クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(1075件中 407件〜413件目)

こども教育支援財団が主催の「子ども環境学習発表会」に、ペット生命科学コースが出場しました!(東京キャンパス) 18.12.06

クラークでは、生徒の「好きなこと」「得意なこと」を伸ばし、一人ひとりの才能開花に向けた様々な取り組みを行っています。特色あるコース授業もその一つ。今回は、東京キャンパスのペット生命科学コースについてご紹介します!

こども教育支援財団が主催する「子ども環境学習発表会」が11月24日(土)に行われ、東京キャンパスのペット生命科学コースが出場しました!未来の地球環境を創る子ども達が、環境問題について調べ学習や活動を実施し、その内容を発表するとともに、「これからどんなアクションを起こしていきたいか」を宣言することを目的として開催。この発表会で、ぺット生命科学コースは「鳥」をテーマにした発表を行いました。

過去300年の間、世界の森林は減り続けており、2005年から2010年の5年間では5200万ヘクタールもの森林が減少しています。生態系ピラミッドの頂点に近い鳥も、生息地が農地に変えられたことが主な原因となり農耕以前と比べ最大25%も減少しました。ペット生命科学コースの生徒たちは、このような鳥類の現状と絶滅危惧種などの調査結果を発表。食用や毛皮目的の狩猟、捕獲など人間の直接的な利用のための摂取が生息地の消息に次ぐ第2の脅威となっていることを呼びかけ、一人ひとりが行動し「ヒトと動物の共存」の大切さを訴えました。

※クラークの最新情報はクラーク記念国際高等学校 公式Twitterでも紹介しています。
https://twitter.com/Clark1992_PR

発表終了後の記念撮影

発表の様子

クラークでは日本の未来を支える先生・教育者を育成するため、大学生インターンシップの受け入れを行っています! 18.12.05

クラーク記念国際高等学校では、「将来先生になりたい!」「子どもたちに夢や希望をもたせられる先生になりたい!」という想いを持った大学生向けに、インターンシッププログラムを設置しています。

「全日型通信制」のしくみや最先端の授業方法など、クラークでしか体験できない仕組みが多数体験できます。高等学校の現場を体験し、自身の教育感や挑戦したい教育について、改めて考える機会にしてみませんか?

お問い合わせは下記までご連絡ください。

クラーク記念国際高等学校 人事開発室 担当 松下 宛
メール : internship@clark.ed.jp
お電話 : 078-262-0839

三浦雄一郎校長がアコンカグア登頂とスキー滑降の計画を発表!来年1月2日出発に向けてトレーニングを重ねています! 18.12.05

登山家でありプロスキーヤーでもある三浦雄一郎校長が、「アコンカグア登頂とスキー滑走」を目指すことを12月3日に行われた記者会見で正式に表明しました。

不整脈など様々な肉体的ハードルを超え、70歳を超えてからエベレストに3度登頂という人類の可能性を押し広げた三浦校長が、次なる目標として掲げたのが「アコンカグア(標高6962m)」です。

記者会見では、多くの報道関係者の方に混ざり、横浜青葉キャンパスの生徒たちも参加しました。3年生の藤沼さんが「全国のクラーク生が三浦校長先生のアコンカグア挑戦を応援しています。全国の高校生に向けて伝えたいことはありますか?」という質問を投げかけると、三浦校長は「目標・夢をしっかり持ち、それに対しあらゆるチャレンジをしてほしい。我が校のモットーである”夢・挑戦・達成”を目指し、人よりも遅れても追いつけなくてもいいので、諦めず焦ることなく、自分の夢に向かって上り詰めてほしい」と語りました。

今後、三浦校長は逗子でのトレーニングや低酸素室トレーニングを行い、1月2日に日本を出発します。アコンカグア登頂は1月21日、帰国は1月31日を予定しています。クラーク生がトレーニングの一部に同伴し、その様子をレポートします。

※クラークの最新情報はクラーク記念国際高等学校 公式Twitterでも紹介しています。
https://twitter.com/Clark1992_PR

遠征隊は全員がエベレスト登頂者というドリームチーム!

横浜青葉キャンパスの生徒たちが記者会見に駆けつけました

多くの報道陣の方々も集まり、注目を集めています

【合格速報第1弾】全国のキャンパスで大学合格者続々!指定校推薦入試やAO入試を利用していち早く合格を掴みました! 18.12.04

全国のクラークのキャンパスから、指定校推薦入試やAO入試を利用した大学合格が多数報告されました!その一部を合格速報第1弾としてお伝えいたします!

