クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(643件中 1件〜7件目)

東京ゲームショウ2018で、秋葉原ITキャンパスの先生が次年度新開講の「eスポーツ専攻」についての講演を実施! 18.09.20

9月20日より4日間、千葉県 幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2018/TOKYO GAME SHOW 2018」で、秋葉原ITキャンパスの土屋先生が講演を行いました!

レノボ・ジャパン様からのご招待を受け、レノボ・ジャパン・LEGIONブースにて「eスポーツと教育のこれから」と題して行われた本講演。これまで多くの専門コースや専攻を生み出してきたクラークが、次年度より新たに開講する「eスポーツ専攻」にフォーカスを当て、レノボ・ジャパン森部様、eスポーツコミュニケーションズ代表 筧様、お笑い芸人の浜ロン様と共に、トークショー形式で紹介をさせていただきました。

トークショーでは、「得意を伸ばし、自信をつけて学力を伸ばすクラークのしくみ」を始め、「世界を目指すためのeスポーツ専攻がどのように教育と融合するのか」を紹介。生徒一人ひとりの未来のため、これからのクラークがeスポーツと本気で向き合っていくことをご説明させていただき、会場にお集まりいただいた多くのお客様から温かい拍手をいただきました!

トークショーの最後にはレノボジャパン様よりサプライズで、ゲーミングPC「LEGION」がクラークへ寄贈!eスポーツに最適なPCをお贈りいただき、次年度からの新専攻開講が益々楽しみになりました!

eスポーツ専攻にご興味のある方は、秋葉原ITキャンパスまでお問い合わせください!
https://www.clark.ed.jp/kanto/it/

レノボ・ジャパン様よりゲーミングPC「LEGION」を寄贈いただきました!

10月1日に、人型ロボットNAOを使用した公開授業『社会で役立つロボットアプリ開発』を実施します!(秋葉原ITキャンパス) 18.09.19

10月1日に、秋葉原ITキャンパスで『社会で役立つロボットアプリ開発』と題した公開授業を実施いたします!

公開するのは、AI・ロボット専攻、ゲームプログラミング専攻で実施している選択授業の一つ。この授業では、株式会社アウトソージングテクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:茂手木 雅樹)と協力し、人型ロボット「NAO」を使用したプログラミング授業を行っています。年間を通して、NAOを使った会話や動作つきの案内、センサーの活用、HTML、JavaScriptを用いたディスプレイ連動、データ取得・記憶など学んでいます。授業の見学を希望される方は、下記の受付先にお問い合わせください!

■ 公開授業について
【日 時】2018年10月1日(月)13:45〜15:35
【場 所】クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパス
【対 象】在校生、報道関係者、教育関係者、その他
【予 約】要
【参加費】無料
【内 容】『社会で役立つロボットアプリ開発』
     ・ロボット対話アプリの開発スキルを向上させよう
     ・ランダム発話/条件分岐/イベント検知などのロジカルな思考に触れよう
     ・アプリのユースケースを考え、利用者視点の機能要件を考察しよう
【取材受付先】株式会社アウトソーシングテクノロジー
       ロボティクス事業課 高瀬
       TEL:03-3273-3700

※本授業は、ソフトバンクロボティクス株式会社が開発した自立型人型ロボット「NAO」を活用し、アウトソーシングテクノロジーが独自に授業を設計、本校に提案するものです。

クラーク記念国際高等学校のTwitter公式アカウントがスタート!学校生活や授業の様子をお伝えします! 18.09.18

9月からクラーク記念国際高等学校のTwitter公式アカウントがスタートしました!学校生活や授業の様子、イベントのご案内などを随時お伝えしていきますので、フォローよろしくお願いいたします!

クラーク記念国際高等学校 公式アカウント
https://twitter.com/Clark1992_PR

来年度から本気で春高バレーを目指す「スポーツコース・女子バレーボール部」がスタートします!(北海道本校) 18.09.14

2019年度より、北海道本校で「スポーツコース・女子バレーボール部」がスタートします!これまで多くのスポーツ競技で実績を残してきたクラーク記念国際高等学校が、新たに取り組むのが女子バレー!

