クラークニュース一覧|通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校

卒業生の皆さまへ
各種証明書の申請方法について

クラークニュース一覧

(1059件中 407件〜413件目)

パフォーマンスコース卒業生で俳優の磯崎義知さんが主演する映画「メランコリック」が東京国際映画祭で監督賞を受賞! 18.11.02

東京キャンパス パフォーマンスコースの卒業生で俳優の磯崎義知さんが主演する映画「メランコリック(監督:田中征爾さん)」が、現在開催中の「第31回 東京国際映画祭」にて「日本映画スプラッシュ部門 監督賞」を受賞しました!

日本映画スプラッシュとは、海外への飛躍を強く意識した部門。活況を呈する日本のインディペンデント映画から、とりわけ個性が強く、独創性とチャレンジ精神に溢れる作品が監督のキャリアを問わず紹介されています。

本作品はサスペンスやアクションの合間にほんの少しの悲しみとシニカルな笑いをちりばめた青春ドラマ。日本そして世界で通用する作品を自分達の手で作り、そして勝負しようという思いから、監督・田中征爾さん、俳優・皆川暢二さん、そして卒業生の俳優・磯崎義知さんが3人で立ち上げた映像製作団体“One Goose”にて製作した作品となります。

なお、今回受賞した「メランコリック」は明日11月3日(土・祝)14:35にTOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン6にて上映されます。

▼東京国際映画祭「メランコリック」紹介ページ
https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31JPS08

▼東京国際映画祭「メランコリック」監督賞受賞
https://2018.tiff-jp.net/news/ja/?p=50828



※クラークの最新情報はクラーク記念国際高等学校 公式Twitterでも紹介しています。
https://twitter.com/Clark1992_PR

三浦雄一郎校長が、北海道150年記念講演「クラーク博士に学ぶ夢の実現」で86歳の夢・挑戦・達成を語りました! 18.11.01

10月30日(火)、札幌・共済ホールにて、北海道150年記念講演「クラーク博士に学ぶ夢の実現」を開催しました。この講演会には北海道本校、札幌大通キャンパス、札幌白石キャンパスの生徒約300人とご来賓や保護者様・一般の方を含め約450人の方が参加しました。

会では、北海道命名150年記念事業として、全道の中学生から募集した作文コンクールの表彰や、北海道大学元総長の佐伯浩名誉教授から基調講演をいただきました。

また、各キャンパスの代表生徒が、北海道にまつわる研究のプレゼンテーションを実施。テーマは「江戸時代から明治にかけて蝦夷を探検した松浦武四郎について」や、「札幌農学校(現北海道大学)を開校したクラーク博士について」など。一部英語でのプレゼンテーションも行われ、日頃の学習の成果を発揮しました。

三浦校長の講演では、来年1月に86歳で南米最高峰アコンカグアの登頂に挑むことにふれ、「諦めなければいつか夢の頂上にたどりつける」という強いエールを頂きました。

三浦校長の講演

札幌大通キャンパス、国際コースのプレゼンテーションの様子

生徒が主体的に地域イベントを主催!キッズスポーツフェスタ開催! (仙台キャンパス) 18.10.26

仙台キャンパスのスポーツコースと声優コースと共に、保育や幼児体育を学ぶ福祉・心理コースが主催したキッズスポーツフェスティバルを開催しました!

スポーツコース女子硬式野球専攻のメイン練習場である七ヶ浜町グラウンドで実施。日々練習をさせて頂いている地域への恩返しの意味も込めて、地元の子ども達に運動の楽しさを伝えることをイベントの目的としました。
企画・準備・運営の全てを生徒が主体的に行ったイベントは、大いに盛り上がりました!

献血広報などの啓発活動を行う献血ボランティア「アボちゃんサポーター」に認定されました!(静岡キャンパス) 18.10.25

静岡県では、地域・学校における献血広報などの啓発活動を通じ、若年層への献血意識の高揚を図ることを目的として、高校生を献血ボランティア「アボちゃんサポーター」として委嘱しています。

この度、静岡キャンパスがアボちゃんサポーターに認定されました!静岡県の政令指定都市でサポーターに認定されるのはクラークが初。10月13日に行われた委嘱では静岡県庁で委嘱状を受け取りました!今後は街で広報活動を実施していく予定です。静岡キャンパスの活動にご注目ください。

アボちゃんサポーターの生徒たち

県庁で行われた委任式の様子

ヤクルト「ジョア」のプロモーションWeb動画「HAYA-BEN HACKERS」が公開!クラークの生徒と先生が出演しています! 18.10.24

ヤクルト「ジョア」のプロモーションとしてWeb動画「HAYA-BEN HACKERS」が公開されました!
このプロモーション動画に出てくるのは、なんと東京キャンパスの先生とパフォーマンスコースの生徒たち!
生徒たちは先生に見つからないように、様々なハイテク早弁にチャレンジしています!

