クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(610件中 8件〜14件目)

ロボット実習を通して数学を学ぶ学校設定科目「ロボット数学Ⅰ・Ⅱ」が来年度からスタートします!浜学園グループと提携 18.07.09

【プレスリリース】
「数学エリート育成塾」を運営する浜学園グループ(所在地:兵庫県西宮市)と提携し、これまで浜学園が中学生向けに行ってきたロボットを活用した数学教育を、高校生向けプログラムとして新たに開発。来年度より、興味をもって数学的な思考力・判断力・応用力を高める学校設定科目として「ロボット数学Ⅰ・Ⅱ」を導入いたします。このロボット数学教育では、人にわかりやすいリアルなロボット体験を通じて、1)数学概念の実感理解(数学概念のグラウンディング)、2)興味深いロボット課題のトライによる数学応用力の涵養、3)ロボット実用例の紹介を通じた数学が役立つことへの理解を介して、教育効果を高めます。

近年のロボット産業の成長は目覚ましく、2035年には9.7兆円まで市場が成長するとも言われており、今後のロボット技術者の需要増加が見込まれています。また、教育業界においても1990年代からアメリカから広まった「STEM教育(Science, Technology, Engineering and Mathematics)」という教育モデルが注目され、昨今では国内でも科学・技術・工学・数学を重視した教育の重要性が叫ばれています。こうした背景のもと、目的意識を持って数学を学べる浜学園のプログラムに注目し、今回の高校生向けカリキュラム共同開発に至りました。

ロボット数学Ⅰ・Ⅱでは、高校で学習する数学の単元を、ロボットの実習を交えて履修することができます。ベクトルや三角関数などを、ロボットの座標や関節角度などと関連付けて学ぶことで、元来、公式を覚えるだけだった数学が、公式を活用する観点から学ぶことができるようになり、より学ぶ楽しさを体験できるようになっています。実習を通して、学習内容がどのように現実で使われているかということが体感できるため、実学としての数学を楽しみながら学べると共に、数学的プロセスの側面から問題解決能力を育むことが可能となります。

ロボット数学Ⅰ・Ⅱのカリキュラム設計にあたっては、浜学園と共同開発する他、東京大学の佐藤知正名誉教授、千葉工業大学先進工学部の林原靖男教授、埼玉大学大学院理工学研究科の琴坂信哉准教授、ロボットの開発をしているヴイストン株式会社の監修を得ています。
※初年度導入は秋葉原、さいたま、大阪梅田キャンパスとなります。

授業で使用するロボットの一つ(提供:ヴイストン株式会社)

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 北北海道大会の組み合わせが決定しました!〜夏の甲子園大会への道〜(北海道本校) 18.07.07

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 北北海道大会の組み合わせ抽選会が、旭川市市民活動交流センターCoCoDeで行われました。クラーク本校硬式野球部の初戦の相手は帯広柏葉高等学校となります。試合は7月15日(日)午前9時開始です!皆様のあたたかいご声援をよろしくお願いいたします!

試合速報(北海道高野連HP)
http://www.hokkaido-hbf.jp/hp/index.html

女子硬式野球専攻の11名が、7月27日から始まる全国大会出場に伴い宮城県の村井知事を表敬訪問しました!(仙台キャンパス) 18.07.06

クラークでは、通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型通信制」という仕組みで、生徒一人ひとりの才能開花を目指し日々取り組んでいます。今年度4月に仙台キャンパスに発足したスポーツコース女子硬式野球専攻も、まさに新たな「才能開花」を目指した専攻の一つ。国数英などの一般教科もしっかり学びながら、東北楽天ゴールデンイーグルスとの全面提携でより専門的な学びを深めます。

1年生11名でスタートした女子硬式野球部は、宮城県から4名、東北各地そして日本全国から選手が集まりました。7月27日から始まる第22回全国高等学校女子硬式野球選手権大会出場に伴い、7月5日(木)村井知事を表敬訪問いたしました。村井知事から激励を受け、生徒たちは満面の笑み。全国優勝を目指して頑張ります!

第100回全国高校野球 北北海道空知地区大会、安定した強さで見事に突破!北北海道大会は7月14日から!(北海道本校) 18.07.02

本日7月2日に行われました全国高校野球選手権、北北海道地区予選、代表決定戦は見事クラーク硬式野球部が7対1で勝利し、北北海道大会出場の切符を手にしました!

安定した強さで支部予選を突破したクラークは、投手陣の層が厚く、そしてどこの打順からでも打線かつながる打撃力で北北海道大会の優勝候補にあがるチームに成長してます!
6回から3番手で登板したピダーソン和紀選手(3年)は2回無失点。最速140キロ超右腕に7球団のスカウトが訪れ熱視線を送っていました!

北北海道大会は7月14日から旭川スタルヒン球場で開催されます。
さらなる応援を宜しくお願いします!

好投した安楽投手

姫路市の初夏の風物詩である「姫路ゆかたまつり」に、よさこいチーム「百花繚乱」が参加しました!(姫路キャンパス) 18.06.28

6月23日(土)に行われた「姫路ゆかたまつり」の城南公園で地域ふれあいステージが催され、姫路キャンパスのよさこいチーム「百花繚乱」が参加しました!

お客さんが間近で見学する中、元気いっぱいによさこい踊りを披露した生徒たち。多くの拍手をもらい、充実した表情を見せてくれました。この様子は、23日の神戸新聞にも掲載され、会場の盛り上がりが伝えられました!

北海道「北の大地 元気の泉キャンパス」での、夏季体験学習がスタートしました!(静岡キャンパス・浜松キャンパス) 18.06.27

クラークでは、1年次に冬期体験学習、2年次に夏季体験学習を実施しています。体験学習は、北海道本校のすぐそばにある「北の大地 元気の泉キャンパス」で行われます。冬はスキーやスノーボード、夏は農業体験やラフティングなどを体験し、自然の中で仲間たちと様々な経験を重ねていきます。教室では学べない数多くの出来事で、新たな信頼関係も生まれています。

クラークの恒例行事である夏季体験学習が、今年もスタートしました!まず元気の泉キャンパスに訪れたのは、浜松キャンパス・静岡キャンパスの2キャンパス。宿泊行事の2日目には、ブロッコリーの苗植えやジャガイモの収穫準備、調理加工体験など様々な実習を行いました。

晴天に恵まれ、気持ちのいい日差しの中で実習を行った生徒たち。全国のキャンパスでリレーをしながら野菜を育て、収穫した野菜はレトルトカレーやポテトチップスに加工されて、全国の生徒たちに届きます。

教職員の生活指導スキル向上と、いじめの未然防止・早期発見・早期解決を目指した教育相談会を実施しました(首都圏地区) 18.06.26

クラークでは、いじめの未然防止・早期発見・早期解決を目指した基本方針を定めています。また、教職員が内閣府認定公益法人こども教育支援財団が認定する「学習心理支援カウンセラー」の資格を取得するなど、生活指導スキルの向上に日々努めています。

6月25日(月)、玉川大学教職大学院から田原俊司教授をお招きし、クラークの首都圏の生活指導部が定期企画する「教育相談会」が東京キャンパスで実施されました。今回は「いじめ防止対策推進法に基づく生徒対応・事例検討会」と題し、実際の事例を元に、いじめが発生してしまった場合の適切な解決方法を教職員で検討・確認しました。

(610件中 8件〜14件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。