専用体育館など充実した設備でトレーニングをしながら、系列大学であるIPU・環太平洋大学(岡山県)と連携したデータ分析や科学的なトレーニング技術の習得も目指します。

この女子バレーボール部創設のニュースが、9月13日の北海道新聞朝刊(全道版、スポーツ面)に掲載されました。バレーボール部の監督に就任する掛屋忠義監督は、夏のインターハイ、新春に開催される春高バレー(3月開催の旧春高バレー含む)の高校バレーボール2大大会に前任校を30回も導いた実績があります。「クラークで、子どもたちの〝夢・挑戦・達成〟をサポートしたい」と、強い覚悟で女子バレーボール部の創設を自らクラークに提案、来年4月のスタートに向けて準備を進めています!

北海道新聞朝刊(2018年9月13日)

東京藝術大学と高大連携!夏休みのサマーキャンプで藝大教授から指導を仰ぎ工芸作品の制作を行いました!(東京・所沢キャンパス) 18.09.13

8月22日から24日に、東京キャンパスと所沢キャンパスに設置された美大進学を目指す美術デザインコースで、東京藝術大学と連携したサマーキャンプが実施されました!

東京藝術大学の一角で合宿を行い、「表面処理工房:有線七宝制作」「ガラス造形工房:ホットワーク・キルン制作」「木材造形工房:曲げ板による装身具制作」
「鋳造工房:印刻による石膏型鋳造制作」「金工機械工房:音の鳴る金属造形作品制作」の5つの班にわかれて制作を行いました。

藝大の教授から指導を仰ぎながら制作を行うのは特別な体験!3日間という短い期間でしたが、専門的な技術を学び充実した時間を過ごすことができました。東京芸術大学のみなさん、ありがとうございました!

首都圏理系コースのオーストラリア特別留学プログラム「サイエンス留学2018」を実施しました!(東京・横浜キャンパス) 18.09.12

8月22日(水)から9月5日(水)の夏休みの2週間を利用し、東京キャンパスのペット生命科学コースと、横浜キャンパスのグローバルサイエンス専攻が、「サイエンス留学2018」と題したオーストラリア留学を実施しました!

このプログラムは、通常のクラークの留学システムとは別に、「人間と自然が共存できるパートナシップを創造する」というテーマのもとに企画された理系コースだけの特別プログラムです。今年度は、「自然環境の保全と、その重要性の認識。サスティナブルな製品作りの調査」を目的とし、オーストラリアにあるタウンズビルを訪ねました。

タウンズビルでは、現地の水質調査や気候調査などのフィールドワークから始まり、水族館や動物園・動物病院など様々な場所を訪ねながら、オーストラリアの生態系について学びを深めました。また、ユーカリ油の抽出など、現地の自然植物を使った実験なども行い、商業製品化の可能性を探りました。

動物園訪問

現地研究所での水質調査

Evernote社のインターンシップに参加!社会との関係の中で自己実現を図る生き方を学ぶ!(大阪梅田キャンパス) 18.09.06

大阪梅田キャンパス インターナショナルコース3年の松本さんが、Evernote社がクラークのためだけに用意していただいたインターンシップへ参加しました!これはクラークとしても初めての取り組みであり、高校生の段階から社会に参加することで社会関係への興味・関心を育て、社会との関係の中で自己実現を目指すことを目的としています。

全国のクラーク生の中から1名が選抜されて参加できるこのインターンシップ。松本さんは参加を目指し、3か月かけて英語小論文やPowerPointでのプレゼンを作成、2度の面接試験を通過して全国のクラーク生から選ばれました!

松本さんは東京のEvernote社で夏休みの10日間、ブログ作成や英語で行う会議にも参加。社員の方々と共に多数の企業を訪問、アプリ使用状況をヒアリングする会議に参加し、自分のアイデアを積極的に発言しました。
この日、George P. Johnson社の会議に同行させていただいた松本さんは「社会には自分の知らない考えがあり、それに触れることによって自分のアイデアが変化していく貴重な経験ができた。自分の視野は間違いなく変わった。」と会議後に話していました。

この経験によって松本さんの社会性や思考力は飛躍的に成長し、これから始まる大学入試の面接試験などでも、より具体的に自分の未来や発想について語ることができるようになったのではないでしょうか。

(643件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。