この「HAYA-BEN HACKERS」では、早弁するために開発された様々なハイテクロボットが登場!
授業中にお弁当を食べても絶対に先生にバレないであろう「シャツの袖から飛び出すフォークロボット」「先生の動きに合わせて常に死角を作ってくれる移動型教科書」「机の下のおかずを口まで運べる多関節アーム搭載のネクタイロボット」「すごい勢いで隠れるロボットアーム」や、「お弁当を教室まで届けてくれる夢のドローン」や、最終的に先生にバレてしまいますが、「廊下からあんぱんを口元まで投げてくれるピッチングマシーン」など、どれも早弁を実現するために開発された前代未聞のロボットです!

また、本編では先生に見つからずに早弁に成功した様子を紹介しておりますが、ハイテクロボットを使っても先生に見つかってしまうNGテイクもあり、それらを収録したメイキングムービーも同時に公開されています。
このメイキングでは生徒たちの生き生きとした様子もご覧いただけますよ!

ぜひともご覧ください!

「HAYA-BEN HACKERS」本編
URL:https://youtu.be/IjZVDHNJraA

「メイキングムービー」
URL:https://youtu.be/C0kx-89IzRw

ロングセラー商品「ジョア」Web動画公開のお知らせ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000038650.html

日本ロボット学会主催のIRH2018にAI・ロボット専攻が参加、Special Committee Awordを受賞しました!(秋葉原ITキャンパス) 18.10.23

秋葉原ITキャンパスのAI・ロボット専攻が、10月19・20日に東京ビックサイトで開催されたインターナショナルロボットハイスクールIRH2018に参加しました!

IRHとは、一般社団法人 日本ロボット学会が企画する「高校生のための産業用ロボット講習会」です。国際ロボット展(World Robot Summit、Japan Robot Weekなど)の会場に世界中から高校生が集まり、普段触れることの少ない産業用ロボットやサービスロボットを課題に基づいて調査、それぞれが研究発表を行い、ロボットについての学びを深めます。今年はメキシコやフィリピンの高校からのエントリーがあり、研究発表では日英同時通訳が実施されるなど、ロボットを通じて国際理解も深めることができました。

プレゼンテーションの技術は、海外の高校のパワーに圧倒されたAI・ロボット専攻の生徒たちでしたが、内容に関しては面白い独自の視点が織り交ぜられていると評価を得て、「Special Committee Aword」を受賞しました!

研究発表の様子

展示会場での調査の様子

三浦雄一郎校長が語る86歳の「夢・挑戦・達成」北海道150年記念講演「クラーク博士に学ぶ夢の実現」を開催します! 18.10.22

プロスキーヤー・登山家として活動する、本校の三浦雄一郎校長が、10月30日(火)に札幌・共済ホールで「クラーク博士に学ぶ夢の実現」と題した北海道150年記念講演を行います。クラーク博士が創設に携わり、のちに三浦自身も学び舎とした北海道大学の知られざるエピソードや、来年1月に迫った南米大陸最高峰アコンカグア(標高6959メートル)登頂に向けた準備状況、夢へのチャレンジのあり方などが語られる予定です。お近くにお住いの方、ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい!

■ 北海道150年事業 記念講演 詳細
【主 催】 クラーク記念国際高等学校
【日 時】 2018年10月30日(火)13:00~
【場 所】 札幌・共済ホール(札幌市中央区北4条西1丁目1番地 共済ビル6階)
【講 演】 佐伯浩北海道大学名誉教授(元総長)、三浦雄一郎校長
【対 象】 在校生・中学生・その他
【参加費】 無料
※上記は開演時間です。開場は30分前です。

■ 関連サイト
北海道150年事業 https://hokkaido150.jp/

▼取材申し込み・原稿配信についてのお問い合わせ
 クラーク記念国際高等学校 札幌大通キャンパス
 TEL: 011-233-5515(担当:中島)
 FAX: 011-233-5516

(1059件中 407件〜413件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。


英語スペシャリスト教育

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。