クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(1044件中 1件〜7件目)

10月2日(土)にオンライン教育フォーラム「女性アスリートの育成と未来」を開催! 21.09.21

2021年10月2日に、オンライン教育フォーラム「女性アスリートの育成と未来」を開催いたします。

近年、ジェンダー平等への気運の盛り上がりとともに、国内外の女子スポーツ選手が目覚ましい活躍を見せています。

こうした時流に伴い、高校や大学でも女子スポーツ選手の育成に力を入れる動きが活発になっています。主催者のクラーク記念国際高等学校も、女子スポーツ選手の育成を推進しています。2017年に仙台キャンパスに東北楽天ゴールデンイーグルスと連携した女子硬式野球部の創設を皮切りに、来春には三菱重工相模原ダイナボアーズと連携した女子ラグビー部を創設と、プロチームと連携し、高いレベルでのスポーツ教育の提供に努めています。

今回のオンラインフォーラムは、今後ますます発展する女子スポーツ文化を盛り上げることを目的として企画されました。女子スポーツの実践者たちとともに、教育機関は今何が求められており、何かできるのかを考えます。

■フォーラム詳細
フォーラム名:女性アスリートの育成と未来
日時:10月2日(土)18:00〜19:30(受付開始17:00〜)
開催場所:zoomウェビナーにて開催
参加費:無料
申し込み方法:Peatixにて予約受付中。下記のURLよりお申し込みください。
https://clark20211002.peatix.com
※チケットは無料ですが、お申し込みにはアカウント作成が必要です。
※メディア関係者、フォーラムの記事化をご検討の方は別途ご連絡ください。

■当日のスケジュール
18:00〜 開会の挨拶
18:05〜「女子がスポーツで輝く未来に向けて」
     日本女子体育大学 宮本乙女教授
18:25〜「女子ラグビーの挑戦。オリンピアンの誕生を目指して」
     三菱重工株式会社 三菱重工相模原ダイナボアーズ 石井晃ゼネラルマネージャー
18:45〜「女子スポーツ部で生徒が伸びる理由」
     クラーク記念国際高等学校仙台キャンパス 渡辺崇キャンパス長
19:05〜「オリンピックへの挑戦、高校時代を振り返って」
     2021東京五輪 女子7人制ラグビー出場 ARUKAS KUMAGAYA 小出深冬選手
19:25〜 閉会の挨拶

クラーク国際が先発全員安打・全員打点で圧勝!2年連続3度目の北海道大会進出! 21.09.20

第74回秋季北海道高等学校野球大会空知支部予選Aブロック代表決定戦が9月20日、深川市民球場で行われ、クラーク国際が15−0の5回コールドで滝川工業高校を下し、2年連続3度目の北海道大会出場を決めました。クラーク国際は初回に5安打で5点を先制。3回裏にはスクイズを挟んだ9連続安打などで10点を追加しました。投げては、先発した左腕エース山中麟翔(りんと)くん(2年)が4回3安打、新岡歩輝(あゆき)くん(1年)が1回1安打の無失点リレー。投打が噛み合い、センバツ甲子園出場の参考となる舞台への切符を手にしました。

1回裏に2死からの4連打で5点を奪うと、3回裏には新岡真輝(まなき)中堅手のスクイズを挟んで1死から9連打。先発全員安打・全員打点の15安打15得点を記録しました。1回戦から代表決定戦までの3試合で48得点は、秋の大阪大会で3回戦まで勝ち進む強豪・大阪桐蔭と全く同じ。佐々木啓司監督が春8回・夏4回の甲子園出場に導いた駒大岩見沢の〝ヒグマ打線〟をほうふつとさせる爆発力ですが、「(センバツに出場するためには)もう少し勢いがほしいね」と指揮官。北海道大会までの10日ほどで、さらに貪欲に、強化をはかります。

投手は地区3試合で5人が登板。失点0でした。この日、毎回の7三振を奪った背番号1の山中くんは「2回戦で〝ライバル〟の辻田が9回を完封して悔しかった。今日は僕(が完封)の番だと思って投げた」といいます。ハイレベルな〝エース争奪戦〟が投手力を底上げし、初のセンバツ甲子園を手繰り寄せます。

クラーク国際は2016年に創部3年目で北北海道大会を勝ち上がり、通信制高校で初の夏の甲子園出場を果たしました。今年は春季北海道大会で初のベスト4に進出。ところが秋季北海道大会は未だ勝ち星がありません。皆さんの後押しで、秋1勝、そしてセンバツへ。北海道大会も引き続き、応援をお願いします!



【空知支部Aブロック代表決定戦】
滝川工業 00000=0
クラーク 50100×=15
※5回コールド

バッテリー 山中、新岡歩−麻原
三塁打 藤野、白取
二塁打 越智、山中

【第74回秋季北海道高等学校野球大会】
9月30日(木)開会式、公式練習
10月1日(金)〜4日(月)1・2回戦、10日(日)準決勝、11日(月・祝)決勝
※雨天順延

校歌を歌い終え、スタンドに向かって駆け出すクラーク国際ナイン

4回3安打無失点の好投を見せたエース山中くん

高らかに校歌を歌い上げるクラーク国際ナイン

JAXA宇宙教育センターと連携したオンライン授業が実施!宇宙服と宇宙食を提案する探究学習に取り組みます! 21.09.17

9月15日に、JAXA宇宙教育センターと連携し、宇宙服と宇宙食についての授業連携を行いました!

