キャンパスニュース|千葉キャンパス|クラーク記念国際高等学校

千葉キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(1048件中 1件〜7件目)

【部活動】大会は部員だけでは成り立たない!軟式野球部は女子マネージャーが大活躍です! 21.10.22

クラーク国際千葉キャンパスでは、部活動も盛んに行っています。
今回は軟式野球部のマネージャーの活動を紹介します。
千葉キャンパス軟式野球部は、春秋の千葉県高等学校定時制通信制軟式野球大会に毎年出場しています。
試合に出場する生徒は選手登録した野球部員に限られますが、女子マネージャーにはマネージャーなりの大切な役目があります。
一つは大会の放送担当、所謂「ウグイス嬢」です。
キャンパスライフには、なかなかこういった外部での発表の場は多くありません。
試行錯誤し、試合を経るごとに上達していく姿は、役員の方々等にも褒められています。
もう一つは「スコアブック書き」です。
マネージャーが試合の動画を撮影し、試合を振り返っています。
これがミーティング資料、部員へのアドバイスに繋がります。

【部活動】初戦突破!軟式野球部は秋季大会に臨んでいます。 21.10.22

クラーク国際千葉キャンパスでは、部活動も盛んに行っています。
今回は軟式野球部の活動を紹介します。
今月、千葉県高等学校定時制通信制軟式野球秋季大会が行われています。
先日、初戦を迎えました。
緊急事態宣言で十分な練習が出来ない中、久々の公式戦に選手は緊張をしておりました。
緊張のあまり、先制点を許し、2回まで劣勢でした。
3回からはいつもの千葉キャンパスの良さが発揮され、終わってみては8-1の4回コールド勝ちを果たしました。
3年生にとり、今大会は高校生最後の大会となります。
春季大会敗戦の悔しさをを忘れず、秋季大会優勝へ向け、一生懸命白球を追いかけていきます!

【デザインアートゼミ】デジタルでの作品制作に挑戦!新たな手法を身につけました! 21.10.21

アートデザインゼミでは様々な手法で作品制作を行っています。今回はデジタルでの制作に挑戦しました。今では当たり前のようにタブレットを通してデザインを考えることができますが、得意苦手の差はあります。得意な生徒がレクチャーしながら、全員がデジタルで書けるようになることで、一人ひとりの表現の幅を広げることができました。
レクチャーをした生徒も、初めてならではの手法に驚かされ、学べることがあったようでした。
アートデザインゼミでは、紀元前から現代まで様々な形で進化するアートを、丁寧に学んでいくことができます。

馴れた手つきで進めていく生徒もいます。

iPadで書くのは思っているより苦労しました。

【総合進学専攻】身近な現象を科学する。理科検定を通して理科の基礎を学ぶ。 21.10.20

クラーク記念国際高等学校千葉キャンパスには、それぞれの好きや得意を伸ばす専攻があります。その中の一つが「総合進学専攻」です。この専攻では、様々な選択科目からオーダーメイドの時間割を作ることができます。

例えば「理科検定」です。理科が好きな生徒はもちろん、中学理科の復習に取り組みたい生徒や、理科は苦手だけど、実験などに興味がある生徒など、いろいろな生徒が参加しています。

今回は、授業内で過去問題に挑戦しました。いままで身につけた知識が試されるときです。生徒たちは真剣に取り組み、ひとつでも多く正解しようと頑張っていました。

今後は、検定を校内で実施する予定です。しっかり準備を続けて合格を目指します。

過去問題に挑戦!

悩みながらも最後まであきらめずに取り組みます。

【スポーツキャリアゼミ】スポーツを通して非認知能力を身に着ける。ボルダリングで思考力・判断力を伸ばしました 21.10.19

クラーク国際高校千葉キャンパスには9つのゼミ授業があります。「好き」「得意」を伸ばす教育システムは、クラーク国際高校の特色の1つです。「スポーツキャリアゼミ」では、スポーツを通して「非認知能力の育成」やSDGsの1つ「すべての人に健康と福祉を」をテーマに取り組んでいます。今回はボルダリング体験を実施しました。ボルダリングの基礎技術に「オブザベーション」というゴールまでのルートを観察しシミュレーションするものがあります。生徒たちは思考・判断しお互いに教え合いながら楽しく登りました。

【保育心理専攻】アイマスク体験を通して支援について学びました。 21.10.18

保育心理専攻では他者理解のための体験学習も豊富に行っています。
今回はアイマスク体験を通じて、視覚に不安がある方への理解を目的とした授業を行いました。自分たちでどんな行動が困難であるか考えたうえで、活動経路を決めていきます。実習中には怖い怖いと連呼する声や、位置を確認する声が飛び交っていました。振り返りでは、予測できないことが怖いであったり、声をかけてもらうことの安心感を知った、と体験ならではの学びがあったようでした。
様々な人の理解を深めていく中で、人と接する際の大切なことにも気づけます。保育心理では体験に根ざした学びを重視しています。

階段に入る前に必ず声をかけます。安心感につながります。

前方に立って危険を回避します。

【全日型通信制教育】通信制でありながら、毎日制服を着て登校します。クラークだから、通信制だからできる教育を実現しています。 21.10.17

クラーク国際教育の特徴の一つに全日型教育があります。
全日制ではなく、全日型教育。すこしわかりにくいですが、クラーク国際は、通信制課程でありながら、多くの生徒が毎日制服を着て登校しています。
つまり、全日制のような学校生活を通信制課程の生徒達が学校生活を送っているので、全日型教育とクラーク国際ではよんでいます。

通信制の柔軟性を活かし、日ごろの授業では、習熟度学習や、専攻授業など、1人1人の興味関心に合わせたカリキュラムを実現。

普段の様子を見てみても、全日制の高校生と変わらない学校生活を生徒達は過ごしています。

ICTを活用しながら授業を実施。

協働学習を通して、相互理解を深めます

真面目に取り組む生徒が多いのもクラーク国際千葉の特徴です

(1048件中 1件〜7件目)

施設一覧  クラークは全国に教育を展開しています。

教育連携校  クラーク高校が定める、教育連携先の高等専修学校を示します。