19.01.02

1月2日、羽田空港にて三浦雄一郎校長のアコンカグア挑戦を応援するため、生徒たちによる出発式が行われました!

三浦校長の挑戦を少しでも応援したいと、お正月中であるにも関わらず多くの生徒達が羽田空港に集結!生徒一人ひとりが三浦校長に直接熱いメッセージを送りました。
横浜青葉キャンパスの3年生、藤沼さんが「夢がかなうように日本から全力で応援しています」とエールを送り、三浦校長は「心を込めて応援してくれて励みになった」と笑顔で話してくださいました。

登頂予定は1月21日頃。みなさまぜひともご注目ください!
下記の応援特設サイトでは三浦校長への熱いメッセージを募集しています。
みなさま、三浦校長へぜひとも応援メッセージをお送りください!

▼三浦雄一郎校長 アコンカグア挑戦 特設サイト
http://miura.clark.ed.jp/

(698件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。