クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(610件中 1件〜7件目)

この度の広島キャンパス熱中症に関するお詫び 18.07.20

本日、広島キャンパスにて実施した体育祭において21名の生徒が熱中症とみられる症状を訴え、病院に搬送されましたが、すでに全員治療を受け帰宅致しました。生徒、並びに保護者の皆様には心よりお詫び申し上げます。
皆様方におかれましては、ご心配をおかけ致しまして大変申し訳ありませんでした。
また、今回救護にあたっていただいた救急隊の皆様、及び医療関係者の皆様に感謝を申し上げるとともに、西日本豪雨災害による対応の中、ご迷惑、ご心配をおかけ致しまして大変申し訳ありませんでした。今後は熱中症に対する予防対策を更に徹底するとともに、生徒たちの健康、安全を第一に考えてまいります。今回の教訓を活かし、より良い運営を心がけ教育活動につなげてまいります。心よりお詫び申し上げます。

クラーク記念国際高等学校 校長 三浦雄一郎

硬式野球部が出場した北北海道大会準決勝は9対6で勝利!接戦を制し決勝に勝ち進み、甲子園まであと1勝!(北海道本校) 18.07.20

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(夏の甲子園)への出場をかけた北北海道大会の準決勝が7月20日に実施され、本校硬式野球部は北海道北見北斗高等学校と対戦。9対6で勝利し決勝にコマを進めました。

初回に3点先取するも相手にも3点を奪われ、初回から点を奪い合う熱い展開に!何度も勝ち越され試合がもつれ込む中、8回表についに逆転!9回にダメ押しの追加点を奪い、最後は勝ちをもぎ取りました!

いよいよ次は甲子園出場をかけた決勝です。明日、7月21日(土) 13:00プレイボールです! みなさまの応援よろしくお願いいたします!

4打数4安打1フォアボールと大活躍の土屋選手

本校硬式野球部が出場した北北海道大会2回戦は13対1でコールド勝ち!堂々4強に勝ち進みました!(北海道本校) 18.07.18

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(夏の甲子園)への出場をかけた北北海道大会の2回戦が、18日に旭川市ヒルスタン球場で実施されました。本校の硬式野球部は、旭川龍谷高等学校と対戦、13対1で勝利し準決勝にコマを進めました。

1回戦に続き2回戦もヒグマ打線が躍動しました!1回戦と同様、後藤君の先頭打者ホームランが飛び出し、またも初回に岡田君の満塁弾で1回で6点先制!

準決勝は7月20日(金) 10:30プレイボールです! みなさまの応援よろしくお願いいたします!

本校硬式野球部が出場した北北海道大会1回戦は14対0でコールド勝ち!ヒグマ打線が躍動しました!(北海道本校) 18.07.17

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(夏の甲子園)への出場をかけた北北海道大会の1回戦が、雨で順延となり7月16日に実施されました。本校硬式野球部は、帯広柏葉高等学校と対戦、14対0で勝利し2回戦にコマを進めました。

後藤選手の1回先頭打者ホームランで勢いづくと、岡田選手の満塁ホームランも飛び出し初回に一挙7点を先取!投げては安楽選手、関口選手、ピダーソン選手が無失点に抑え、投打に隙のない試合運びとなりました。

2回戦は7月18日(水) 9:00プレイボールです! みなさまの応援よろしくお願いいたします!

先頭打者ホームランの後藤選手。この一発で勢いがつきました!

初回に満塁ホームランを放った岡田選手

社会貢献活動を行うインターアクト委員会が西日本豪雨災害の復興支援ための募金活動を行なっています(横浜青葉キャンパス) 18.07.13

横浜青葉キャンパスには社会貢献を目標とした活動を行うインターアクト委員会が設置されており、1年生から3年生までの25名で日々様々な活動を行なっています。

先日、西日本を中心に大規模な大雨と土砂崩れが発生しました。この災害によって多くの方が被害に合われたため、横浜青葉キャンパスのインターアクト委員会は復興のための活動に取り組んでいます。7月9、10、12日の3日間にたまプラーザ駅付近で募集活動を行い、地域の方のご協力のおかげで47万3360円が集まりました。この募金は、日本赤十字社を通して、被災地に届けられます。

また、この募金活動は現在も継続して行われています。

皆様のご協力ありがとうございました

インターナショナルコースの生徒がTOEIC満点を達成しました!留学を経て400点以上得点を伸ばした生徒も!(名古屋キャンパス) 18.07.10

クラークでは、ニュージーランドにある系列校の国際大学IPU New Zealandと密に連携し、英語教育のノウハウを導入しています。独自の「4技能(Reading / Writing / Listening / Speaking)+表現力」教育で「生きた英語」を身につけるので、TOEICなどのスコアアップはもちろん、国外・国内の難関大学へ進学する生徒も年々増加しています。

名古屋キャンパスのインターナショナルコースに在籍する3年生の野田さんが、キャンパス史上初となる990点満点を達成しました!野田さんは入学時からインターナショナルコースで学び、何度もTOEICにチャレンジしながらスコアを伸ばし、見事本人の努力が成果をもたらしました。さらに、3年生の佐竹さんも、留学を経て400点以上得点を伸ばし900点以上のスコアを記録しています!名古屋キャンパスのインターナショナルコースの取り組みに、注目が高まっています!

3年生野田さん(左)とネイティブ教員のchristian先生(右)

来年度から始まる学校設定科目「ロボット数学Ⅰ・Ⅱ」について、東京大学の佐藤知正名誉教授よりメッセージをいただきました! 18.07.09

来年から始まる数学的な思考力・判断力・応用力を高める学校設定科目「ロボット数学Ⅰ・Ⅱ」の導入は、「論理的思考力、能動的学習力の形成」「理学部、工学部、医学部などをはじめとする理工系大学への進学」「将来ロボットエンジニアを目指す生徒にとっての数学基盤の早期醸成」などの教育効果が期待されています。

この学校設定科目「ロボット数学Ⅰ・Ⅱ」の開発にあたり、東京大学の佐藤知正名誉教授よりメッセージをいただきましたので下記にご紹介いたします。

※「ロボット数学Ⅰ・Ⅱ」初年度導入は秋葉原、さいたま、大阪梅田キャンパスとなります。

佐藤知正名誉教授(後ろ左から2人目)

(610件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。