【合格大学(一部)】2018年12月10日現在
早稲田大学 3名、上智大学 1名、東京理科大学 1名、学習院大学 1名、明治大学 1名、立教大学 1名、中央大学 1名、法政大学 1名、関西学院大学 5名、立命館大学 2名、日本大学 5名、東洋大学 2名、駒澤大学 6名、専修大学 1名、國學院大學 2名、津田塾大学 1名、東京農業大学 2名、名古屋外国語大学 7名、関西外国語大学 6名、同志社女子大学 1名、西南学院大学 1名、ロンドン芸術大学 1名 など多数

【合格者コメント】
津田塾大学 総合政策学部 合格
横浜青葉キャンパス 総合進学コース 根岸さん
私は、毎日の学校生活に加え、ボランティア活動や自らが立ち上げたチーム活動を行い、学校生活と課外活動の両立に尽力しました。そのため、自信を持って受験に臨むことができました。大学では「人々が生きやすい社会づくりに貢献する」という目標を実現するため、自身の能力をさらに発展させていきたいと考えています。

※クラークの最新情報はクラーク記念国際高等学校 公式Twitterでも紹介しています。
https://twitter.com/Clark1992_PR

千葉県高等学校新人体育大会新体操競技でワンツーフィニッシュ!全国高等学校選抜大会に出場決定!(単位制キャンパス千葉) 18.11.30

11月11日(日)に市原臨海体育館で行われた「平成30年度千葉県高等学校新人体育大会新体操競技」に、単位制キャンパス千葉の1年生山田さんと、2年生の飯田さんが出場し、優勝・準優勝という見事な成績を収めました!この結果、二人は2019年3月に鳥取県で行われる「全国高等学校選抜大会」への出場も決定しました!

山田さんと飯田さんは、「フレックス学習コース(登校日数を選び私服で通うコース)」に在籍し、勉強と新体操の練習を両させながら、目標に向かって日々努力を重ねています。

↓試合結果(千葉県体操協会WEBサイト)
http://www.chiba-gym.jp/

※クラークの最新情報はクラーク記念国際高等学校 公式Twitterでも紹介しています。
https://twitter.com/Clark1992_PR

南米大陸最高峰のアコンカグア登頂に挑戦する三浦雄一郎校長による講演会「夢に生きる」が開催されました!(広島キャンパス) 18.11.29

来年1月に南米大陸最高峰のアコンカグアへの登頂に挑戦する三浦雄一郎校長が、目標を持つ意義、家族と人の絆の大切さ、そして新たな挑戦であるアコンカグア登頂について語る「夢に生きる」と題した講演を行いました!

今回の講演は、広島中央ロータリークラブ創立40周年記念事業として開催されたもので、三浦雄一郎校長はクラーク生に向けたメッセージとして、「人と比べて遅れていても、慌てず、焦らず、一歩ずつ確実に歩みを進めることが目標達成に必ず到達するから頑張りなさい。」と語りました。

講演会後には、広島キャンパス生全員でアコンカグア登頂成功を祈念して「一本締め」を行い、生徒会長の藤田さんが生徒代表として三浦校長へ花束を贈呈しました。

※クラークの最新情報はクラーク記念国際高等学校 公式Twitterでも紹介しています。
https://twitter.com/Clark1992_PR

登頂成功を祈念した「一本締め」の後、生徒に囲まれる三浦校長

生徒会役員より謝辞と花束贈呈

三浦校長と記念撮影

パッケージデザインコンテスト「クラークデザイン甲子園」の受賞作品が決定!クラーク博士も好んだ鹿カレーがオリジナル加工品に! 18.11.29

クラークでは、毎年全国のキャンパスの生徒を対象としたコンテストを行っています。コンテストは教科別で、タイピングからプレゼンテーションまで多岐に渡ります。

その中でも、パッケージデザインのコンテストとして2013年から始まったのが、「クラークデザイン甲子園」です。北海道にあるクラーク専用の宿泊施設「元気の泉キャンパス」と、地歴・公民科、美術科の先生達が中心となって毎年行われています。これまで「元気の泉キャンパス」で育てた野菜を使ったトマトジュースやミネストローネ、トウモロコシなど、多くの受賞作品が加工品のパッケージデザインに採用されてきました。

「クラークデザイン甲子園」は、北海道体験学習の食農教育を発展させることを目的として企画されています。「食」を支える根本である農業に関する知識や技術の習得に加えて、加工品になるまでの過程にも関わってもらうことで、地域活性化などの日本の食の生産現場の維持・発展に寄与します。

今回、全国から集まった多数のデザインの中から最優秀賞に選ばれたのは仙台キャンパス3年生の斉藤光さんです!毎年作品のレベルが上がっている中で、クラーク博士のイメージ画をメインにデザインした独自性が評価されました。受賞作品は、以下の3作品。最優秀賞はパッケージ 作品として採用されたほか、それぞれに副賞の「元気の泉キャンパス」の野菜詰め合わせが送られました!

最優秀賞
・仙台キャンパス3年 斉藤 光さん
【選考委員評】150年を記念した豪華さと重厚感あふれる配色やレタリング等、その画面構成も含めて、工夫が凝らされたパッケージは、他の作品と比較しても一線を画しています。

優秀賞
・仙台キャンパス2年 文屋 麗さん
【選考委員評】統一された画面構成で、安定したデザインに好感が持てます。配色を同系色でまとめているところにセンスを感じます。側面に文字以外の意匠を施すと更に良くなります。

・仙台キャンパス2年 八文字 萌さん
【選考委員評】シルエット内のコラージュに、技量の高さを伺えます。特にカレーのシズル感はよく出ています。背景の配色・デザインに工夫すると更にシルエットが際立ちます。

パッケージに採用された仙台キャンパス斉藤さんの作品

その他の受賞作品

(1075件中 407件〜413件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。


英語スペシャリスト教育

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。