この授業は、「宇宙教育プロジェクト」の一環として、生徒たちにもっと宇宙に興味を持ってもらい、宇宙を考える事で地球環境や自分たちの生活について考える機会を与えたいという思いから実現したものです。

今回授業を受けたのは、次世代工学専攻(福岡)、グローバルサイエンスコース(横浜)、ロボティクスコース(クラークネクスト東京)、食物栄養コース(東京)、ペット生命科学コース(東京)、宇宙探究部(全国)の生徒たち約150名。オンラインで繋がり意見を交わしました。

今後は、この授業を受けた生徒たちから希望者を募り、「月面都市にクラーク記念国際高等学校ができた事を想定して、宇宙服(制服)、宇宙食(給食)の企画をせよ。」という探究学習を継続して行い、12月にJAXA宇宙教育センターにプレゼンテーションを行う予定です。

「食のアイデアコンテスト」でフードロスをなくすためのアイデアを提案!優秀賞と特別賞を受賞!(さいたまキャンパス) 21.09.13

人間総合科学大学のヘルスフードサイエンス学科が主催する「第3回 食のアイデアコンテスト」で、さいたまキャンパスの2年の梶原さんが「優秀賞」、2年の池辺さんが「特別賞」を受賞しました!

二人が受賞したのは「食」の課題解決部門。「家庭で「食品ロス」を減らすには?」というテーマに対し、「のり巻きそうめん」「タイ焼き」というタイトルでフードロスのアイデアを提案し、応募総数309件の中から評価されました。

二人はサイエンスゼミに所属しており、普段から世の中で起こっている現象を科学的視点から捉え、実験などを通して自ら学ぶ力を身につけています。今回、特別にヘルスフードサイエンス学科の学科長がさいたまキャンパスに来校され、授賞式が執り行われました。

全国195チーム参加のYouTube甲子園にて銅賞を受賞!オリジナルソング『雛菊』、是非ご視聴ください!! 21.09.13

クラーク国際連携校の専修学校クラーク高等学院天王寺校の教育活動をご紹介します。
クラーク高等学院天王寺校では、今年度、新型コロナウイルスの影響で学校行事が軒並み中止となる中でも、かけがえのない日々を大切にしたいと思う生徒の気持ちがきっかけとなり、この時代を生きる全ての人々に元気を届けるファイトソングを作るプロジェクトを企画しました。
生徒たちが、それぞれの想いを言葉とし、それを、大阪出身のシンガーソングライターの完伍さんに作詞・作曲・編曲していただきました。
そして6月に制作費用調達のためのクラウドファンディングを実施し、518,000円のご支援を頂き達成。8月に、府内のスタジオでレコーディングを行い、ついに完成しました。
そして、このオリジナルソング『雛菊』の制作過程をまとめた動画をYouTube甲子園にエントリー。この度、全195チームが参加する中、銅賞を頂きました。
コロナ禍を生きる中・高生にエールを送るファイトソング『雛菊』。是非ご視聴ください!!

https://www.youtube.com/watch?v=epdLW6Xspz8&t=6s

初のセンバツ甲子園出場へ、新チームの秋季大会が開幕! 21.09.10

来春のセンバツ甲子園出場校決定の参考となる第74回秋季北海道高等学校野球大会空知支部予選が9月11日に開幕します。日程に一部変更があり、クラーク国際(深川キャンパス)は、15日のAブロック1回戦・VS岩見沢西高校が初戦です。
今夏の北北海道大会は、同地区のライバル滝川西高校に敗れ、まさかの1回戦敗退となりました。昨夏の代替大会を含めて4年連続の決勝進出という快挙を逃して、高校生活最後の公式戦を終えた3年生の悔しさを、1、2年生の新チームが晴らしてもらいたいところです。
スポーツコースホームページ(https://sports.clark.ed.jp/club/baseball)に、新チームの選手名鑑を用意しました。試合内容は、深川キャンパス(https://www.clark.ed.jp/hokkaido/honko/)もしくはスポーツコースホームページにアップしますので、活躍した選手の名前と、名鑑の名前を照らし合わせてお楽しみください!

9月25日(土)にオンライン教育フォーラム「新しい女子教育のススメ」を開催します!限定100名先着順で受付中! 21.09.03

2021年9月25日に、オンライン教育フォーラム「新しい女子教育のススメ」を開催いたします。今回のオンライン教育フォーラムでは、女子教育の最前線で活躍する実践者たちを招聘。複雑化する現代社会で「女子教育」を行うことの意義を再考し、女性の社会活躍と持続可能な社会の実現に向け、これからの女子教育に何が必要かを考えます。教職員・教育関係者の方から、女子教育に関心のある方まで広く一般方の参加を受け付けます。

■フォーラム詳細
フォーラム名:新しい女子教育のススメ
日時:9月25日(土) 18:00〜19:30(受付17:00〜)
開催場所:zoomウェビナーにて開催
参加費:無料(限定・先着100名)
申し込み方法:Peatixにて予約受付中。下記のURLよりお申し込みください。
https://clark20210925.peatix.com
※チケットは無料ですが、お申し込みにはアカウント作成が必要です。
※メディア関係者、フォーラムの記事化をご検討の方は別途ご連絡ください。

■当日のスケジュール
18:00〜 開会の挨拶
18:05〜「女子大学だからこそ育つ資質と能力」
     昭和女子大学 副学長 志摩園子
18:25〜「女子の決断力。自分らしいキャリアを目指して」
     活育教育財団 福井里佳
18:45〜「通信制高校女子部が目指す女子教育」
     クラーク記念国際高等学校 横浜青葉キャンパス 校長 三浦恵美里
19:05〜「アメリカの女子大セブンシスターズの今」
     栄陽子留学研究所 所長(国際教育評論家)栄陽子
19:25〜 閉会の挨拶

(1044件中 1件〜7件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。


英語スペシャリスト教育

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。